2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ε=ε=ε=(ノTдT)ノ ウワアァァ・・・ン!!!
ああ、なんていうか、
最近、幸せモードじゃない、自分?(爆)

いつもブログに遊びに来てくださっている
きょう様から、素敵な真壁のお話
戴きました!!


(ノ゚Д゚)<い、戴いちゃったよおおお!!!(爆)

ここんところ、素敵な真壁のお話を
戴くことが多く(魔莉さんの「君の言葉」とか)
がくがくぶるぶるしながら、
幸せを感受しているつぐみです(笑)

先日UPした真壁のリク夢『ねがいごと』を
読まれて、勢いでひとつのお話を
作ってしまった、とメールが来て数日後。

きょう様が初めて書いた夢だそうです♪
イラストを描かれるのは知っていたけど
もはや書き手の方にもまわるとは!(爆)

もう、真壁の、この、もう!! (←言葉にならない)

きょう様、本当にありがとうございます!
いやはや、晶さんに生気を奪われている
あたしではありますが(2枚目スチルの件を含め)
一気に真壁へ心が戻りました。

真壁に会いたいなぁ・・・って呟くことより先に
きょう様の書かれた真壁にきゃーきゃー
言っております(爆)

てなことで。
掲載許可を戴いたので、
ブログでUPします。
Auterはきょう様です。

以下、創作になります。
ご了承の上、ご興味のある方のみ
どうぞお読み下さい。


↓↓↓↓








『Have a taste』









今日は、学校はお休み。
友達と買い物に行く約束をしている。

あたしは身支度を整え、パウダールームで最後の仕上げをしていた。

----ん。いい感じ。
この間、発売されたばかりの新色パレットの口紅をつけて、出掛けようと席を立った。


その時、ノックの音がした。

この扉をノックするのはただ一人。
専属執事である真壁さんだ。

「****お嬢様。出掛ける時間では?」


仕事中なので執事モードの顔をしているけれど、その目は少し冷ややかだ。
真壁さんは、今日のお出掛けに同行しないことになっている。
その決定事項にどうも不満があるらしい。


そのせいか、アーリーモーニングティ-の時もいつもより冷たい感じがした。


・・そりゃ、あたしだって本当なら一緒にいたいわよ。
でも、今日はダメなんだもん。
前の学校の子と会う約束だし、執事を連れていったら、どこへ行くにも目立ってしまうから。


「ありがとう、真壁さん。」
あたしはせいいっぱいの笑顔で真壁さんに向き合う形になる。


「おい、ちょっと待て。」
ふと、真壁さんが執事モードから外れる。

「ん、何?」

「それ、つけすぎだぞ。」

私が「それって・・・あたし、何かしたかな?」と頭にかすめた疑問を抱いたと同時にあたしの唇に真壁さんのそれが触れた。
そしてまるで、猫がミルクを舐めるように、ぺろっとひと舐めされた。


「-------何するの!?」
突然の出来事にあたしは後ずさる。 

「それ、新色だろ?あまりにも、****が美味しそうだったからな。
誰かに食べられる前に味見をと思ってな。」
にやりと意地悪い笑みを真壁さんは浮かべる。


「誰かに食べられるって・・・。そんなの真壁さんしかいないじゃない!?」
朝からドキドキさせられた悔しさで、せいいっぱいの虚勢を張ると、
「何?もっとちゃんと味わって欲しかったのか?」の一言が返ってきた。


「違っ・・そういう意味じゃなくて・・・・っ。んっ・・・」
朝からこんなキスを仕掛けてくるのはずるい。

頭では止めなきゃと思っているけれど、真壁さんを欲しい気持ちは
真壁さんとおんなじで、止まらない・・・・・・

少しずつ深くなるキスに思考回路がなくなりかけた瞬間。
真壁さんはあたしを離した。


「お嬢様。そろそろ時間に遅れてしまいますよ。」
キスの余韻が残っている身体を支えるのに必死だったあたし。


・・・・・・こんな事しておいて今、そう言うの?
心の中で、真壁さんのその意地悪さに呆れながら
「わかったわ。車の準備をしてちょうだい。」
あたしもお嬢様の口調で応じる。


部屋を出ていこうとした瞬間に耳元で真壁さんが囁く。
「帰ってきたら、続きだからな。」


その言葉にびっくりして、
真壁さんを見たあたしと目が合った瞬間の真壁さんの顔ったら。


・・・・ずるいよ。
そんな顔して言われたら、早く貴方のもとに帰ってきたくなっちゃうじゃない。


でも、悔しいからそんなそぶりは見せてあげない。
「行ってきます」と真壁さんに言って、あたしは真壁さんと一緒に部屋を出た。


【Fin】
















◇ 感想、いえ、叫び◇


( ゚Å゚) !!!あ、味見!!!(爆)

ああ、もうそれだけでぶっ倒れてます(笑)

すいません。
もう真壁の、この行動で
激しく萌えてしまってます(爆)←

それも、事前にメールで質問された
「口紅とグロスどっち?」っていうのを
「あたしはRMKのパレット」←(爆)を
こうやって素敵に使ってくれるなんて!

ものすごく時めきました。

やばい。真壁。
味見なんて(笑)
それも、前の学校のお友達に会うのに
同行させないからって、
こんな風に最後に釘をさすというか、
めちゃくちゃインパクトある行動で
自分のことを焼き付けるところが・・・・。

たまらなくいいね!(爆)

帰ってきたら続きって・・・www
続きってwwww
続きってwwwww

ああ、もう、なんかものすごく
これを読んで悶えておりました(笑)
やばいです、きょうさん、やばいよ。

この真壁、好きだなぁ~!

すごく、あたしが好きな真壁要素(!)が
詰まっているというか・・・・。
この真壁の、真壁らしいところが
好きです(すいません、日本語おかしい)

朝から激しくキスなんて。
贅沢、いえ、真壁だったら、
何でも許せます。
てか、素敵過ぎるだろー真壁!!

と、激しく叫んだところで。

きょうさんが初めて書かれた夢、
本当に、あたしのほうこそ
「ごちそうさま」でした!!
もうね。やられた。
きょうさんの描く真壁が素敵過ぎて。
そして、口紅に味見にキスに最後の切なさ。

本当にため息が出ます。
どうしてこんなに素敵な真壁を
書いちゃうの?!(爆)

あたしも、これくらい素敵な真壁を
書きたいです。

切なくてドキドキする真壁を。
そして、この場面だけで伝わってくる
このドキドキ感と恋する情景を。

本当にSSらしいよな~と
感心してます。
きょうさん、また書こうよ?(笑)
上手だよ、すごく良いよ、本当にww

いやはや。

本当にありがとうございました!
素敵過ぎる真壁、大好きです。
何度お礼を言っても、伝えきれないです。
真壁欠乏したら、これ読みます。
てか、欠乏するたびに、
これまで戴いたお話を読んでるけど
このお話も、これからヘビロテですから(笑)


12.June.2009 つぐみ
 | 素敵な頂き物♪  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム