2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
重力ピエロ  09/21/2007  

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 2003年

神様に突然質問をぶつけ、どうすることが正解なのか、と
問いただしたところ、帰ってきた答えは『自分で考えろ!』。
これって、凄くシンプルだけど、神のあり方としては
まっとうで正しいと思う。

泉水と春の兄弟、そして父。この家族の物語だ。
泉水と春は血が繋がっていない。
春は、20年前、母がレイプされた時の子供だ。
そのことを知りながら、父母は春を家族として向かいいれた。
春の遺伝子の半分は、レイプ犯のだ。
しかし、遺伝子が繋がっているから「家族」なのではない。
家族とは?というテーマを、この本の中で何度も語られる。

上記の神様への質問は、父が母からレイプ犯の子供を身篭ったと
告白された時のこと。父は「自分で考え」て、「産もう」と決断した。
「春は俺の子だよ。俺の次男で、おまえの弟だ。俺たちは最強の家族だ」

それから20年。

事件が起こる。

落書きと放火。落書き消しを仕事としている春に
引き摺られるように遺伝子工学の仕事をしている泉水が、
落書きと放火の事件の犯人を捜す。

あたしは、この本の中で一番、父が好きだ。
そして、一番好きな章は、「父の価値とゴッホ」。
人の凄さを知るには、それ相当の時間が必要である。
ゴッホがレンブラントの絵を見た時のエピソードから、
父の人間像にについて描いている。
地味で目立たず、特技もないが、父は凄い。
「最強の家族」という表現がまさにピッタリ。
「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」
なにもかもが終わった後での父の言葉は、
とても胸に響いた。
最後の言葉を読むためだけに読み始めても
この本は良いかもしれない。

タイトルの「重力ピエロ」。
これは泉水と春が子供の頃に観たピエロの話から。
楽しそうにブランコを移動しているピエロを見て、
落ちてしまう心配をするのじゃなくて、
ふわりふわり飛ぶピエロには重力なんて消えてしまうってこと。

楽しそうに生きていれば、地球の重力なんてなくなる。

まさにそのとおり。

そんな風に生きていたいと思う。
 | 伊坂幸太郎  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/9-f4860b1e

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム