2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
あなたの呼吸が止まるまであなたの呼吸が止まるまで
(2007/08)
島本 理生

商品詳細を見る


『あなたの呼吸が止まるまで』 島本理生

島本さんの作品、だいたい、いつも同じような雰囲気なので、
(多分これもいつもと同じように年上の男性に憧れる少女像)とか
(大人と子供の境目の境界に立つ少女像)を連想してました。

いつも似てるのよね~。

と冷やかし気味だったのですが、雑誌ダ・ヴィンチで
新作についてのインタビューを読んだところ、
今回は12歳の女の子が主人公とのこと。
そして、その主人公が後半、ものすごい暗黒に突き落とされる、
そんなストーリーだということを知り、ちょっと興味が湧いて
やっぱり図書館で借りてきてしまいました。

主人公は、12歳の朔。母は出て行って、舞踏家の父と二人暮し。
いつも舞踏家の父の大人の世界に囲まれている朔だけど、
ちゃんと学校には、12歳の世界が広がっていて、友達も少しはいる。
大人の世界と、子供の世界の両方が朔の目から描かれてて、
そのどちらにも中途つかづな朔がいて、不思議な立ち居地でした。

勿論、ちょっとカッコよくて、大人ではあるけど、
子供とも話をすることの出来る、年上の男性も出てきて(ここいら予想通り)。

ネタばれしちゃうのもなんだから、そのままいくけど、
最後の朔の電話、あれはすごかった。
人生に荒波が来て、最悪なことがあったとしても、
それを生き抜いていこう、自分なりに解決して、
そして忘れずにいこうという生きる勇気をみせてもらったと思います。

勿論、最悪な出来事が自分に降りかかってこない人生の方が良い。
良いに決まってる、もし選べるのなら。
最悪な出来事と如何向き合うかによって、人間の強さがわかるんだと
朔の行動をみてて思いました。
もちろん、まだ12歳の朔だから、そして怯えている子供の心もあるからこそ、
ちゃんと”お守り”として、電話をかける時に誰か一緒にいて欲しいと
田島君にお願いするのも、心内がよくわかりました。

島本さんの作品で、まぁだいたい、最悪な出来事っていうのが
必ず出てくるのだけど、今回のこの出来事は、かなりたちが悪かった。
伏線は張られていたものの、きつかったな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 | 島本理生  | TB(1)  | CM(2) | Page Top↑
はじめまして。
こちらの記事にトラバさせていただきました。
信頼を裏切られた朔が痛々しかったですね。
戦いを決意して行動した勇気が素晴らしかったです。

コメントやトラバ返しなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色  10/11/2007 Thu URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



藍色さん、トラバありがとうございます♪

朔の痛々しさが生々しくて。
あんな大人、いるんだろうな~と想像できるぐらい
身近な事件なことなので、いつもの島倉作品と違い、
ある意味、読んでよかったと思う作品でした。
あのまま黙っていないで、今考えられる、
自分に出来るであろう戦いを挑む勇気って
子供だから、とか、大人だから、とかじゃなくて、
人間の強さ、朔の持っている強さなんだろうなと思います。
あのまま終わらなくて良かった~、と一息つきつつ、
読後にこの作品のタイトルを考えると、
なんというか、痛々しいです。

あとで、トラバいただきにいきますねー。
つぐみ  10/12/2007 Fri URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/32-90b24bf1

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム