2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
チョコレートコスモス  10/20/2007  
チョコレートコスモスチョコレートコスモス
(2006/03/15)
恩田 陸

商品詳細を見る




『チョコレートコスモス』 恩田陸

去年発表された作品かな。
発売当時、確か恩田陸ブームが自分の中であったんだけど、
なぜか「演劇物」と聞いて、恩田陸が演劇が好きだったことを思い出し、
なんとなく、舞台のような台詞回しを想像しちゃって、
勝手なる偏見で手に取らなかった作品。

しかし、つい先日、この作品が実は漫画『ガラスの仮面』に
インスパイアされて書かれた作品としり、俄然興味が湧いた!
オマージュ作品ですね。
『夜のピクニック』もオマージュ作品だったらしいけど、
原作は読んで否。恩田作品を気に入ったなら、オマージュされた作品の方も
チェックしてみるべきね、とは思っていた。
それゆえ、こちらは本末転倒な『ガラスの仮面』の導きで
読むキッカケになった。

ストーリーには二人の主人公。
子役時代から天才と称され、若手女優として才能を開花している響子。
勿論、『ガラスの仮面』の亜弓の如く、芸能一家出身。
そして、もう一人の主人公は、演劇指導を受けたことなく、
ただ本能のまま、演技に惹かれる「北島マヤ」こと、飛鳥。
大学の演劇サークルに属した飛鳥の初舞台での
アレンジも奇抜で機転が利いてて面白かった。
あとは、ある大劇場のコケラ落としとして予定されている
舞台の配役を巡るオーディションでの火花も凄かった。
オーディションに呼ばれなかった響子が闘志を燃やして
オーディション会場へ乗り込んでいく熱意が鬼気迫る様子。
才能はあるものの、演劇することに対して
自分自身を知らず、才能のままに走ってしまう飛鳥。

あの名作『欲望という名の電車』での一人芝居を二人でやる
舞台での女優達の戦い。定番中の定番の「欲望という名の電車」を
ここでもってくるなんて、恩田さんもベタだな~と思いつつ、
それでも、よく知っている演劇の名作をどのように作品中で
料理するのかが、実は凄く興味深くて、そこが面白かった。
4人の女優が、それぞれの切り口で、この名作を解釈し、
演技で表現する舞台方法が面白かった。

演技に夢中で、あちらの世界にいってしまった先には
何が見えるのか。そして何を感じることが出来るのか。
突き詰めていくと、演劇の奥に広がる無限の世界を
少しだけ入り口で覗いたような気になる。
演技中に、あの世界を掴み獲りたい、と
手を伸ばす先にある花を、響子と飛鳥は二人一緒に掴んで
共有できる、見える世界の果てには何があるのか。

この作品、連作になるのかな~。
終わり方が、「序幕ですよ~」というような触りだったので、
また響子と飛鳥の演劇の世界のその後が
読むことが出来るといいな。
まだまだ、触りでしょ、あれは。



ブログランキング・にほんブログ村へ
紹介したい本 | 恩田陸  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/55-637ba092

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム