2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
『4月の雨、夜語り』1日目の夜です。

ご参加くださってる皆様、
本当にありがとうございます。

今日から1週間、
夜語りと称して、
少しばかり、色々な恋のお話を
お聴かせしたいと思います。


1日目の夜語りは、
古手川瞬のお話です。


アプリの中では一番年下の15歳の彼。


執事エンドを迎えたという設定の下。


時間軸を3年飛ばして、
3年後の古手川瞬と
ヒロインを描きました。


あたしが考えてる3年後の瞬。


きっとウォルフのように
かっこいい男になってると思います。



少し切ないお話かもしれません。
瞬のもつ、温かさや純粋さが
伝わるといいな。




文が長すぎて携帯によっては
切れてしまう恐れがあるので、
分割にしています。(その1、その2)
この記事はその1になります。



1つの記事で読まれたい方は
こちらからどうぞ




以下、創作になりますのでご注意下さい。
どうぞ、ご興味のある方はお読み下さい。
↓↓↓↓








******* 僕の好きな人 ******



僕は、九条院家で
お嬢様の専属執事をしている。
専属になってから3年。


お嬢様がこの九条院家に
いらっしゃったのが17歳のころ。
僕はまだ15歳だった。




執事に憧れて九条院家にきて、
まず雑用係として、
フットマンをしていた頃。



旦那様が結婚されて、
奥様と、その妹である
お嬢様が九条院家へいらっしゃった。


2歳年上のお嬢様は、
とても気さくな方で
九条院家で同じ年頃の僕ら、
隆也さんに誠吾さん、そして僕とは
敬語もなく、楽しく話をしてくれる方だった。


まだ九条院家に着たばかりで新人な僕は
しょっちゅうドジをして、
隆也さんに注意されたり
誠吾さんとつるんで遊んだり。


そんな時、いきなり執事長である
樫原さんからお嬢様の専属執事に、
とお話があった。


お嬢様が指名してくださった。


まさかこんなに早く執事になれるなんて
思ってもなかった僕は、とても嬉しかった。




お嬢様は僕の夢を叶えてくれた。



そして、まだ何もわからないまま、
僕は執事になった。









幼い頃、僕に優しくしてくれた執事さんの姿が
ずっと僕の中にあって、ああなりたいと
思い描いていた。


その夢に近づけたと喜んだ僕は
一生懸命だった。


褒められることもあれば、
沢山の失敗もした。



僕の欠点は、すぐに興奮気味に
話を大きくして、自分の力量を超えたことを
やり遂げようと張り切るところだと思う。


そんな僕だから、
専属執事になりたての頃は、
お嬢様にいっぱい迷惑をかけた。


フットマンだった頃のように
言われる命令しかこなさずに
自分の頭で考えて行動することが
できなかった僕の失敗を
樫原さんや中岡さんが教えてくれた。



でも、その度にお嬢様は僕を叱るのではなく
苦笑しながら許してくれる。



時には、浮かれて現実をみていない僕を
叱咤激励することもあった。


この人のためにも、
僕は立派な執事になりたいと思った。







その気持ちが、次第に・・・。









僕はお嬢様に惹かれていった。





お嬢様を幸せにしたいと思った。



最初は執事として。



でも、よくよく思い返せば、
それは、1人の男として
お嬢様を大事にしたかったから。




初めての執事としての大仕事で
ウォルフ様と山科様を迎えての
お茶会が終わったあと、
僕は自分の中にあるお嬢様への気持ちを
まっすぐに伝えた。




好きだと思ったからには、
伝えなくてはいけないと思ったから。





しかし、お嬢様の返事は、
僕の気持ちが重い、とのことだった。













・・・・・・・・・・・・・・・







あれから3年。
季節が流れた。



あの告白後も、
僕はお嬢様の専属として
傍に置かせてもらっている。



今振り返るなら、あの頃の僕は
まだ子どもで、あの時必死だった告白も、
僕が入れたカプチーノを、
お嬢様が喜んでくれたら言おう、
なんて、自分の中での
小さな賭けをした結果だった。



気持ちを重い、と断られて。



最初は少し落ち込んだけど、
でも、気持ちを伝えたかったのは僕の方で
それをお嬢様が
どう捉えてもしょうがないと思った。


それに、伝えることに意味があった。
僕は自分にそう繰り返した。





それに、執事として傍にいられるだけで
幸せだと思ってる。
これ以上の幸せを求めるのは
ワガママだという気持ちも・・・あったから。



僕はお嬢様のことを幸せにしたいと思ってる。


その気持ちは今も変らない。



その「幸せ」の形がどうであれ、
僕はお嬢様に笑っていてもらいたいんだ。


お嬢様が幸せであるなら。
その幸せを必ずしも
「僕が1人の男として」作らなくても。




僕はお嬢様の傍にいられるだけで幸せだ。


だから、お嬢様が
いつも笑っていられるように。
お嬢様が幸せであるように、
僕も頑張ろうと、思った。




だからまずは、
きちんとした一人前の執事になること。








執事になった時点で、
僕が一人前にできることは、
ただ2つだけ。


美味しい珈琲をいれること。


あともう一つは、色んな雑学を
よく覚えられること。



お嬢様が恥じない執事になりたい。
いつか、お嬢様が自慢に思うような
立派な執事になりたい。


そして・・・・、お嬢様に似合うような
1人の男になりたい。




この想いと、お嬢様の傍に居られる幸せが
僕を支えた。






沢山のことを一生懸命学んだ。
尊敬する執事長の樫原さんに
面倒を見てもらいながら。




コーヒーだけでなく
紅茶も美味しくいれられるように
真壁さんにも。


真壁さんは、執事としての
色々な雑学もおしえてくれた。


中岡さんは、僕に仕事全般を
おしえてくれた。
順序良く仕事をこなすこと。
きちんとお嬢様の
スケジュール管理をすること。
臨機応変にお嬢様にあわせること。




対外的な処理も、中岡さんは教えてくれた。




3人の先輩執事に囲まれて、
僕はとても幸運だったと思う。






この3年の間で、僕はだいぶ変わった。
執事として・・・・それなりに一人前に
仕事をこなせるようになった、と
樫原さんからも褒められた。



真壁さんは相変わらずだけど、
中岡さんは、僕がこの3年の間で
だいぶ成長した、と笑ってくれる。




いつの間にか、兄貴分だった隆也さん以上に
中岡さんが僕の面倒を見てくれていた。


仕事が終わってからは
隆也さんや誠吾さんと一緒に
つるんでいることが多いけれど、
執事の仕事をしている間は、
10歳も年が上の中岡さんが
僕の兄貴分みたいなものだった。






この3年の間に・・・・。


変らないこともあったけど、
変ったことも沢山あった。






まず身長が伸びた。



一番のチビだった僕は
17歳になった途端に、15cm背が伸びた。
165センチだった僕は180cmに。



誠吾さんも、隆也さんを追い越し
ひょろっと身長が伸びた僕は
最初バランスが取れなかったけれども、
隆也さんの勧めで、筋トレを始めた。


少しづつウエイトが増えていって、
15の頃より10kg増えて、60kgになった。


180cmに60kg。


屋敷の中でも背は高い方だ。





もともと色素が薄くて
茶色っぽかった髪の毛は
だんだんとレッドブラウンから
ライトブラウンに変わった。


顔立ちも少し洋風、と
言われていたけれど
この3年でだいぶ精悍になったといわれる。



日本人離れしている、
と言われる顔立ちは
西洋の血を引いていたという
見たことがない祖父の血が
僕に出てきたのだろう。



「人形のような可愛い男の子」、
と言われてた僕は
この3年のうちに、
だいぶ男らしくなった。



もう「可愛い」「男の子」とは言われない。






たまに鏡で自分の顔を見て、
3年前の僕から、ずっと成長して、
どことなく、不思議な気がする。





でも、この3年で変わったのは
僕だけじゃない。





お嬢様は、とても綺麗な女性になられた。



僕たちが出会ったのが3年前。



僕は出会った頃のお嬢様の年を越したように
お嬢様は20歳になられた。



17歳だったお嬢様は、まだあの頃は
やんちゃで明るくて元気な感じだったのが
この3年の間に、しっとりとした
大人の女性に変わられた。




前みたいに大きく口を開けて笑うことは
少なくなったけど、
何かの拍子で、笑うときの
お嬢様の笑顔がとても艶やかで
そして、その笑った眼元がすっきりしてて・・・・
僕はその傍で、見惚れてしまう。



僕も3年の間で
だいぶ変わったけど
お嬢様も変身された。



お互いに成長したんだと感じる。



でも、お嬢様にとって僕は
相変わらず年下の男の子だ。



それも、「小さな男の子」。




変わったものは外見だけで、
僕とお嬢様の関係は
3年前から変わらない。



お嬢様は僕を「瞬」と呼び、
僕はお嬢様を「*****お嬢様」と呼ぶ。



お嬢様は僕のことを弟扱いする。
一番の話し相手のように、
お嬢様は僕に色々とお喋りをする。



僕はお嬢様の話を沢山聴く。


聴きながら、お嬢様の気持ちを
もっともっとわかりたいと思う。



お嬢様のことを一番知っているのは
僕でいたいから。



お嬢様は僕の前では、
とても気楽に振る舞い
そして、気を許してくれる。




そんな姿を見るたびに、
僕の心は3年前の、あの日に戻る。






・・・・たまに思うことがある。







僕が、今―――。



今の僕がお嬢様に
この気持ちを伝えたらどうなんだろう、と。


3年前、気持ちを伝えたのが、
この3年後の僕だったら、
お嬢様はどう答えただろうか、と。



3年前の僕の気持ちは、
お嬢様には「重かった」。


確かに3年前の僕は無鉄砲で、
そして、ただ、自分の気持ちを
お嬢様に押し付けるだけだった。


そして、その気持ちは
まだ子どもだった僕が自分の中に
とどめて置けないから、
だからお嬢様に一緒に持ってもらおうと
告げたものだったと、今では感じている。


だから、お嬢様の「重い」は正しかった。




でも、この3年の間に僕は・・・・



少なくても成長した。



自分自身の気持ちを
自分の心で持てるほど。




気持ちを隠せるほど。




でも、いくら隠しても、
あふれ出す想いがある。


一人の男として、
お嬢様のことを守りたい。



ご主人様というだけではなく、
ひとりの女の子、いや、女性として
お嬢様を守りたい。


いつも、そう思ってる。



いつか、この気持ちをまた
お嬢様に伝える日が来るだろうか。





僕の好きな人。





僕の、大好きな人。




僕が、心から愛する人。






いつも心の中にいて、
僕を温かい気持ちにさせてくれる存在。


可愛くて、強くて、そして温かい。




傍にいるだけで、
お嬢様のもつ、そういう優しさが
僕に伝わってくる。









******* ぼくの好きな人 (その1) ******

(その2)はこちらから。

 | 【執/恋】創作ー分割  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム