2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
夜明けの縁をさ迷う人々夜明けの縁をさ迷う人々
(2007/09)
小川 洋子

商品詳細を見る



『夜明けの縁をさ迷う人々』 小川洋子

久しぶりに小川さんの短編を読んだ。
それも、感動的なヒューマンドラマよりじゃなく、
あちらとこちらの境界線に立つような人たちの
それぞれの物語。ダークすぎず、そして寂しすぎず、
不思議なことばかりじゃなくて。
ただただ、そこにあるような、それぞれの人間だけが
語れる特別な物語。

短編集で、それぞれ色があって気に入ったんだけど、
その中でも印象に残ったのは、『涙売り』。
自分の涙に特別な効果があるということで、
涙を売って暮している女の話。
その涙は、楽器演奏者の楽器に塗ると、
たちまち効果を発揮し、良い演奏ができる。
だから、女は最初は楽器店を通して涙を演奏家に売っていたが、
そのうち、楽器屋と決別し、放浪の涙売りとして生きていくようになる。
そんな涙売りが、ある恋をして、それから・・・って話。

涙が楽器に働く力、という設定で書かれている視点も、
小川さんらしいなぁと感心した。
あと、この短編の結末も、彼女らしい締め方。
けして哀しすぎず、そして幸せすぎず。
さりげない終わらせ方が上手い。

あと、ある指圧師が出会った『ラ・ヴェール嬢』の話も好き。
老嬢ラ・ヴェールの家で指圧師として通っていた男は、
足裏を指圧する仕事中に、彼女が話す、彼女の祖父が書いた
作品にまつわる話を聞く。淫靡で肉欲的な話ではあるんだけど、
そんな雰囲気は、全て指圧している1時間でぴったりと終わる。
それ以上それ以下でもない。
小川作品では珍しい作品だけど、でも小川さんらしくまとめられてて
作品の持つ静かな品の良さは崩れてなかった。

小川さんが書いたダークな色濃い短編集とか、
最初、自分が出会った頃の作風が少し残っていて、
実はそこに安心したりした。
『博士の愛した数式』も『ミーナの行進』も読んで、
それなりに好きではあるんだけど、
最初に出会った頃の小川さんの作品『妊娠カレンダー』や
『みだらな弔い』とかの作風が自分の中のイメージだったので
(ほのぼの系の小川作品って、知られるのだけはやめてー!)と
実は思っていたんだよね(苦笑)

『夜明けの縁をさ迷う人々』は自分が好きな小川作品だったので
久しぶりに、小川作品よんだな~!と実感しました。
時々で良いから、こんなん書いてほしい。
博士やミーナで賞を取り、ファンが増えたのは事実だから、
それがより多くの大衆に受け入れられることだと思いつつ、
もともとの小川作品の雰囲気も残してほしいと思う。
ファンの贅沢な望みですな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
読書の秋ですねぇ。 | 小川洋子  | TB(1)  | CM(2) | Page Top↑
こんにちは。
小川さんの物語って、やっぱり静かなイメージですよね。
主人公たちが体験する不思議な出来事。
結末まで目が離せない面白さでした。
最初に出会った作品が『妊娠カレンダー』で、その雰囲気を思い出しました。
どちらかというと『ミーナの行進』系が好きなんですが、ブラックな小川作品も読み応えがあって楽しめました。

トラバさせていただきました。
藍色  11/08/2007 Thu URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



藍色さんへ

こんにちは~。コメント&TB,ありがとうございます。
そういえば、藍色さんところでも、この作品の記事を見かけたな、と
思いつつも、ついついTBを頂きに参るのが遅くなってしまいました。

小川さんの作品って、確かに静かな作品が多いですよね。
静謐な世界、といいましょうか。
「はじめての文学」シリーズで小川さんも名を連ねてて、
少し嬉しかったです。自分が小川さんに出会ったのが10年以上前なのですが、
その当時は、なんというか、妊娠カレンダーとか、独特の世界観で
売れ筋、売れっ子作家、って感じではなかったですからね~。
これから先注目の作家だった小川洋子が、今ではスタンダードだしなぁ。
博士の愛した数式と、ミーナの行進で作風を少し変えてきたのかな、と
思った矢先の「夜明けの縁をさ迷う人々」で、なんというか、
昔の作品たちが大好きだった自分としては、安心しました(苦笑)

あとで、こちらからもTBさせてください~!
つぐみ  11/09/2007 Fri URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/48-21eee114

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム