2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
Xmas企画TreasureHantにて
第2位だったミカ様からの
リクエスト作品の分割になります。


真壁のお話で
名前を呼ぶお話になっています。
分割にしています。
この記事は、その1です。

( その1 その2

1つの記事で読みたい方はこちらからどうぞ。

リクエスト作品ですので
名前は「ミカ」になっています。


Xmas企画作品集の中に
このお話は収録しています。
そちらでの収録では
名前変換ができますので
名前変換希望の方は
Xmas企画のバナーより
サイトへお越し下さい。



******** その響きは甘くて その壱 ***************

FOR MIKA!!




いつか―――


呼んでみたいと思っていた。
真壁さんのことを、直樹って。


下の名前で呼んだら
どう反応するのかな、って。



・・・真壁さんはあたしよりも
5歳年上なだけじゃなくて
年以上に落ち着いてて
とてもじゃないけど
呼び捨てでなんかできない感じ。



専属執事を
真壁さんにお願いした時、
真壁さんからは
「真壁」と呼び捨てするようにと
言われた。使用人だから
「さん」づけじゃなくていいって。



でも、「さん」なしで
「真壁」と呼び捨てにするのも
にわかお嬢さまのあたしには
とても気が引けて・・・

結局、「真壁さん」と呼び
専属執事から恋人になった彼にも
この名前で呼び続けている。



たまに、九条院家主催のお茶会や
白凛学園のお友達に
招かれて、そのお屋敷に行く時は
人前だから、それを気にして
「真壁」と呼び捨てするけど・・・。



真壁さんに告白する時も
「真壁」って呼んだ。
執事な彼への気持ちの伝え方は
きっとそれがいいと思ったから。


「真壁、私の恋人になりなさい」


そう命令した日から
真壁さんはあたしの
専属執事だけじゃなくて
恋人としても
傍に居てくれるようになった。


呼び名なんて関係ないの。
真壁さんは「真壁」であろうが
「真壁さん」であろうが・・・
なんだって、彼が彼であることには
変わらない。


でもね。


毎晩、あたしの部屋で
執事としての仕事が
終わった挨拶をした後、
お辞儀から頭を上げた彼が
あたしをじっと見つめて
名前で呼ぶ。

「ミカ」って。

その瞬間、いつも
世界が切り替わる。


恋人の時間が始まる。
あの時、彼が呼ぶ
あたしの名前の響き。


とても好きなの。
とても特別で。
大事そうに呼んでくれる
その響きは
とても甘くて
とても優しくて・・・。


名前を呼ばれるだけでわかる。

真壁さんが
あたしのことを
大事に思ってるって。



(名前って不思議・・・)


他の誰かに呼ばれても
そんな気持ちにならない。





・・・・・・




いつもの昼下がり。

授業が午後からない日は
部屋でのんびりしている。

たまに真壁さんと一緒に
街へお買い物にいったりも
するんだけど
真壁さんは執事服のままで
街に2人で出かけても
ずっとお仕事モードだから
全然デートのようにならなくて。


それだったら
部屋でのんびりしてる時のほうが
真壁さんが恋人らしいから
自然と、のんびり過ごす午後は
2人で部屋に居ることが多くなった。


「本日のアフターヌーンティはココミルクティです」

「ココ?」


真壁さんが出してくれた
今日のお茶はミルクティだけど
でもほんのりと甘い香りがする。


「ケニア産の茶葉独特のスパイシーな香りに、ココナッツパウダーを加え、ベトナム風ミルクティにいたしました。」
「ココナッツとミルクの相性がとてもよいので、まろやかで自然な甘さを味わっていただけると思われます」


「この甘い香りはココナッツの香りなのね」


「そうです」


「カップも可愛いわ。素焼きのような素朴な感じね」


「ベトナム風ということで、本日はこのようなカップを選びました」


一口飲んでみる。
いつもの甘さよりも
自然な甘さだけど
でもコクがあって
美味しい。


「優しい味で美味しい」

「ありがとうございます」


あまり表情も変えずに
真壁さんがいつも通りに
給仕をしてくれる。


カップのそばに置かれた
小さなビスケット。
ぽりっと齧りながら
あたしは横目で真壁さんを盗み見る。




(今日は課題も終わったし・・・夕食まであまり何もすることないし・・・)



アフターヌーンティ終わったら
真壁さんとゆっくりしたいな。
あ、でも真壁さんは
自分のお仕事あるかなぁ。
さっき明日の学校の準備も
全部済ませていたし・・・
あたしのことでの仕事は
終わってるよね。
夕食まで一緒に居ようって言ったら
真壁さん、いいよ、って
言ってくれるかな。
いいよって言って欲しい。
・・・まだ勤務中だからだめ、と
言われてもしょうがないけど。


いつも夜、お仕事終わってからの
ちょっとの間しか
恋人の時間が過ごせないなんて
本当は寂しいよ。
もっともっと一緒にいて
真壁さんにくっついていたい。


真壁さん、毎晩執事の挨拶して
ハグして、で、おでこに
おやすみなさいのキスしたら
すぐに部屋に帰っちゃうし。
まだ帰らないでと拗ねても
真壁さんは余裕で笑い飛ばしちゃって
また明日、って帰っちゃうし。


あたしだけなのかな。
もっと一緒にいたいって。
もっと真壁さんと
いちゃつきたいって。


一緒にいる時間は
たっぷりあるけど
真壁さんに甘えて
抱きついたり、触ったり
キスしたりする時間は・・・


「ミカお嬢さま、なにか?」

「え?」

真壁さんの声で気がつく。


「こちらをずっと見ておりましたが」

「あ、なんでもないよ」


あたしがじっと
盗み見ていたのさえ
気づいていたよう。
盗み見、なつもりだったけど
真壁さんにはばればれだったね。


真壁さんがじーっと
あたしを見ている。
う・・・考え事してたの
ばればれだね。


ビスケットばっかり
食べていたらしく
口の中がいっぱい。


慌てて、ココミルクティを
飲み干すと
すぐさま真壁さんが
おかわりを入れてくれる。


その仕草は洗練されてて
無駄がない。


「悩み事ですか、お嬢様?」

「っ・・・な、なんでもない!」


コポコポと注がれるティ。
零すこともなく
正確な動作。
その合間に尋ねられる。


慌てて誤魔化して・・・。
さっきみたいに思ってること、
きっと真壁さんに伝えたら
またいつもみたいに
それでからかわれて・・・
真壁さんがまたもっともっと
余裕になっちゃうもの。


「それならいいのですが」

「うん」

あたしの返事に
納得してない感ありあり。
でも、教えないもん。


ココミルクティが美味しい。
今日みたいに寒い日は
こういう暖かい飲み物が
身体温まるわ。


できたら真壁さんも
一緒に飲んでくれたら。
そしてあたしの隣に
座ってくれて。
一緒にお茶が飲めたら。
美味しいね、って言いながら
そっと手を繋ぐかもしれない。
ただ、そうやって触れるだけで
自分の部屋だけど
でもなんだかちょっとした
デートみたいで・・・
すごく嬉しいのにな。


一緒に居るのに
こうやって真壁さんは
仕事モード。
直立不動!の姿勢で
あたしのすぐ横に控えてる。
確かに一緒に居るけど!
でも、なんだか物足りない。
うん、甘さが足りない。
恋人同士の甘い時間が足りない。




あたしは思い出す。




いつも真壁さんが
執事モードを終えて
恋人モードに
スイッチ切り替わる時を。



あたしの名前を優しく呼ぶ声。
とても優しい瞳。



じっと見つめる真壁さんに
あたしは引き寄せられるかのように
そっと寄り添う。
その執事服のポケットあたりに
頬を当てるあたしを
真壁さんは片手で抱き寄せて―――



「ミカ」

「っ!」

いきなり名前で呼ばれて
びっくりした。
ぱっと真壁さんを見ると
そっと近づいてきてたのか
あたしのすぐ傍に居て―――


「こら」

「!!」

真壁さんの細いけれど
すっきりとした指が
あたしの顎をぐいっと
自分のほうに掴んでいた。


「さっきから、上の空だぞ」

「え・・・」

「ずっと俺ばっかり見ているし、なに考えてるんだ?」

「うっ・・・」

「当ててやろうか。おおかた、俺といちゃつきたいけれど・・・なんて考えてたんだろう?」

「っ!!!ち、違うよ」

図星で慌てふためくあたしを見て
真壁さんがその目を細めて
にやりと笑う。
眼鏡ごしのその瞳は
キラキラと光ってる。



「じゃあ、何考えてた?」


あ・・・カマかけられた。
意地悪!


「・・・やだ、言わない」


「言わないってお前」



あたしが真っ赤になりながらも
口をへの字にして
拒否したものだから
真壁さんが目を一瞬丸くした後で
もっと意地悪になった。


「だ、だって、真壁さん、今勤務中でしょう?」


苦し紛れの言い訳で
拒否権を振りかざしたけど
そんなあたしを
真壁さんは余裕で交わしてしまう。

「別にいいだろう?」

「だ、だめだよ!い、いわないからね、そんな風にされても」



あたしの必死の抵抗もむなしく。


「じゃあ、言わせてやろうか?」
「え―――」

驚く間もなく。


ぎゅっと身体を反転させられて。
真壁さんに襲われてしまった。









・・・・・・・・・・




「・・・・ヤダ・・・・ちゃんと唇にして」

「言うまで、唇はお預けだ」

「意地悪・・・」


何度も繰り返されるキスの音。
部屋にそれだけしか
聴こえないのが
なんだかとても淫らで
でも・・・それがたまらない。


「素直にならないお前が悪い」


いつもだったら
こんなことないのに。

長椅子に押し倒されて
真壁さんがあたしの
両腕を塞ぐ。
まるで逃がさないというように。

そしてそのまま
キス・・・してくれると思ったのに。


いつまで経っても
真壁さんの唇は
あたしの唇に触れず。


唇の端や頬にキスするばかり。


「だって、だって、真壁さんが・・・・」


どうしてそんなに焦らすの?


あたしが軽く睨んでも
真壁さんは平気なふり。



それでも。


そんなキスでも。
すごく熱くて、
何度も繰り返されて。
キスで蕩ける。


「真壁さんのせいだよ・・・」

「俺が・・・?」

あたしが話し始めたから
真壁さんがキスをやめるかと思ったら
全然そうじゃなくて。


キスの合間に話せって?

本当にもう、どうしてこう・・・
この人は・・・


「一緒に居るのに、執事な時ばっかりなんだもん・・・・」

「今は、恋人だよ」

くすっと笑うのがわかる。


「・・・ずるい、そんな言い方」

だっていつもは
そうじゃないはずなのに―――

そう反論する前に。


ずるくないよ、と囁かれ
耳朶を舐められて
身を竦めた。


「いつも、こんなってしてくれないのに」

悔しくて拗ねても。
この人の言葉は
とても甘くて。



「・・・いつもこれだと困るだろう?」


指先が髪の毛の間に入り込んで。
梳くように撫でる。
その指先がとても優しくて。
誘っているように感じるよ。


「・・・真壁さんのケチ」


「ミカ・・・」


真壁さんがあたしの名前を呼んだ。

その響きが心地いい。


目を瞑ったら
ようやく唇にキスしてくれた。
キスの合間に
何度も囁かれる、あたしの名前。

ミカ、ミカ、ミカ・・・。


あたしの名前が
すごく特別な言葉に聴こえるの。

その響きはとても甘くて。


さっき飲んだココミルクティの
ココナッツの匂いと
混じるような
独特の甘さがある。


「ココナッツの味がする」


真壁さんがくすっと笑う。


「キスする前に飲んでいたから当然か」


その言葉で思わず
真っ赤になる。

思わず目を開けると
真壁さんが優しく
あたしを見つめていた。


「どうした?」

「・・・・ううん、なんでもない」

もっとキスして。
ねだるように
また目を閉じる。

また真壁さんの顔が
あたしに近づいてくるのがわかる。


「ミカ・・・」


あたしの名前を
とても愛しそうに呼ぶ唇。
どうしてそんなに
大事そうに呼ぶの?


「ミカ・・・」


何度も呼ばれる
あたしの名前。

胸が苦しくなって。










「直樹・・・・」




気がついたら
あたしの唇からも
真壁さんの名前がこぼれてた。












********** その壱 おわり ****************


その2はこちらから。
 | 【執/恋】創作ー分割  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム