2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
天国はまだ遠く  10/08/2007  
天国はまだ遠く (新潮文庫)天国はまだ遠く (新潮文庫)
(2006/10)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る



『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ

文庫落ちしているのだけど、買うのを躊躇い、
図書館で借りてきました。
まだ読んでいなかった瀬尾まいこの作品。
よく考えれば、数年ほど前に発表された作品で、
瀬尾まいこの作品の中では古い方に入るんだろうな。
物語としても、定番のベタではあるんだけど、
彼女のほのぼのとした持ち味があって、瀬尾作品らしかったです。

主人公の『私』は仕事と人間関係に疲れ、自殺するつもりで
日本海の山奥の村を目指し、木屋谷に到着。
そこで民宿たむらに泊まるものの…。

自殺をする、と決めた私の、心労ぶりっていうのが、
やっぱり薬を大量に飲むまでに書かれているんだけど、
(どうしてここまで思いつめちゃうかな~)と
ちょっと醒めた目で見てしまった後、不意に、
(こんな風に思いつめるようになったら、他が見えなくなるんだ)と
気づきました。思いつめなかったら自殺なんて、誰もしないっつーの。
なんて自分自身にツッコミをいれてみたり。

心がクタクタになるまで磨り減らして働くって、
ありえんだろーと思っても、実は「ありえんだろー」と思う気持さえも
もつより先に、人間として追い詰められることがある。
自分は気がついていないのに、いつの間にか自殺への道の階段を
ちょっとづつ登らされるようになっていた、というか。

まぁ、自殺の話はおいておいて。

登場人物としては、田村さんが好きです。
有機野菜を作って、無精ひげを生やして、先祖代々の土地を守って
ちゃんと「生活している」人。
きちんと地についた生活をしている人って、なんだか傍にいるだけで
安心できる気がする。そんな安心感を与える暖かさっていうのは、
多分その人の生き様からくるんだと思う。

主人公の私が、ちゃんと出発できるように、
日々の生活、時間が癒してくれるものと、
そして田村さんが傍にいて一緒に「生活」することで得るものと。
家族のような優しさ(家族じゃないから出来る、というのも言える)が
さりげなく散りばめられていて、人の温かさを感じました。
海に連れて行くところとか、宴会につれていくところとか。

自然の中で心も身体も癒されて元気になる、って
陳腐なように思えて、実はかなりの特効薬なんだよね。
勿論、自然の中で暮していても、それなりのストレスもあるし、
疲れることもあるし、嫌になることはあるんだけど、
まぁ環境を変えて生活するだけで気持も変わる、というのは
かなりありえることなので。

読み終わったあと、ベタな落ち着き方だな、と思いつつも、
こういう風にベタに終わってくれる作品って、あんまりないから、
それは貴重だなと思いました。
安心して読み終えることが出来て、あらためて
「人の温かさって大事なんだよ」と言い聞かされているかのような。
嫌味じゃないです。そういう人間の良い面を肯定的に書いているのを
読むことが、時には自分の心の平穏を作り上げてくれることもあるので。
ドラマとか映画では多いけど、本でこういう平坦で、平凡かつ、
人間の心の暖かいところを抜き出している作品って、あんまりないな。

時々、教訓話みたいに読むのも良いかもしれない、瀬尾まいこ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 | 瀬尾まいこ  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
こんばんは、ブログにコメントを頂いたmokoです。この本、私も以前に読みました。
田村さん、いいですよね。
きちんと生活してる人って表現よくわかります。弱っている時にこんな人が傍にいてくれたらそれだけで心強いに違いない!

おすすめに載っている本、1冊を除いてすべて読んでました。『風が強く吹いている』は今年読んだ中では今のところ1番好きです。
また遊びに来させて頂きますね。
moko  10/09/2007 Tue URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



makoさん、こんばんは~!
コメント、びっくりしました(笑)
ぶろぐ村のリンクでネットサーフィンしていたら、
makoさんところにたどり着いて、
本のカテゴリを見てみたら、
自分と似たような本をよく読んでいるな~と、
思わず親近感からコメントしてしまいました。
驚かせてしまったらごめんなさいね(><)

田村さん、いいですよね~!
地についた生活をしているし、自然と付き合って、
おごらず人間として対峙しているところや、
おおらかな処、意外と親切で、それでいて甘やかさない、
そんなところが好きです。
こんな田村さんがいてくれる旅館だったら、
あたしも一度(いや疲れたら)逃亡したい!(笑)

おすすめの本、おすすめ過ぎて気持が大きいぶんだけ、
なかなかブログに記事がかけないままです。
「風が強く吹いている」良いですよね~。
三浦さんの作品では、ポラリスと並んで好きです。
図書館で借りるのでは飽き足らず、購入してしまいました。
makoさんと読書傾向がかぶってて、同じ本を読んで同じく面白いと
思えるなんて、とても嬉しいです。
あたしも、また遊びにいかせてもらいますね♪
つぐみ  10/11/2007 Thu URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/34-24221e96

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム