2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
逃亡くそたわけ  10/29/2007  
逃亡くそたわけ (講談社文庫)逃亡くそたわけ (講談社文庫)
(2007/08/11)
絲山 秋子

商品詳細を見る




『逃亡くそたわけ』 絲山秋子

なにやら映画化されるらしい。
ついでに、最近文庫化されたね。

絲山作品の中では、一番これが好きかもしれない。
『袋小路の男』では絲山作品なんて肌に合わない、って思ったけど、
それから、この苦手感を克服するつもりで、別の作品を読んでいたら、
なんとまぁ、この『逃亡くそたわけ』はかなりのお気に入りになった。

ストーリーは簡単に言うと、ロードムービー。
(あ、これじゃぁ映画の種類か)
躁うつ病の花が、うつ病のなごやんを巻き込んで、
福岡の百々地にある精神病院から脱走して、南下する話。
脱走してスグに西新にいってみたりする。
その後、なごやんの車で国東半島を回り、
大分を抜けて阿蘇に寄った後、宮崎により、鹿児島を目指す。
読み終わったあと、地図がついてて嬉しかった。

九州で学生生活を送ったことのある自分としては、
慣れ親しんだ土地の言葉、激しい福岡訛りで喋る主人公のセリフが
とても心地よかった。「そうくさ」なんて、久しぶりに聞いたよ!
読んで思い出す方言の数々がオンパレードというか。
懐かしい。懐かしいし、なんか、主人公のセリフだけ、
方言の平仮名で書かれているのが可愛いし、その響きが読んでスグ反響する。

逃亡の旅ではあるんだけど、お金を100万も下ろしちゃった
なごやんが、時折地元の名産を食べるシーンがあって、
大分の「だご汁」にはじまり、熊本の「いきなり団子」や
宮崎の「地鶏」とか、(あ~!!美味しいよね~)と、
自分の食記憶がメラメラとしました。
いきなり団子、いまだに謎の名前だと思っていたのだけど、
あれって、「いまだかつてない味」って意味でつけられてたのね(笑)
普通に食べていて、「いきなり」芋が出てくるから、
いきなり団子だと思っていたよ。
それにしても、あれを「いまだかつてない味」って評した熊本人って(笑)

阿蘇の大観望で景色を望むシーンは良かった。
自分も学生時代に何度も大観望にいったことがあるからこそ、
知っている場所が、作品中に出てくると、凄く嬉しい。
大観望、広いし、気持ち良いし、秋冬に行くと、寒いんだけど、
空気が澄み切っていて、広いよな~って感動するんだよね。
今度、熊本に行く時は大観望まで足を伸ばそう。
草千里より、やっぱ阿蘇といえば大観望でしょ。

読みながら、まじで地元贔屓の血が騒ぐ!というか、
(ああ~、あのルートを通っているわけね)と、
実感を帯びた感覚で読んでしまう。
まじ、九州人には読んでもらいたい一作。

映画化されるのが楽しみ。
大観望が映画のシーンで使われたのって、
確か前に『ユリイカ』で観た気がするんだけど、
自分が実際に慣れ親しんだ場所が映画のシーンで使われると
凄く変な感じ。まぁ、親近感を感じて嬉しいと思うこともあるけど。
この作品の映画化、楽しみです。

東京かぶれの名古屋出身のなごやん、良い味だしていたしな。
キャラ立ちしてるというか。
名古屋嫌いなくせに、名古屋名物のシキシマのお菓子、
「なごやん」を自慢しちゃうところとか、可愛い。
誰になったんだろ~、キャスティング。

ブログランキング・にほんブログ村へ
紹介したい本 | 絲山秋子  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/69-c1f5844d

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム