2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
スロウハイツの神様  01/07/2008  
スロウハイツの神様(上)スロウハイツの神様(上)
(2007/01/12)
辻村 深月

商品詳細を見る

『スロウハイツの神様』辻村深月

2008年初読みは、この本でした。
意図的なこと、まったくなし。
意外や意外。

実はしばらく体調崩したり、勉強したりとかで、
読書から心が離れてて、図書館に行くのも億劫だった。
予約した本が準備できたと、年末に電話をもらっていたので、
重い腰を上げて借りてきたのだけど、
(『ホルモー六景』と『丹生都比売』)
あとは、適当に選んで借りてきた。

借りたい本のリスト表を忘れたので、適当に本棚を歩いて
気になった本を借りてきた、それが、この本。
辻村深月は去年読んで、意外とヒットだったので覚えてた。
ただ、短期間に続けて同じ作家の本を読み走るよりは、と
自分で自制していた部分があり、それで、この本は読んでなかった。

『スロウハイツの神様』は、スロウハイツの202号室に住んでいる。
そこに住むのは、人気作家のチヨダ・コーキ。
彼の猟奇的なファンによる作品を模倣した大量殺人事件があった。
それから10年後。売れっ子脚本家の赤羽環と、その友人たちと
スロウハイツで新しい幸せな共同生活を始めたコーキ。
そこは創作活動を糧として生きる人たちのおんぼろアパート、
スロウハイツだった。
現代版「トキワ荘」のスロウハイツでの日々を綴る物語。

読んで思ったことは、作家の辻村深月が書く世界っていうのが、
非常に自分の年代とシンクロしていること。
ちょうど20代の後半になった人たちのメンタリティに訴えるような、
そんな切なさが残るところがある。
学生時代を終えて、社会に出始めて、自分の人生とは、
これからをどういう風に作っていくのか、自分とはなんだろうか、っていう
問いがあちらこちらにちりばめられている。
不器用までに自分の生き方しかできない登場人物たちには共感してしまった。

あと、ミステリー的な要素を含みつつ、人物の心情がよく書かれている点も
すごく好きだ。恋愛において、人がもつ性格の病的なところとか、
依存や、強がりや見栄や弱さとか、そういうのがきちんと描かれている。
読むと切ない気持ちになる。ただ感動して、プラスな意味でのと同時に
あからさまに心の中にある闇を切り取られたような、そこにある悪意とか、
憎しみとか、そういう暗い部分もあって(どちらかというとダークか)。
夢見がちだけな内容だけを書いているんじゃない。
どちらかというと、世知辛いこととか、心の中のドロドロした暗い部分とか、
そういうのが非常に感じられたりする。

この本でも、前に読んだ辻村作品でもそう感じたけど、
作品の終わりにある、光は、すごく効いた。
ものすごく、こんな終わりかただと思ってなかった。
期待を裏切ってくれる。
すごく面白かった。
全て読み終わって、なぞが全て解けたので、
またもう一度最初から読み返したいって思った。







ブックレビュー | 辻村深月  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/97-5115fb66

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム