2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
遠まわりする雛  10/29/2007  
遠まわりする雛遠まわりする雛
(2007/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る



『遠まわりする雛』 米澤穂信


<古典部シリーズ>の最新作、第4作目。
最初に3作目を読み、惚れこんで、今年の読書信条に反して、
1・2作目を文庫で購入してしまった。
そして、1・2・3作を読んだ時点で、最新作の4作目を
これまた読まなくちゃいけない、そして読みたい!!読みたい!!と
またまた、読書信条に反して、購入してしまった…、4作目。

以下、私の今年の読書信条。

買わなくていいなら買わない。
図書館で借りれる分は借りる。
なるだけ買わない、所蔵本を増やさない心構えをする
買う本は、年間5冊以内に収める覚悟で。

以上。

既に信条を立ててから、買ってしまった本は3冊。
三浦しをんの『きみはポラリス』『強い風が吹いている』
森見登美彦『有頂天家族』。
ここ最近、本って発売されてから2~3年で買わないと本屋から
消えてしまうのですよ。冗談じゃなくまじで。
重版なしで発売後数年で絶版とか普通。
だから、買う本は「買ってまで手元におきたい本」に限る。
ただでさえ、所蔵本をおくスペースがない部屋に住んでいるのだから
出来るだけ荷物は増やさない。それゆえの読書信条。

だけども、つい負けちゃったんだな、これが。

長々と書いたけど、それ位、私が
この『遠まわりする雛』が読みたかったってこと。
思わず本屋に電話して取り置きしてもらって、買いに走ったほど。

この作品は、これまでの3作と違って、短編連作になってる。
そして、時間軸も入学してからの1年間を横切る。
入学したての頃の話から始まった話は、夏休みの話や
お正月、バレインタインデーを挟んで、3月の雛祭りの話で終わる。
これまでより恋愛色が強い、ってレビューであったんだけど、
古典部4人の恋模様がどうなるのかと、ドキドキしながら読んだ。

恋愛の行方も気になるのだけど、
一番読んでいて興味深かったのは、折木奉太郎の心情だった。
入学したての頃から1年経つ間、奉太郎の気持が段々と変わっていく。
それが成長というものなのかな。
灰色の高校生活が、少しづつ薔薇色の傾くのかと思いつつ、
あんまり変わらない奉太郎に、安堵したり。
一年間の時間軸を横切るからこそ、奉太郎の気持の変化が
よく理解できる。特に一番最後の表題では。
上手く描いてるな、と思った。

奉太郎、だけじゃない。
他の3人の心も成長してて、どんどん変わっていく。
バレインタインの話で里志の話はとても印象的だった。
里志は、今までそんなに好きじゃなかったけど、
これを読んで好きになった。
なぜ里志が摩理花の告白を遠ざけるのか。
その心境の歯がゆさ、そしてその理屈が妙に身に染みる。

奉太郎も里志もそうなんだけど、なんか不器用で、
器用に割り切れない分、それをきちんと見ようとしてて、
そして身動きが取れなくて、動き出すキッカケをまっているような。

ミステリーとしてみるならば、安楽探偵的な要素がたっぷりの
「心あたりのある者は」が上質な仕上がり。
1冊を古典部の一年間の時間の流れとしてみるならば、
一番最後の「遠まわりする雛」が最上だった。
自分としては、時間軸の1冊としての気持で
読み始めたので、一番最後の表題に1票。

一番最後のシーンが良かった。
心が震えるような情景だった。

奉太郎らしい。
すとん、と答えが心の底に落ちてくる時がある。
わかるべきして、わかる時が訪れる時の明快な光。
彼らしい反応で、そして、自然な流れ。
千反田えるとのやりとりで、
心を打ち明けているのも彼女らしい。

見事な締めだった。


ブログランキング・にほんブログ村へ


紹介したい本 | 米澤穂信  | TB(1)  | CM(3) | Page Top↑
TBありがとうございます。
四人の心の変化、成長がしっかり描かれていましたね。
不器用でナイーブな奉太郎や里志の心情がよく伝わってきました。
これから先の古典部、楽しみです。
藍色  11/04/2007 Sun URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



トラバ確認と書き忘れ…
体調不良なんですね。
お大事になさってください。
藍色  11/04/2007 Sun URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



藍色さんへ

あ、お見舞いありがとうございます(汗)
自分で近況報告書いておきながら、
びっくりしてしまいました。
実家に戻って、ご飯食べて昼寝して、
元気になりつつありますー。
とりあえず、本は読んでおかなくちゃ。

奉太郎も里志も、凄く不器用ですよねぇ。
バレインタインの時の里志の言葉が
最初はよく飲み込めなかったのですが、
2回目に読んだ時にようやく意味がわかりました。
屈折してる、というか。
こだわる、こだわらない、が繰り返して出て来てて、
なんじゃそりゃー、と思ったけれども、
真剣に考えてる所が彼らしいというか。
今後の古典部、卒業まで2年あるし、
どういう風に変わっていくのか、成長していくのか
楽しみです♪毎年1冊ぐらいは出して欲しいな~。
つぐみ  11/04/2007 Sun URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/71-6ac8d726

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム