2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
(゜エ゜)ひ・・・・ひさしぶりに戦国の記事だ。

久しぶりすぎてなので、
整理したいと思います(爆)

【現在までの状況】


● 甲斐
・ 真田幸村(極楽・地獄)
・ 武田信玄(極楽)・・・・・完結編(突然)

● 奥州
・ 片岡小十郎(極楽・通常)・・・・完結編(極楽・地獄)
・ 伊達政宗(通常・地獄)

● 越後
・ 直江兼続(通常)
・ 上杉謙信(極楽・通常・地獄)

以上・・・・。


これをみてもらえば、
どれだけあたしが、
小十郎と謙信が好きかわかるはず!!

T△T).。oO 特に謙信が好きだ!!!

ああ、もう謙信が好きすぎて
地獄まで取りに行ってしまいました(爆)
そして、謙信のシナリオと
スチルは全て拝み、
越後に関する番外編も
川中島以外全て購入。
川中島も買うはず。

てなわけで。

謙信の地獄終幕を見て
思わず絶叫してしまった(!?)
あたしの感想になります。
もう、「謙信好き」しか書かれてません(爆)


以下、ネタバレです。






T△T).。oO  謙信の地獄・・・・。

こんな終わり方をするの?って
思わず絶句しました。


極楽も通常も地獄も
10日目まで
同じ流れなんです。


甲斐の国と戦いに行った
謙信がいない隙に
越後から浚われて
三河の家康の城に捕らえられた
姫を謙信が助け出しに来るんです。


で、そこで信長と対決。

対決シーンでの
謙信の強さはすごいです。

あれこれと口上を述べる
信長に、謙信が
僕にあれこれというのは
恐怖があるからだよ、
みたいなコトを言って
(すいません、謙信がカッコよすぎてセリフ吹っ飛んだ)
ぐさっと信長をやってくれるわけです。


で、信長を圧倒的強さで
倒してくれた謙信。

「待たせたね」

なーんて爽やかで
いつもの優しい笑顔なわけです。

(ああ、そこでまた惚れるww)

ちなみに、極楽終幕と通常終幕なら
そこで謙信とキスがあります。
地獄はそれがない(爆)

地獄は・・・・。

ここからは地獄の粗筋です。

信長を倒した暁には
きちんと祝言を挙げて
結婚すると約束した2人。

信長を倒して
越後に戻った二人。
さっそく祝言が挙げられます。

祝言の席で、緊張してしまう姫。
どうしたの?と聞かれて

・ 兼続に悪い
・ 五右衛門に悪い
・ 初夜が不安


などの質問で謙信と会話をした後。

(ちなみに)

・兼続に悪い
→兼続が一番酔っ払って喜んでるから大丈夫

・ 五右衛門に悪い
→五右衛門は確かに
私のことは嫌いだけど
姫のことは好きだから
姫が幸せになるのなら
五右衛門も怒らないよ。
幸せにするから大丈夫。


・ 初夜が不安
→大丈夫。私が手ほどきしてあげるから。
優しくしてあげるよ。


なーんて謙信からの返事が来ます(爆)
どれも試したんだよ!!!ww


(脱線したけど)

この謙信との会話の後。

すぐさま、事件は勃発。


城に大砲が打ち込まれ。
敵が攻めてきたことを知ります。

勿論、信長の兵。

「はははは!あの時死んだのは影武者だ!」
的な高笑いをする信長。

祝言の日に襲ってきたわけです。
そして城に火がつけられます。

謙信はすぐさま姫を
「自分の部屋に行くように。あそこが一番安全だから」
(↑そんなことを言ってた!あたしも動揺して覚えてない)
と、姫は一人で避難。

五右衛門は謙信、兼続と共に
信長兵と戦いに行きます。


そうしているうちに。


戦いが進む中、
城が燃えてく燃えてく。

兼続が戦況を報告する中、
謙信が。

「忘れ物を取ってくる。あとは兼続よろしくね」

と言って、燃え盛る城に
戻ってしまいます。
勿論、後ろからは「殿~!!」と叫ぶ
兼続の声。



そのころ、燃え盛る城の中で
一人避難していた姫が
部屋の周りが燃えて、
どこにも逃げれなくなって
ここで死ぬのか・・・と思っていたとき。

謙信が助けに来てくれるの~(ノДT)アゥゥ


でも・・・・既に城は
半分燃え落ちて
来たら最後、逃げれない状態。

来てはダメです。

そう姫が言うのにも関わらず
「待たせたね」と
そこを謙信はきてくれて
姫を抱きしめるわけです。

一緒にそこで
燃え死ぬことを覚悟の上で。


自分は越後を統べるものであり
越後の民のために
生き残って指揮を取るべきだけども、
君を心から愛してしまったんだ。
だから君をもう離さない。



そう言って、燃え盛る部屋の中
姫を抱きしめる謙信。

(ノДT)アゥゥヤバイー。

生きては助からない状況で
でも、一緒にいるから、と
謙信に抱きしめられて
そこで抱きしめあう2人。

スチルは、燃え盛る部屋の真ん中で
謙信と姫が抱きしめあってる絵。
姫は謙信の胸に顔をうずめてて
謙信は燃え盛る部屋を睨んでいます。

謙信がきびしい顔をして
そして悟った顔をしています。
きつく姫を抱きしめているのね。

じりじりと燃え落ちていく部屋の中
抱きしめあっている2人の耳に
兼続と五右衛門が探しに来る声が。

姫~
殿~と
声はするけど、
2人は見詰め合って
その声に応えず。

だって返事をして
2人が助けに
ここに来たら、
この燃え盛る部屋から出られず
2人まで巻き添えにしてしまうから。

ひっそりと2人で死んでいこうと。

2人申し合わせたように
何も言わずに抱きしめあって。

着物や髪の毛が燃える感覚がして
謙信にきつく抱きしめられたまま。


~~~~地獄終幕~~~



ε=ε=ε=(ノTдT)ノ ウワアァァ・・・ン!!!



やばい・・・・めっちゃ悲しい。。

書きながらも、まじで地獄終幕を
見た日は、こんな結果だとは
思わなかったものだから、
まじまじと目が点になって
最後に涙ですよ。。。

ちょっと謙信・・・・(ノДT)アゥゥ

めちゃくちゃ、このエンド、
悲しんだけど。

悲しいんだけど。
でも、謙信の愛や覚悟が
とても胸に詰まるのだよ。
そんなに愛されてたんだ、とか
こんな人だったんだって思って。

それまで、謙信って
飄々としていることが多くて
確かに軍神だけども、
そういう雰囲気よりも
どちらかというと
お酒を飲んで酔っ払っていたり
カッコいいんだけど、
なんかほんと不思議な感じな
人なのに。

この地獄終幕をみて
謙信に惚れ直しました!!(爆)

やばい・・・・(ノДT)アゥゥ

通常みて、極楽みて、地獄って順だけど
一番地獄終幕のシナリオ、
終わり方が悲劇なんだけど
好きだ!!

とっても悲しいんだけど
謙信がこんな愛の形を
貫いてくれるとは
思ってもいなかったから・・・・。

やばいー。
一緒に死んでくれるとか。
それも迎えに来てくれるとか。

やばいぐらいに
こんな悲劇を好きだといって
いいのか?と思うのだけど
でも、すごく胸にきちゃいました。

ちなみに、大物
(政宗、信玄、謙信)の中で
地獄を見ていないのは、
信玄だけ。


政宗の地獄は・・・・
こんな謙信みたいな地獄じゃなくて。

切ないっていうより
愕然とする終わり方でした。
最後に小十郎の笛の音で
想い出がこみ上げてくるって切なさ。

しかし。

この謙信の地獄はどうだね?!

めっちゃ、2人で心中に近い
悲しすぎる悲劇なんですが!!(涙)

政宗の地獄も、姫を庇って
姫の為に死ぬ地獄だったよ?
でも謙信の地獄は
2人で心中ちっくだから・・・・。


(ノДT)アゥゥ謙信・・・・・。


もう、やばい。

地獄終幕を見た日から
謙信が好きでしょうがない。

あたしの理想が(個人的な感想で申し訳ない)
死ぬまで一緒にいてくれるほどの
強い思いを持っている人。

なので、この謙信の姿が
めちゃくちゃヒットなんです。


やばいー。
前から好きだったけど
今は愛してるだ
(爆)

謙信がいる限り、戦国やめないよ!
なんて勢いです・・・ww

本当言うと、戦国って手形で
ばーって進めるし
そこまで好きな
シナリオってあんまりなくて
飽き気味だったんだけど、
謙信の地獄には惚れてしまった。

謙信の完結編や続編を
プレイするまでやめません。

極楽・通常・地獄をみてきて、
一番地獄のシナリオが好きだ、って
いったいどうなの?って思うけど・・・。

でも、謙信めっちゃカッコいいです。
惚れ直します。

ああ、やばい。
今越後祭りをしてて。
「十五夜お月様」で
謙信と絡めて、大好きな兼続もいて。

越後が好きでたまりません。
本音を言うと
越後から出たくない(爆)

しかし、今現在、奥州滞在中。


地獄めぐりをしております(爆)
小十郎の地獄を見ようと思いまして。

んで、この小十郎が終わったら
どこへ行こうか迷ってるけど
一度越後に帰って、兼続やろうかな。

甲斐の国は越後が好きなせいか
滞在する機会が少ないです。
最低限しか、終幕も取ってきてないしな。

T△T).。oO 早く謙信の続編出るといいな。

それまでは、ちょろちょろ他の国で遊びつつ
兼続の極楽と地獄を挟んで・・・・。
十五夜お月様で謙信と会話をし
楽しもうかなぁ・・・・。

ま、しばらくは地獄めぐりですね。
謙信地獄→小十郎地獄(笑)

攻略キャラで家康が出たら
三河の国に行こうかな♪




 | GAME:戦/国&幕/末LOVERS  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム