2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
塩の街  10/16/2007  
塩の街塩の街
(2007/06)
有川 浩

商品詳細を見る


『塩の街』 有川浩

有川浩の”自衛隊三部作”の陸。
陸上自衛隊関連のお話。

ある日突然、空から隕石が降ってきた。
その隕石は塩の塊で、関東地区を中心に街中に落ち、
その2次被害として、“塩害”で街に塩柱が立ち、
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代になった。
塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させ、
無法地帯になる。それと共に、そこにすむ人々も
塩害と思われる奇病に侵されていく。
崩壊寸前の東京で、両親を塩害で失った少女、真奈と、
隊を飛び出し、隠遁生活を送っていた自衛隊、秋葉が出会う。

著者の有川浩の名前は、図書館シリーズでおなじみだったけど、
彼女の著作で、“自衛隊三部作”があるというのは、
短編集『クジラの彼』で知った。
ほほ~と思っていたら、図書館の新刊コーナーで、
この作品を見つけた。なにやら、デビュー作に当たるらしい。
第10回電撃小説大賞<大賞>受賞作ではあるけど、
他の作品の方が先にハードカバーになり、
このデビュー作は遅れて、ハードカバーになったわけ。
(そして、2007年6月に発売された)

読んでみて思ったこと。

“塩害”がキーワードで斬新だと思った。
塩害に襲われ崩壊する社会。暗に環境問題が大きく取りざたされる
現在では、想像上、ではなく、想像できる範囲の環境関連。
近未来的に思い描くことが出来る。
塩害が、実はただの塩害じゃなく、この塩害のおかげで、
人々が塩化して死にいく。
最初は手に汗をかくのが、塩をふくようになり、
段々と体の末端から塩化して、最後には塩の結晶になって死ぬ。

ここで描かれているのは塩害で社会が崩壊する全人類の危機、
という視点ではなく、塩害に侵された社会に生きる人々の愛である。
愛している人がいるからこそ、塩害とどう向き合うかいうのが
切実な問題になってくる。どのような原因で発病するのかわからない中、
相手が塩害で死んでしまったら、と恐れを抱く。
塩害で社会自体が揺らぎ、無法地帯になった現実を生き抜く
弱肉強食の世界と共に、未来の見えない不安が
恋路の行方をも覆っている。

秋庭さん、かっこよかったね~。
伝説の戦闘機乗りっていう、スキルの良さもそうだけど、
男気ある1本筋が通ったところとか。
あと、「大事な人を守りたい」という気持の強さ、
ストレートさ、とか。
塩害の原因を撃墜する危険な任務についたのは、
世界を救いたい、のではなく、
愛する人が塩害で死ぬのを見たくなかったから。
非常にストレートで、簡潔で、そして強い思い。
気に入りました。
現実にはそうそう、秋庭のような男っていないなぁ。
伝説の戦闘機乗りっていうの自体、あんまり存在してないからか。

あと、個人的に思ったこと。
あ、あたしには自衛隊とか、戦闘物の細かいやりとりを読むのが
苦痛だ・・・(汗)図書館警察はまぁまぁいけたんだけど、
戦闘機、とか、潜水艦、とか、細かい指令の決行状況や
任務についての、こまごまとした部分があんまり読み込めなくて、
想像しにくく、読みながら苦しかったです。
思い描きにくい状況を文章で読んで、
そしてイメージを掴むっていうのがなぁ。
読み込むのが苦手な分野があるってことを、
あらためて自覚しました。映画では戦争モノとか好んでは観ないけど、
別にちんぷんかんぷんではないから、いけるんだよな。

ま、それはさておき。
陸を読んだから、後は、海と空。
海上自衛隊の話、『海の底』、探してこなくては。
『クジラの彼』でスピンオフとして載せられてた話の登場人物と
出会えるのが楽しみ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブックレビュー | 有川浩  | TB(1)  | CM(2) | Page Top↑
TB&コメントありがとうございました。

いいなぁ、図書館に普通にあったんですね。
私も早くハードカバー版読みたい~。
「海の底」も読みたいですね!巨大ザリガニ!気になる~(気になるポイントが間違ってます)
花梨  11/05/2007 Mon URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



花梨さんへ

そそ、図書館の新刊コーナーに、
この本が普通に並んでいました。
表紙からして、かなり文芸風なので、
花梨さんところでみた文庫版の表紙にびっくり。

「海の底」、本屋で立ち読みしたのですが、
かなりカッコ良い感じでした♪
短編集「クジラの彼」に出ていた方々が、
ちらほら「海の底」に出てきていたので、
早く読みたいです~♪
つぐみ  11/06/2007 Tue URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/49-e6e014eb

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム