2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
丹生都比売  01/08/2008  
丹生都比売丹生都比売
(1995/11)
梨木 香歩

商品詳細を見る


『丹生都比売』梨木香歩

梨木ファンの自分としては、まだ読んでいなかった、
(多分)唯一の1995年の作品。
なかなか、書店で販売もされてないし(絶版だからか)、
近くの図書館でも探しきれないので、
思い切って図書館のリクエストに出してみたら、
他の市町村から借りれました。すごいラッキーだ。
こんなにマイナーな梨木作品はないだろう、って
思わず思うほど、はじめて見るし、噂もあまり聞かない作品。

作品の舞台は、奈良時代。
天智天皇、天武天皇の時代。
主人公は天武天皇の第一皇子の草壁皇子。
幻想的な作品でした。
神や精霊、鬼が息づく頃の話。

なんというか、苦しいほど詰まり詰まった作品
(例えば、からくりからくさ、とか)じゃなくて、
どちらかというと、ふんわりと写真のように切り取った、
一直線な話。それでいながら、雰囲気がある作風がたっぷりで、
なんとも不思議な話でした。多分、こういう内容が成熟すると、
家守綺憚のような作品が生まれるんだろうな。

そういう意味でも、梨木さんがデビュー当時から応援している
古きファンとしては、彼女のこれまでの歩みの系譜を感じられた。
梨木作品の原点、というわけでもなく、マイナーな出版社から出てて、
本人の趣味嗜好が非常に現れてて、梨木作品の中でも亜流な作品。
本当に本人が好き勝手に書いているなぁと自由度を感じることができる。
マイナーな作品ではあるけど、梨木さんが好きなら、
一度はこの作品も読んでもらいたいな。

いやはや、手に入らなくなる前に読むことができてよかった。
壬申の乱とか、大きな動乱の時期の中心に巻き込まれながらも、
儚い命のともしびを感じさせ、なぜか疎外されているような草壁皇子の雰囲気。
これが伝わってきました。よるべない寂しさというのかな。

ブックレビュー | 梨木香歩  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/98-65a59253

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム