2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
T△T).。oO ついにやった~!!!!


真壁7日目。目的達成いたしました。
★:゚*☆※>(‘-‘*)オメデトウー!!!(*’-‘)<※★:゚*☆


1周目の時のシークレットエンドで、
買い物フラグのスチルはゲットしているので、
今回の2周目の真壁シナリオの目標が
『見たことないシナリオを経験する!』!

見事に目的達成・・・( *≧▽)爻(▽≦* )キャッキャッ

( ゚Å゚) つ、ついに!!!!

ようやく、KY選択肢から逃れられますww

lエ`)<(楽しんでたくせにw)

ようやく、真壁好きなコーディネイトにできます

Lエ`)<(中岡さん好みのコーディネイトで張り切ってたくせにw)

ま、あれこれと思うことはあるのですが(?)

( ゚Å゚) 例えば鉄カーテンが布カーテンで炎上したとか?(爆)

今日からは、ばっちり真壁オススメ服でプレイします!w

T△T).。oO 真壁1周目のときに張り切って買ったのよね。

初アバターショップ利用だったので、髪形、
普段着からドレスまで、真壁のは揃えてます★
(どんだけ愛してるの?と誰かツッコんでw)

( ゚Å゚) とりあえず、今日は真壁ドレスでも着てみる?(爆)

7日目なのにドレスを着ようか考えてますww

てか、あたし、今回はスペラブ狙いなんで、
13日目の披露宴では真壁ドレス着ません。
それ以外の日に真壁ドレスを着ようと想ってます。

ついでに言わせると、13日目の披露宴は
晶さんに会うことが確実にわかってるので
(せつこに紹介されるから)、
晶さんドレスで臨もうかとww(爆)

どんだけ、晶さんが好きかわかってもらえたでしょうか?(爆)

(||ノ゚Д゚)ノ<晶さん大好きだよー!!!

と、真壁レポで叫んだところで、
どこへこの声が届くやらwww


【本日のお召し物】
テーマ:屋敷内でファッションショー
髪型:真壁好みのラブリーサイドテール(?)
セット服:真壁好みのマーメイドカクテルドレス
顔:ガーリークール

( ゚Å゚) ばっちり披露宴用よ★

さあ、忠犬ナーオよ!
あたしのことを存分に褒めなさい!!(爆)




てなことで、
未知の世界へようこそ、違った
未知のシナリオ、2日間の旅
ものすごく楽しめそうです♪



以下、ネタバレしておりますので、
お気をつけくださいませー!!!


↓↓↓
↓↓↓↓↓



********* 真壁7日目(買い物フラグ以外のシナリオ)************



(真壁さん・・・いるのかな?)

特に用はないからっていいわ、って言ってから
しばらく経った。
他のお仕事が入ってなければ、
もしかしたら、真壁さんは遊戯室にいるのかも。

( ゚Å゚) 中岡と真壁のいちゃつきをヘルプしてるの、ヒロイン?(爆)

なんて思って、ついつい見に来てしまった。

(何やってるのかしら、あたし)

( ゚Å゚) ほんとだよね。ヒマなんだよヒマw ←

自分でも自分の行動がすっごくフシギな感じ。

( ゚Å゚) あたしも、フシギっていうのをカタカナで書いてすっごく不思議な感じww(笑)
てか、まじ、漢字使おうよwwwww


どうしてなんだろう・・・・・?


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

それは恋だからさ、ヒロイン♪
(↑、これぐらいしかツッコめないww)←定番


+++++++++++++++++++++

【選択肢】
ビリヤードの腕前が気になる
真壁さんのことが気になる
中岡さんとの対戦がみたい



( ゚Å゚) 今日の最初の選択肢、早っ!w

ああ、今日からキラキラ目指しなんで、
真面目にいきます。

しかしー、ここは真壁居ないし、
キラキラでないんだよな。

とりあえず、2か3かな。
3を選んだら、これまでの1~6日目に
中岡さんに捧げたあたしのコーディネイトの日々が
報われるんだろうか・・・・(あいつ、褒めなかったぜ、ちっ)

よし。3で。


++++++++++++++++++++++++




うん、中岡さんが対戦したがっていたし、
あたしも2人のゲームは見てみたい。


2人が真剣にビリヤードする姿って、
カッコイイと思う。


( ゚Å゚) ボーナススチルとかで、真壁&中岡のビリヤードスチル希望!(爆)
そんなん、出してくれないかな。
そしたら、必死でGETするのにwww


その時、あたしは多分・・・・心の中で
真壁さんの応援をしているとは思うけど。


( ゚Å゚) !!!!!


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ま、間違いなく恋だよね、これはwwww


( ゚Å゚) 中岡さん、実は邪魔?(爆)←
あ、それ、言っちゃいけなかった?www


でも、ぶっちゃけホンネを言うと。

真壁さんがビリヤードする姿が、また見たい。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
中岡、ただのダシに使われてますぞwww(笑)


ただそれだけなのよね、つまりは。

( ゚Å゚) ・・・・wwwww
ある意味、はっきりと中岡を利用しているっていうのがわかって、
その損得がはっきりしてるところが笑えるww




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




地下に降りて、遊戯室の方へ歩く。

(あれ?)

ガチャって小さな音がして、
遊戯室のドアが開いた。

(真壁さんかな)

( ゚Å゚) すぐそれ?(笑)

(あ、・・・・・違う、中岡さんだ)

( ゚Å゚) !中岡、なんか悩んだ顔してるぞ。

遊戯室から出てきたのは、中岡さんだった。

Lエ`)<(残念がるなよ、そこでwww)


(でも、どうしたんだろ。なんだか沈んだ顔してる・・・・?)

「中岡さん」


中岡「・・・・・・・***お嬢様」

「どうしたの?何かあったの」

中岡「はい?」

「なんかすごく落ち込んだ顔で、遊戯室から出てきたから。どうしたのかなって」

中岡「ああ・・・・。その、実はですね」




( ゚Å゚) !無音になった!BGMが!!!!








中岡「真壁にフラれちゃいまして」





( ゚Å゚) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


びーえる・・・・?



ちゃった、てか、フラれた、で
なんで音楽が止まるの?www
びびるじゃんwwwwww

・・・・笑顔な中岡さんがイタいと思うのは
あたしだけでしょうか?

思わず心臓が止まるかと思ったよww
もしやの、この展開!
見たことのないシナリオでは、真壁×中岡疑惑が
あがっていたなんて!!!!!!(爆)


ひいひぃふうふぅ・・・・・(思わず)


ここは沢山ツッコんでおきたいところだけど、
それをすると、なんていうか、腐女子丸出しなんで
と、とりあえず先に進もうwww


動揺しすぎて、なかおか、って書きたいのに
なめおか、って書いて、全然違う人になってるwwwwww



************ 再開


中岡「真壁にフラれちゃいまして」

中岡さんが苦笑しながらいった。

「フラれた?」

中岡「はい・・・」 ←また横を向いて落ち込んでる
中岡さんは、少しうつむきぎみ・・・・。




( ゚Å゚) !BGMが始まったwwwww
て、唐突だな(笑)



中岡「実は今、真壁にビリヤードの対戦を申し込んだんですよ。でも、ノーと言われました」
「練習に専念したいから断る、って。きっぱりと」


っΣ( ̄□ ̄!)
真壁、・・・・それって一緒に働く同僚に対してどうなの?ww

鉄カーテン発動させてるんじゃねNEEEE!!!!

その布、あたし&中岡で燃やすぞ、こらww

思いっきり、KYだな、真壁よ。


中岡「まあ、あいつらしい返事だと思いますけどね」



T△T).。oO その優しさは真壁への愛情ゆえ?(爆)


「そうだったの・・・・」

中岡「正直、ちょっと残念です」
中岡さんが小さくため息をついた。

中岡「真壁はかなりいい腕を持っていると思うので。練習をみていてもわかりました」

( ゚Å゚) で、中岡はどうなの、上手なの?←気になる

「やっぱり上手なの?」



( ゚Å゚) あやつ、帝王だから、夜の遊戯は得意じゃろうwww


中岡「ええ。基礎がしっかりしていますからね」
「ビリヤードの基本練習に、センターショットというものがあります」
「台の真ん中、センタースポットに的玉を置いて、自分の手玉をまっすぐにつき、コーナーポケットに入れます」
「本当にシンプルなショットですけど、これを正確にやるのは、簡単なことではないんですよ」



「それを真壁さんは正確にやってるってこと?」


「ええ、今見ましたが、本当にミスの少ない男です」

( ゚Å゚) ミスは少ないが、恋愛ベタだぞ、あいつはwwww(爆)

中岡「単にまっすぐ当てるというのは、実は一番難しいんですよね」

そっか・・・・。
真壁さんらしいな。
そういうきっちりしたこと、得意そうだもん。

( ゚Å゚) 確かにな。神経質に1つ1つやるのって好きそうだし。
大胆不敵かつ忍耐力あり、って男だと読んでるよあたしはw

「やっぱり、2人が対戦するところをみてみたいな」

中岡「でも、なかなか真壁が首を縦に振らなさそうです」

( ゚Å゚) <「中岡さんと対戦しなさい!命令よ」
 ↑これ一発でナーオは尻尾振って喜びますからwwww
って、それをヒロインに言いたいが、ま、ムリだなww



中岡さんが困った顔で笑った。

中岡「ビリヤードは対戦も面白いですが、1人でも楽しめるタイプの人間もいます」

( ゚Å゚) 1人でも楽しめるから、真壁は好きなんだと思うwww

中岡「真壁は、そういう感じに見えますからね」


( ゚Å゚) 協調性が無くみえる、というのを暗に指してるのか、え、中岡?www(爆)

「そうだね・・・・でも、それは何だかもったいないよね」

中岡「もったいない、ですか」

「うん。だって、ほんとは2人でするものなんでしょ?」

中岡「ええ、そうですね」 ←笑顔・・・・ちくしょー、いい男だwww

「せっかく、近くに一緒にできる相手がいるんだもの」
「うーん・・・・」


あたしは考え込んだ。

( ゚Å゚) だから命令すればいいのよ<BY ウ

中岡「****お嬢様?」


( ゚Å゚) 名前+お嬢様で呼ぶなってば、だから!!(爆)
誤解するでショー?(笑)


「真壁さんを誘う、いい手がないか、あたし考えてみる」

( ゚Å゚) ・・・誘うってどこへ?(←ヲイ)

中岡「お嬢様・・・・」

「もし思いついたら、中岡さんに話すね」
「真壁さんはあたしの執事だもの。あたしが言えばOKするかもしれないし」


中岡「でも、***お嬢様」 ←急に厳しい顔に・・・・ww その顔もいいww

中岡さんがあたしをじっと見た。


―――――――――って今日もいつになったら、真壁出てくるの?
真壁シナリオだけど、ずっと中岡さんと喋りっぱなしだぜww
そして、中岡さんのカッコよさに、あたしは惚れ惚れしてるがな!!(笑)

真壁のために、マーメイドカクテルドレスを着てるというのに、
本人に会えずじまいかー?wwww





中岡「差し出がましいようですが、無理なお誘いは勘弁してやってください」


「中岡さん・・・・?」


中岡「真壁の趣味の邪魔はしたくないんですよ」


( ゚Å゚) !やっぱ中岡、真壁のことが好きなんじゃ・・・?www


「あ・・・・」そっか。
もし、あたしが「命令」しちゃったとしたら。

真壁さんは「執事として」中岡さんと
ビリヤードの対戦をすることになっちゃうもんね。

「うん。わかったわ。そこは何とかうまくやってみる」

( ゚Å゚) って試すんかいwww

中岡「ありがとうございます。***お嬢様」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中岡さんと別れてから、ノックをして、
あたしは遊戯室に入った。

真壁「お嬢様。御用でございますか」

あたしを見て、真壁さんはキューを構えるのを止め、
姿勢を正した。

( ゚Å゚) 脱走したかと思って紐もってきたんだよ、ナーオwww(爆)
↑すいません、頭いかれてます。


「ううん。気にしないで、続けて」

真壁「かしこまりました」


lエ`)www (かしこまりましたって言い方がなんだかツボw)

真壁さんはまた、構え直した。

ビリヤード台に、長身を深く折って姿勢を整える。

T△T).。oO 想像すると時めくわねwwww

すぅっと息を吸って、真壁さんは白い玉をコツンとついた。

「わ・・・・・!」

赤い玉が、すぅっと穴に吸い込まれていった。

「すごーい!」

真壁「ごく普通のテクニックでございます

( ゚Å゚) ございますよwwwwwwwwwww
ちょ、ちょっと真壁wwww
謙遜してるのはわかるが、その言い方はwwww

真壁さんは静かに言って、
また赤い玉を台の真ん中に置く。
それから、真壁さんは何度となく
同じコトを繰り返した。

( ゚Å゚) ナーオ、ボウル遊び中♪www

赤い球を台の真ん中に置いて、
白い球をついて、赤い球を穴に入れる。

「あれ・・・・・?」

ふっと気づいた。

さっきまで前に転がっていた白い球が
ころころっと後ろに下がった。

「なんで、白い球が後ろに戻るの?」


真壁「この白い球は手球と申しますが」

「てだま」

( ゚Å゚) こだま
lエ`)めだま


真壁「はい。その中心より下をついた場合は、後方の回転がかかりまして、手前に戻ってきます」
「これを専門用語で、ドローショットと申します」


「ドローショット」

真壁「ええ。ですが、日本語の方がわかりやすいので、『引き球』 ということが多いですね」

「へえ・・・・」

真壁「そしてこれがフォローショット。押し球といい、手球が前に進みます」
真壁さんがこつりと球をつくと、言ったとおりに手球は前に進んだ。

真壁「またこれは、ストップショット。止め球とも申しますね」

今度は、白い球が動かずに、その場で止まった。

「ホントだ!ぴたっと止まる!」

なんだか魔法みたい。

「ねえねえ真壁さん。もう少しビリヤードのことを教えてくれる?」

lエ`)お、カーテンに火をつける準備か?ww

キタ━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━!!!!


真壁「かしこまりました」
真壁さんが小さく頷く。

カーテン突破?突破?ww
━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !!


真壁「ビリヤードは基本的に、このポケットに」


真壁さんは、台にある穴を指した。

真壁「球を落としていくゲームです」
「有名なナインボールなどは、球の番号の小さい順番に、ポケットに落としていくのが原則です」
「そして、最後の9番をポケットに落としたものが勝者となります」
「その間、数字の書いているボールを直接つくことはございません」
「常にこの手球をつき、そのとき狙う的球を動かすのです」



lエ`)薀蓄長いww でもよくわかるww 

「まとだま、ね」

真壁「そうです」

「あ、そっか」

ひとつ、気がついた。

「手球の位置を調整するために、さっきの3種類のつき方を選ぶのね」

(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━!!w真壁、にこっと笑ったwwwwwwww
理解してもらえて嬉しかったんだね、ナーオww(はーと)

真壁「その通りです」
真壁さんが嬉しそうに頷いた。

Lエ`)そ、そろそろ?
布カーテンを炎上させるのは?!www

えへへ。
なんだか先生に褒められたみたいな気分になる。
もっともそんなこと、
めったにないんだけど。

( ゚Å゚) ぷっwwww
ちょ、ちょっとヒロインww
なんなら、真壁先生と恋しちゃう?w
ちなみに科目は「執事学」だよwww(笑)


(あ・・・・)
また、思いついちゃった。

「ねえ、真壁さん。あたしにビリヤード教えてくれないかな」

( ゚Å゚) !!!!

┻━┻ヘ(*゚Д゚)ナンダッテェェェェェェオリャァァァァァ(*゚Д゚)ノ====┳━┳~☆

そ、そういう作戦でいくのか、ヒロイン!!
これまでで初めて、君のことを褒めようと
あたしは思ったよ!!!
まじ、昨日の晶さんに対する態度は、
(お前、一度顔洗って出直して来いや!だったけど、許す★)そうだよ、あたしも真壁からビリヤード習いたいよww
それも、基本姿勢のときは後ろから抱かれるようにしてさwwwwwww
(すいません、妄想が激しく広がっております)



********** 再開ww


( ゚Å゚) あ、驚いてる

真壁「お嬢様が、ですか」

( ゚Å゚) 他に誰が居るの?(笑)

「うん。だめ・・・・かしら?」

( ゚Å゚) 鉄カーテンもとい布カーテン破いておしまい!(爆)
って・・・真壁、にっこり笑うしwwww めっちゃ美しいな(笑)

真壁「興味を持たれたのですか」

「うん。今のままじゃ、ルールも言葉も全然わからないから」




++++++++++++++++++++
【選択肢】
真壁さんに教わりたいの
丁寧に教えてくれそう
何も知らない自分がいやだから



( ゚Å゚) ・・・・ああ。難しいなぁ。
直接的に言うならば、1だよな。
でも、勉強熱心さで真壁の心をひくなら3.
後ろから抱きかかえて欲しいあたしとしては、2ww(爆)

よし。3で。
確か、昨日の銀食器のところもそうだったけど、
真壁は、お勉強するヒロインが好きだったはず。

3、ぽち。


,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ オオオオー!!
キラキラきたぜwwwwwwwwww

+++++++++++++++++++++++++++++


「だって、このままじゃあたし、何も知らないままだもの」


( ゚Å゚) <(男遊びは俺が教えてやる、というんだ、ナーオwww)(爆)

真壁「お嬢様?」
「知らないあたしから見ても、真壁さんが上手だってわかったけど」
「ビリヤードのことがわかれば、見ていてももっと楽しいわ」

( ゚Å゚) そりゃーそうだな。

「それにお嬢様は、やっぱり知識が広い方がいいわよね」


真壁「・・・・・・・・・・・」 ←驚いてる

真壁さんは、少し驚いた顔であたしを見ていた。

( ゚Å゚) ?今日のあたしのドレス姿に気がついた?(笑)

真壁「とても素晴らしいお考えかと」

( ゚Å゚) !って執事目線かよwww

真壁「そういうお嬢様にお仕えできて、私真壁は大変光栄に存じます」

( ゚Å゚) ・・・・・服褒めてってば。。。。


「あ・・・・や、やだな。そんな大げさなモノじゃないよ?」

あたしはちょっと照れた。

「でも、知らないとつまらないから」

真壁「それが、よいお考えだと申し上げているのです」

「・・・・そうかな?そうだといいけど」

真壁「そうでございますよ」


( ゚Å゚) って、なぜ真壁に説得されてるのやらww

真壁さんはすごく満足そうに頷いた。
見ているあたしも、嬉しくなっちゃうぐらいに。
真壁「新しいことを覚えるのはよいことですね。知識は力になります。ビリヤードでも、何でも」


( ゚Å゚) ナーオは執事ヲタで、知識で中岡を圧倒してるんだよねwww(笑)


真壁「まずは興味を持ち、知ろうとすることから何事も始まります」
「ビリヤードも、突き詰めれば奥が深いゲームですから」


「うん。そうだと思うわ。さっきちょっと聞いた説明でも、色々考えることがあるんだな~って思った」


真壁「最初はすこしづつ、そして見ているうちにわかっていらっしゃいますよ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

真壁にビリヤードレッスンしてもらうんら~♪

真壁「では、お嬢様。まずは用具の説明からいたしますね」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お部屋




「ええっと、キューはこう持って、こう・・・・」

自分の部屋のテーブルで、ちょっと練習したりして。

( ゚Å゚) !そ、それは恥ずかしいからwwwwww

今日の午後はずっと、真壁さんに色々ビリヤードのことを教わった。

T△T).。oOいいなぁ・・・・(妄想中)

土曜日がお休みで特にやることもなかったから、
じっくり教わることができた。
真壁さんは、教えるのがとても上手だった。

T△T).。oO ぽわーん(妄想中)

時々、使う単語が難しいけど、聞き返すと、
ちゃんと優しく噛み砕いてくれる。

T△T).。oO 最初は難しいけど、あとで「簡単に申し上げますと」だよね、あの人www

(それにしても、あたしがちゃんとビリヤードできる日がくるのは、いつかしら)

力加減もまだわからないし、
真壁さんみたいに、色々つき方を
変えるなんてとんでもない。

(でも・・・・)

実を言うと、あたしがうまくなるよりは、
真壁さんがどれだけ上手なのか、
わかるようになりたい。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
いい日だ、今日は。
真壁とのラブラブ具合があがってるwww


ビリヤードのこと何もわからないと、
どれだけすごいこと見せられても、
全然わからないし。

あとは、中岡さんとの対戦も実現させなきゃね。
一番楽しみにしているのはそれだし。

でも、どうやったら真壁さんを
無理なく対戦に誘えるのかなぁ・・・。

しかも、真壁さんが嫌な気持ちにならない方法で・・・・。

(あ・・・・!)
そうだ。

「イイコト、思いついちゃった」

真壁さんと中岡さんのビリヤード対決実現に向けて。

さっそく、中岡さんに相談しにいこう!


( ゚Å゚) !って、また中岡?wwwww(爆)





*************真壁7日目終了************


って、ここで終わったのかw


そして、メールwww
真壁にしては長い(笑)
ビリヤードに興味を持ってくれて嬉しいだの、
わからなかったらたずねて来いだの、
お役に立てることならなんだって、だのwww

( ゚Å゚) そんなに嬉しかったのか、ナーオ?(笑)

買い物フラグも面白かったけど、
このビリヤードのもいいなぁ。

個人的にビリヤードする男は好きなので、
真壁に激萌えしてます。

もうちょい要望をいうなら・・・・。

( ゚Å゚) 真壁をもっと出せ!(爆)


中岡さんが、真壁シナリオをのっとってる気がしますww
てか、真壁・・・・服褒めてくれなかった(涙)(ノДT)アゥゥ
ああ、でも、今日は真壁のキラ星見れたし。
久しぶりだったなぁ・・・・・。

最初に、中岡さんが真壁にフラれた、って話すシーンで
BGMが止まったのはびっくりしたけど、
あれは製作者側の陰謀ですよねwww(笑)


そして、明日、楽しみだ~!
見たことないシナリオだったら、
文字を全文打ってても、全然苦痛じゃないww
てか、めっちゃ新鮮だわ(笑)


今日の感想 →
 ナーオとボウル遊びした♪
 中岡さんが真壁シナリオをのっとる
 真壁に後ろから抱きしめられたい
 布カーテン、炎上したか、穴が開いたかどっちか。

      

 | GAME:執/事/た/ち/の/恋/愛/事/情  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム