2017 11 / 10 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
山科晶16日目  03/21/2009  
山科シナリオを始めて16日目。


今日が最終日です。
シークレットナイトエンドです。

これまで、どの執事も最終日迎えてきたけど、
なんか、晶さんの16日目は、かなり寂しい気持です。
このまま、16日目プレイしないでおこうかと思うくらい。

とりあえず、この文章を書きながら、
アプリを最初に起動したときの音楽を聞いてるのですが、
やけに胸に沁みます、か、感傷的になるな、自分!!!(爆)
(あの音楽、けっこうメロディラインが好きw)

( ゚Å゚) 頑張れ<自分

レポをする前に、一言。
今日のは・・・・もう、慣れたと思うけど(?)
やばいです。 内容も分量もやばいです。

あ、でも、皆さんはやばくないかもwww(爆)
悩殺スチルつきで、みてないからwww

もうーーーーーあのスチルはε=ε=ε=(ノTдT)ノ ウワアァァ・・・ン!!!
すごい破壊力です。
思わず、朝ベッドの中で携帯見てて、
一気に興奮しましたから(←ケダモノ?)
ま、真壁にもひけをとらないぜ・・・・(爆)


てなわけで、明るく始めましょう、晶さん16日目♪


【注意】この先、激しくネタバレしております。
読んでしまったらゲームを楽しめない方、どうぞご注意下さい。
PC閲覧の方はたたんでおります。
携帯閲覧の方はこのまま下に続きますので、
お気をつけ下さい。




↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓



******** 山科晶16日目 ********


晶「そろそろ、おやすみなさいの時間だね」

( ゚Å゚) !のっけからお別れの挨拶かよー!!
あきらー!!あきらー!!!!!←悲しみのあまり絶叫
すいません。ほんと、辛いんです。


「あ・・・・うん」

あたしは時計を見る。
そんなにすごく遅いわけじゃないけど。
晶さんは、あたしの執事さんのほかにも、
色々やることがあるんだし。


晶「本音を言うと、君のかわいい姿をもう少しみていたんだけどね」



T△T).。oO 赤くなっていうなよーーーーーーー!!
そして、まじめにお別れの挨拶みたいで、哀しいじゃないか。
色んな意味に取れるぞ、16日目だし、晶さん!!!(涙) 
すいません。ほんと、動揺してるんです、お別れが近くて。



「・・・・・・?」

( ゚Å゚) !そして、ヒロイン、お前はにぶすぎるw最後までかよwww

あたしは自分の着ている服を改めてみた。

「これ・・・・?」

晶「うん、そう。それ、本当に***ちゃんに似合う」

T△T).。oO だって晶さんオススメのドレスだよ・・・?←www

晶「それ、僕のために選んでくれてるんだよね。違う?」

T△T).。oO ・・・・言葉攻めめww
このセリフはヒロインじゃなくて、あたしに言ってる?←



「晶さんったら・・・・」

( ゚Å゚) そんな言い方のセリフは新婚さんまでとっとけ!(爆)←



あたしの心、読まれちゃってる。
「正解。その通りよ」

晶「やっぱり」
晶さんは嬉しそうににっこりした。

T△T).。oO あきらさん・・・・(涙)

晶「僕のために、僕が好みそうな服を選んでくれてるって、嬉しいよね」

lエ`)(聞きました?これって、執恋ファンの皆様へのサイト運営者からのお礼?)ww

晶「何だか――その」
「いつも、君の意識の中に僕がいるっていうのが実感できるからさ


( ゚Å゚) !(やっぱり、最後まで抜かりなく攻撃してくるなwww)

晶「それって、幸せなことだよね」


( ゚Å゚) (あたしは、この16日間ずっとレポでキーボード打ち続けたよ。全て晶さんのため!!!)←誰も聞いてないwww


「あ・・・あたしも、幸せよ?」

晶「え?」

「晶さんのこと考えて服を選ぶのがシアワセなの」

晶「あ・・・・・、ありがと、***ちゃん」

こうやって微笑まれると。
また次も、晶さんのために服を丁寧に選ぼうって思うよね。

Llエ`)そだそだ!

晶「それでは、***お嬢様。今夜はこれで失礼いたします」

「おつかれさまでした、山科」


あたしもお嬢様らしく言葉をかけた。

( ゚Å゚) ちっ。こっちでも主従ごっこかよwww←(爆)


晶「じゃあ、***ちゃん」
「おやすみ」


「ん・・・・。おやすみなさい、晶さん」

短いキスとハグの後で、晶さんが部屋を出て行った。



( ゚Å゚) !!!!!!! (もういい。あえてつっこまない)←w




最後は、執事さんじゃなくて、恋人のおやすみのあいさつ。


Lエ`)<「おやすみあなた、ちゅ」 ←やだ。晶さん~~



あたしは、後はもう寝るだけだけど。
晶さんは、きっとまだまだ寝ないんだと思う。
明日は、絵画の先生のところにいく日だっけ?
次の日がヴァイオリンのレッスンで・・・・。
やる気になった晶さんは、毎日がすごく忙しいみたい。

それに晶さんは、大学にも復学した。
といっても、通信教育課程だけど。

( ゚Å゚) !

あたしの執事さんで居続けたいって言ってくれて、
通信教育課程に切り替えたみたい。

( ゚Å゚) (スチューデントアパシーとか、モラトリアムしてたの、晶さん?)



申し訳ない気もするけど・・・・。



( ゚Å゚) いや、まじ申し訳ないっしょ。だって晶さんがだよ?!←やけに熱く説教したいwww




でも、嬉しい。


Lエ`)まーな、確かに嬉しいわな。



あたしの執事さんでいることを優先的にしてくれる晶さん。
どんなに忙しくても、あたしの傍にいてくれる晶さん。
あたしは、すっごく、幸せだと思うわ。

( ゚Å゚) 思う、じゃなくて、幸せなの。もう!(爆)

(じゃあ、あたしは寝ようかな・・・・)

晶さんの夢が、見られるといいな・・・なんて。

( ゚Å゚) !



そんなことを考えながら、立ち上がって伸びをしたとき。
あたしは、机の上のテキストの間に紙袋があることに気がついた。


「あっ・・・・・!」




そうだ。これ、クラスの子から渡されたんだ。
おみやげだから、晶さんにどうぞ、って言われたヤツ。
袋の中身は、ニューヨークの美術館のお土産だって言ってた。
絵葉書を綴じた本、とか。



( ゚Å゚) (ラブレタ入ってないかチェックしてから渡そうね、ヒロイン?ww)



さっき、晶さんが来た時に渡そうって思って、
そのままになってた・・・・。
どうしようかな。
明日の朝でもいいんだけど・・・・。


(持っていっちゃおう、かな)



おやすみなさいの後で晶さんに会う、
口実っていえば、それまでだけど。
でも・・・・いいよね?



( ゚Å゚) いい!(即答)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
恋人の音楽始まった♪



少し緊張しつつ、晶さんの部屋の
ドアをノックしようとしたら。



(あれ・・・・?)

開いてる。
ちょっとだけ、だけど。


(もう。鍵をかけないなんて、不用心じゃない?)


でも。


こっそり覗いて、びっくりさせるのもいいかも。



( ゚Å゚) こら。(爆)

あたしはそうっと、晶さんの部屋のドアを開けた。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





(・・・・・・・・・・)




入って、ちょっとポカンとしてしまった。
あれ・・・・?晶さんはいないみたい。

(どこ行ったんだろう・・・・)

部屋の奥までいって、あたしはようやく気がついた。


水音がしてる。
シャワーの音だった。





*************** 注意。

は~い、皆さん。お分かりですよね?(爆)
水音ですよ。
シャワーの音ですよ?
( ゚Å゚) <覚悟してくださいね?www

***************







(あ・・・・そっか。シャワー浴びてるんだ)
ようやく気がついて、ほっとして。
でも、なんとなく照れくさくなってしまった。



( ゚Å゚) !


すぐそこに・・・ええとその、
シャワーを浴びている晶さんがいるわけで。
シャワーなんだから、当然何も・・・・着てない、よね。


( ゚Å゚) 想像してるのがエロw


(う・・・・・)

ばかばか
何考えてるの、あたし。

T△T).。oOそだそだ!←ww



その、晶さんは男の人なんだし。
別に着てなくても、たいしたコトない・・・・。

( ゚Å゚) !!!!いや、違うだろwwwwwwwww
そこが問題じゃないwwwww ←思わず大爆笑



(って、たいしたコトあるから!)


T△T).。oOそだそだ・・・(ヒロインの一人悶絶につられてるww)



一人でツッコミしちゃうくらい動揺してるんじゃん、あたし。









がたん!



「きゃ」

動揺のあまり、机の角にひっかかって、
つまづきそうになった。

「あいたたた・・・・あれ」

晶さんの机の上に、薄い本が開いておいてあった。

「あ・・・・」

これ、絵の参考書かな。
ドライブラシ・・・・、スプラッタリング・・・・ドリッピング。
絵の描き方の、色んな方法が書いてある。
そして、近くに、画用紙もあった。
晶さんが、お手本を真似して描いているものみたい。

(なんか、ちょっとうまくなったかも・・・・・?)

( ゚Å゚) そこ、ハテナじゃないから。頑張ってるからうまくなってる!(爆)

こういうのって、静物画?っていうんだっけ。
お皿のリンゴとか、布とかが描いてある。
前に見たときよりもリアルっていうか、
すごく・・・・ええと、存在感があるって言えばいいのかな。

うん。絶対、上手になってる。
がんばってるなぁ、晶さん。

( ゚Å゚) さりげなく、ひどいから、ヒロインw

(あたしもがんばらなくちゃ・・・・)





?「覗き見は感心しないな、***ちゃん」



lエ`)(そ、そろそろやばいよwwwww)




「きゃっ?!」

声のする方を、見たら。
晶さんが・・・・・いた。

しかも、バスローブ姿で。

月の王子、晶キタ━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !!


「あ・・・・・」


あたしは、その場にかたまった。
それまでも、けっこう晶さんにみとれてはいたけど。
こんなに、目が吸い付けられちゃったのは、
初めてかもしれない。


濃い色のバスローブから覗いている胸が白くて。

Lエ`)やけにリアルですね(←冷静)

すうっと、水滴が落ちていく。

Lエ`)水も滴るいい王子

ストレートの髪が濡れていて。
まだシャワーの名残なのか、少し頬に赤みが差している。

男の人に・・・・こんなこと、
言っていいのかわからないけど。

色っぽい・・・・っていうか。
なんか、心臓が止まっちゃいそう。
ドキドキしすぎて、止まるまっちゃいそう・・・・。



晶「どうしたの、***ちゃん。そんなに僕をじいっと見て」

T△T).。oO・・・・・Sめ。 ←w



「え、ええと、だって・・・・」

あたしはうつむいた。

「どうしようも、ないんだもん」
「どうしても・・・見つめちゃうの。目が離せないの」


T△T).。oO テラハズカシ、、、倒れそう。あたしも、普通に恥ずかしくてwwww

本音だった。

晶「***ちゃん」

晶さんは、驚いた声で、あたしの名前を呼んだ。
そして。
「あ・・・・」

気がついたら、晶さんが目の前に来ていて。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*画面かわりま~す♪
Now Lording


スチルキタ━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━!!!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



・・・・・。


T△T).。oO・・・・・・



やばいでしょ。

このスチル、やばいでしょ。

脱いだ真壁は赤裸々だったけど(って!)
この晶さんのシークレットのスチルは・・・・。

ばすろーぶですよ?
(まふぃあですかきみは?)←どうようのあまりひらがば

ついでに、髪の毛濡れてますよ?

胸元はげしく、はだけてますよ?

そして、主人公を抱き寄せてますよ?

ついでに、耳元で囁いていますよ?

押し倒しそうな勢いですね?

鎖骨とかのくぼみが、やけに色っぽいんですが。

表情、めっちゃ余裕そうな。

そして。目をつぶってて。
愛の言葉を囁いていますね。





ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン









ステキすぎて、ここから先に進みたくない・・・・(涙)






晶。まじで最後の最後までやってくれるのぉ!(爆)これまでの2枚とは全然違うじゃないかよ!こんなんだったら、早く言ってくれよー!なんで君も夜がこんなによく似合うんだ!帝王は真壁に任せておいて、君は月の王子様でもならんかね、ほんと!ステキすぎて、殺されそうなんだけど、フェロモン攻撃してきてるのか、君は!?わかってるのかね、こういうことをして!!どういうことになってるのか?今現在、これを読んでいる人たちが、心臓発作で、胸を押さえてるにきまってるぞ!!!そして、最終日だというのに、なぜ、そこで攻撃の手をやめないんだ!!!こんな砂糖菓子どころじゃなくて、はちみつ練乳どころじゃなくて、は、裸で・・・・・!!!ああもうまじで、襲ってほしいwwww


すいません。暴走してしまいましたwww



・・・・・・・・・。

T△T).。oO皆様、おつかれさまでした。

そして、お疲れ<自分。





いや、違うってね。
思わず、ここで終わってしまいたくなってたw
最後まで・・・やり遂げようよ、ね、つぐみ?(爆)←気持ち悪いねw




少しあほなことをしたら、気持ちが立ち直ってきたww
このまま、スチルを見ておきたい気もするけど、先に進む!




******** 再開





「あ、晶さん・・・・・!」

あたしは。
晶さんの裸の胸に、抱き寄せられていた




( ゚Å゚) !!HADAKAですか?wwwww

晶「だったら、もう少し近くで見ればいいよ」





( ゚Å゚) !!!!晶!!!!




「・・・・・・・・・・」

あんまりドキドキしすぎちゃって、
晶さんの声が遠くで聞こえるような気がしちゃう。

Lエ`)ジィ・・・・

でも・・・。

あたしの、すぐそばにいるのよね。


( ゚Å゚) 当たり前じゃwwwwwwww←思わずツッコまずにはいられないww


ううん、すぐそば、なんてレベルじゃない。

あたしを抱きしめている、晶さんの身体の温度が
思いっきり伝わってくる。
まだ少しだけ湿り気が残った肌が、
あたしの頬に触れる。

( ゚Å゚) !!!!!ほ、ほ、ほ!!

なめらかで、それでいて強い。
男の人の身体は、女の子と全然違う。

晶さんの体温を感じる。
シャワーを浴びてすぐだからかな。
なんだか、晶さんの身体が・・・・熱い。

つうっと、晶さんの髪の毛から、雫が落ちて
あたしの髪を濡らす。
あたしは、びくんと震えた。

もう、どうしていいのかわからない。
あたしはただ、晶さんの腕の中にいるだけだ。

なんだか、何もかもがぼうっと
霞んじゃう気がする。
心地よくて、あったかくて、いい匂いがして。


T△T).。oO(みなさんー、生きてますかー?)
これからもっとすごいよ。


「あ・・・・・」

なんだろう、この香り。
香水みたいな・・・・ううん、もっとずっと薄いけど。

晶「どうしたの?」

「うん・・・・晶さん、すごくいい匂いがする」

晶「ああ。シャワージェルかな」


「シャワージェル・・・・」

晶「気に入ってるフレグラスと、同じラインのものを使ってるんだよ」
「そうすると、香りが統一されていいんだ」


「そうなの・・・・」



T△T).。oO 晶め、くそーwww 匂いでも攻撃してくるのかww やるな!(爆)

あたしはお酒を飲んだことはないけど。
お酒に酔っていい気持ちって、こういう感じかな?
そのくらい、晶さんの香りは心地よくて。

あたしを抱いてくれている晶さんの腕の強さ、肌の熱さ―――
それだけでも、心臓が爆発しそうなのに。
甘くて、すがすがしくて、気持のいい香りが
あたしの意識をぼかしていく。

これが明さんの香りなんだな、って思って。

T△T).。oO ・・・・・死ぬ、直前。


あたしは、その香りをうっとりと楽しむ

( ゚Å゚) ! ←まだ生きてたw


もう・・・・本当に。

時間が止まればいいのに―――
あたしは、そう思ってた。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スチル画終わり。





T△T).。oO・・・・大量のHP使っちゃったけど。
でも・・・・あのスチルが背景でセリフって、
ものすごくエロい・・・・。
エロい、ってあまり使わないあたしでも、使いたくなるくらい。
エロいwww
気を取り直していきましょーw









( ゚Å゚) 久しぶりに見た王子服の晶さんw

晶「そうか。これを届けに来てくれたんだ」

「うん・・・・」

服を着た晶さんと、改めてあたしの部屋に戻って。
あたしはようやく、友達からのお土産を、
晶さんに渡すことができた。


「ごめんなさい。覗くつもりなんかじゃなかったの」


晶「え?ああ」
「いいよ。別に」


T△T).。oOいいよってなんじゃそりゃあああああ!!!!(爆)←暴れます

晶「僕としては、僕のバスローブ姿に君が見惚れてくれたのを喜んでるくらいだから」


T△T).。oO 頬染めてそんなこと言うなあああああああ!!!!!(爆)←最後の抵抗
夜の帝王より激しすぎませんか????????





「え・・・あ、あの、それは」




うげっΣ( ̄□ ̄!)
って、ここで選択肢??wwww
今日は選択肢、ないと思ったのに・・・・www
そしてそして。
絶対。

は・ず・か・し・い、選択肢に決まってる!!

( ゚Å゚) YES!www



++++++++++++++++++


【選択肢】
びっくりしたの
ステキだったから
色っぽかったから



T△T).。oO・・・・・・・・・・・・・・・

どれ選んでも死ぬ。
どのみち、死ぬwwwwwwwwwwwwwww


てか。。。今現在、今世紀最高に(?)
激しく、激しく悶えてます、つぐみさん!!!!
。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァァン


・・・・。

やばい。
なにがやばいかって。
選択肢のところの立ち姿、
晶さんが潤んだ眼でこっちを見て
頬を染めてる・・・・。

( ゚Å゚) ヒロインより、お前のほうがテラカワユス!!!(爆)


めっちゃ、やばい。
あー。
なんで、こんなやばいの?wwwww
おかしいでしょ?wwwwww
いや、おかしいのは、あたしの頭の中かww

(動揺のあまり、とりあえず水を飲む)

選択肢忘れそうだったんだけど、
1、びっくりしたの
2、ステキだったから
3、色っぽかったから

T△T).。oO ・・・・・覚悟決めて、自爆しよう!(爆)

ほら、よく考えてごらん、つぐみ?
(わざわざ)お金を出して(樫原さんにお金払って)ポイント購入して、
(わざわざ山科用)ドレス買って、シークレットナイトなんだよ?

ここは、もー、バスロブ半裸の晶さんに報いるべく(?)
そっち系の(?)選択肢を選ぶのが筋ってもんでしょ?www
エロ・・・を匂わすようなwww

(●゚□゚)/ いきまーす!

3、ぽち。




*********************



「その・・・・こんなこと、男の人にいうのは、アレかもだけど」
「すごく、色っぽかったから」



晶「・・・・・・」




赤面キタ━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !!




「見ているあたしが、少し照れちゃうっていうか」
「よく・・・・わかんないんだけど。ドキドキして」




晶「その気持ちは、多分、僕を意識しているってことだと思うけどね」 ←微笑みつつ赤い

( ゚Å゚) なんじゃそのよゆうはああ!!!!wwwwww
あまりのはずかしさでキャラ崩壊してます、あたし。


「意識してる・・・・?」

晶「そう。ひとりの、男として」 ←めっちゃ微笑顔で赤くなってる

( ゚Å゚) !!!そ、そんな潤んだ眼で見つめてくるのは反則だよwww



「・・・・・・・・・・」



言葉にされると、目の前に何かすごいものを突きつけられたように感じる。
晶さんの言葉に、どきっとした。

男の人として、意識するって。

ちょっと恥ずかしいけど・・・・。
もしかして、ステキなコトなんじゃないかな・・・・?





晶「そういえば、***ちゃん。さっきのシャワージェルの香り、好きだったみたいだね」

「あ、うん!すっごいいい香りだったもの」

晶「***ちゃんも使ってみる?」


( ゚Å゚) !!!!!!!!!!!!!!!
しゃわーのおさそい?いしょにはいる?←違う
ごめん、あたまがおかしくなってる。
もうなんか、そっちけいにしかきこえないwwww(←平仮名)




「え?でも、男性用じゃ・・・・」

晶「はっきり男性用っていうよりは、ユニセックス寄りかな。男女共用」

「ああ」そういわれてみれば、女の人がつけても、それほど違和感ないかも。


( ゚Å゚) (つーか、つけたら、一発で、鼻の良い他の執事にバレバレだぜw)




晶「でも、女性用も、けっこう似た感じの香りなんだよね。近いラインっていうか」

「・・・・・?」

晶「あ。そういえば、女性用のオードパルファムのサンプルがあったっけ」



T△T).。oO(奴のことだから最後の最後まで攻撃を仕掛けてクルですよ、要注意!!www)





晶「待ってて。今持ってくるから」

「あ。うん」

晶さんは急ぎ足で、あたしの部屋を出て、またすぐ戻ってきた。

晶「はい、これ」
晶さんはあたしに小さな瓶を差し出した。

「わあ・・・・かわいい!」

晶「サンプルのミニチュアだから、スプレー式じゃないんだけどね」

( ゚Å゚) !!(もしかして、晶さん、香水つけてあげるとか、自分の指で?www)(爆)

晶「ちょっとかいでごらん」あけてもらった瓶の香りをかぐ。

「あ・・・・ホントだ。ちょっと晶さんのと似てる」

( ゚Å゚) !(って、嗅ぎ比べできるほど、さっきはすーはーしてたの?!)(爆)

晶「女性用の方が柔らかいけど、似てるよね」
「気に入ったなら、今度休みの日にでもつけてみるといいよ」


( ゚Å゚) (休みの日かよwww 今つけようーよww)

「あ、うん。そうしてみる」

さすがに、学校はマズイしね。

晶「足首や膝の裏、腰辺りにちょっとづつつけると、体温で香りが上昇する」
「万一量を多く出しすぎちゃっても、そこまで付けすぎた感じがしない場所だから、大丈夫だよ」


T△T).。oO(香水の話だとはいえ、晶さん・・・なんかエロいよw)

「晶さん・・・・詳しいのね」

晶「そういうのは、レディの基本」

「はーい。覚えます」


晶「なんなら、僕がつけてあげようか?」



( ゚Å゚) !!!!! !!!!!!!!!!

************ 卒倒


ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァンちょっとまてええええ!!!!!
おい、こら、ここでかよ!!
そして、ここで、そのせりふかよ!
予想してた通りジャン・・・・がくがくぶるぶる


すーはー。

すーはー。

深呼吸しなくては・・・・・!!!!!!!!
やばいやばいやばいやばい!!
最近、やばいってばっかりいってるのも、やばいほんと。


なんか、はぁはぁしますよ。
大丈夫かね?wwww



************** 意識回復


晶「何なら、僕がつけてあげようか?」


( ゚Å゚) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「えっ・・・・・!」

あたしはどぎまぎしてしまった。

「ど・・・どこに?あ、足首・・・?膝の裏・・・・?」

( ゚Å゚) !!!ちくしょーエロいぜ、エロいぜ晶!
帝王に対抗するほどだな!(爆)


晶「いやだ?」 ←満面の笑み


( ゚Å゚) !!!!!!!!!!!!!!!!!!どSめ!!ww

「イ・・・・・イヤとかじゃなくって!」

あたしは、慌てて左右に首を振った。

「は、恥ずかしすぎるよ・・・・・」

T△T).。oOヒロインかわいゆすww

晶「やだな。間に受けてる」 ←満面の笑みで赤くなってるw

( ゚Å゚) !って、なんでお前まで赤くなるんだ晶よwwww

「え・・・・・」
「晶さん。からかったわね!」



晶「からかってないよ。本気だよ」



( ゚Å゚) ・・・・ホンキダヨ・・・?!!!!!!!!!!!



********************************* まじ、休憩。

しぬ。
この展開、死ぬ。
だめ。ほんと、もうだめ。
どれくらいだめかって、
ぶらいんどたっちが、正常の2倍の速さになるぐらいwwwwww

そして、誤字が多いwww


はあはあしてる、りあるに。
おつつけ、おとちつけ。おちつけ。やばい。まじでやばい。


ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン

目の前がちかちかしそうだよ。

まじ、今日もあたしに下され使命は「悶エ死ネ」か?!
軽くいじめだろ?wwww

やばいやばいよやばい。
だって、足首とか膝裏とか、こ、腰辺りにつけるですよ?
それを、本気でつけてあげようか?って話してるのよ?
それって、

あたしにひざまずきたいってこと?


あ、違うwwwwwwwwww(爆)


そうじゃなくてwwwww

えっと、そういう下半身部分に触れる話は、
ほら。なんか、想像しすぎてやばいじゃん?(←あえて質問系)

やばい。もうそろそろ、終わるはずなのに、
ここまでの時点で、スタートしてから、
軽く2時間いってる・・・・wwww
なにしてるんだ、自分ww

途中悶えたり、耐えられなくなって
ベッドへ倒れこんで少し逃避したり、
胸を一生懸命叩きすぎて、
飲んだ水を吐きそうになったり、
手ががくがくぶるぶるするから、
とりあえずマッサージしてみたり。

ちゃんと、終わるんだ、16日目!!!
頑張れ。

今日まで山科軍の甘い攻撃に耐えてきたんだから、
ここから先にすすまねば。

砂糖菓子弾丸に撃たれ、
蜂蜜練乳ビームで目をやられ
林檎飴ジャブで谷に突き落とされ、
命綱も切られるという冒険をしたじゃないか!?
(↑何の話をしているのやらwww)



(゜エ゜)ま、ちゃんと終わらないとさ、
なんてたって、あのスチルがマイページに登録されないしねw(爆)←


がんばる。

皆さん、生きてる????!!(笑)



てか、生きてるよね・・・・普通w

死んでるのはあたしだけか・・・・とほほ(ノДT)



************ 再開



晶「からかってないよ。本気だよ」

「え・・・・・」

どきん、と。
心臓の音が、大きく鳴った。


晶「いつか、君が大人になったらね」


( ゚Å゚) !!!!!!!(大人になったら触りたい放題、そうなのか?そうなのか、晶さん??!!!)(爆)


「なったら・・・・・?」


晶「え・・・・だから」 ←ヒロインのツッコミに赤面するwwww

「つまり」 ←下向きに照れてしまったwwww

晶さんが、頬を赤くして、目をそらす。



晶「・・・・・・君が誰にも触らせない場所も、さ」




************** ごめん、もーだめだ・・・・。








軽く死んだ。









さ、触らせない場所、ですよ?

さ、触らせない場所って・・・・どこら辺なの?具体的に?(爆)←コラコラ



がんばれ、あともうちょっとなはずなのに!!

こんなところで!!!!

やばいやばいやばいやばい、まじ泣きそう。
だって、レポ書き始めてから
2時間経つのに、いまだ終わらない!!!!(爆)
おちつけ、水嶋ヒロを思い出すんだ!!(←?)


帝王よりまし。帝王よりまし。帝王よりまし。帝王よりまし。奪う欲しい無い。奪う欲しい無い。奪う欲しい無い。奪う欲しい無いwwwww


(呪文唱えた・・・・効くかわからないけど)

T△T).。oO・・・・・はぁはぁしてる

そうだよwww
帝王よりましだよwww
だって、直接、「奪う」「欲しい」って
単語は出てきてないもんww
でも、そんな直接的なことじゃなくて、
なんか、もっと
間接的にエロいんだよ、晶さん!!!(爆)
なんていうの、意味的にエロいwwww
(意味的に、っていうのが適合するか問題は別として)


頑張れ、まじ頑張れ!
てか、誰か頑張れっていって欲しいwwww
(今の時点で部屋にはひとりwww)

T△T).。oO 誰も頑張れとはいってくれないから、自分で自分を励ますしかないwww

って、励まされてまでゲームやるか?www(爆)

とりあえず、羞恥心(!)+心臓発作+悶える+耐久性限界閾値+これまでの晶との思い出、いろんなのがあって、ただいま、非常に混乱しています。
とりあえず、やばいwwww

い~つの~こと~だか~
お・も・い・だ・し・て・ご~ら~ん~♪
あんなこと~~(頬をツンってされたこととか?)
こんなこと~~(目を見つめられて乾杯したこととか?)
あ~~~った~~でしょ~~♪


T△T).。oOはは。思わず歌いたくもなるさ!(爆)
思い出してみれば、
数限りない山科軍の甘い攻撃に
耐えてきたもんだ!!w

 
てか、このまま、無駄に
自分の一人悶えが続くのも、非常にヤバイwwww
記事的にも、自分の精神衛生上の面でもwwww
自重しろ、自分!(爆)


がんばれ・・・・再開しよう。
山科軍の最後の攻撃だと思えば、
瀕死でも、心臓が止まっても、
もう一度蘇れるよ(?)

多分?

王子のキスでwwww(爆)




********** 再開


晶「・・・・きみが誰にも触らせない部分も、さ」



晶「僕には・・・・ふれる権利があるかなって、思って」



( ゚Å゚) ふ、ふれる、け、けんり!!!!!!!!!!(←阿鼻叫喚)
↑まじめにがんばってツッコミは続けてるww



「・・・・・・・・!」


ちょっと。

晶さん、すごいコト、・・・・・言ってない?


Lエ`)ノ 言ってるw



でも・・・・・。





・・・・・・・・・・・・画面切り替わり。黒くなった・・・・。



晶さんになら、許せる・・・・・。



( ゚Å゚) なにを?←あえて聞くww





そんな、気がした。



いつか、きっと。



もっともっと、触れ合える日がくるのかもしれない。


「・・・・・晶さん」


晶「何?」


あたしは、それ以上何も言わずに、目を閉じる。


そして。


晶さんの唇が、あたしの唇をふさぐのを感じる。


その日まで。

ううん、きっとずっと。



あたしは、晶さんのものだわ・・・・・・。










~~~~~  Secret Night End  ~~~~~



T△T).。oO ♪♪♪ ・・・・・・ (←最後のエンディングと曲を聞いて涙ぐむ)






【終わり】




+++++++++++++++++ 山科晶16日目 ++++++++




・・・終わったよ。

ε=ε=ε=(ノTдT)ノ ウワアァァ・・・ン終わったよ。
最高記録たたき出したよ、2時間半プレイwww

T△T).。oO 笑え!wwww
笑うがいいさww(自爆)
ああ、それだけ、今日は悶えてたよ。
ああ、そうさww


でも、そんな時間より・・・・もっとやばい。


めーるがやばい。




あああ。どんだけやばいかって?

メール全文載せるのもなんだから、要点言うと。


+++++++++++++
2人のフレグラスが交わったときどんな香りがするかな。
どこまで近付けば香りが混じるだろう?
まぁ、それはいつかわかるよね。
それまでは、君を放さないって誓うよ。

++++++++++++

ですよ。

これって、あれですよね?
抱き合っちゃったら、肌直接だから、それで匂いが・・・・って
そんな話ですよね?


うわ・・・・・・・・・・・。
間接的にエロい。

この・・・なんか、回りくどい言い方で、晶さんのなんていうか・・・
エロいよ、やっぱ!!!!!!(爆)

やばい。

夜の帝王=真壁とは違った意味でヤバイ。
まじで、今日はやられた・・・・wwwww

ついでに、ちゃんとGETできてるか、
サイトで、シークレットのスチルを確認してきた!!!



やばいー!!!!
かっこよすぎるー!!!!
カッコよすぎるー!!!!!!!!!!
めっちゃかっこいいー!!!!!!!!!!

やばいー!!!!!!

やばい!!!!!!!!!
本気でやばい!!!!!!!!!

やばい。
水嶋ヒロ並にきてるwwwww


やばい、ほんと、やばい。
このスチル、めっちゃ好き!!
今までのどのスチルよりすき!!!

見惚れてしまうけど、待ち受けにしたら
携帯開くたびに「やばい!」って言ってしまう魔法にかかるので、
それはあまりにも危険だからやめにして・・・・wwwww

とりあえず、すごい。
恋するフェロモン、自分から今かなり出てるっ(爆)
あんまりにも、晶さんのスチルが・・・・!!!!!



真壁やめて、晶さんにいきたいところだ。(←やや本音)←ヲイ





・・・・・・やばい。
もう、だ、だめだ。

2時間頑張って、ずっと悶えてて、もうだめ。限界。
今日はもう寝て、明日、朝、感想書こう。
こんな、はあはあしている状態で、
この16日間を振り返るとか、絶対まともな文章かけないから。
てか、今の時点で崩壊してるから。
頻発用語「やばい」しかないって、かなりキてるからwww

てことで。とりあえず寝て、再度書きます。

つーか、今きがついた。
ワードで35枚書いてるwwww(爆)
いつもは28枚ぐらいなのにwww
7枚オーバーってたぶん、自分の悶え分?wwwww


きもっ!(←自爆)



・・・・・・翌日。


えっと、まじめに感想を書こうと思います。

山科シナリオを終わって。
一番思うことは。

最後の終わり方!いいww
晶さん、もちろん、ヒロインを離さないだろうしwww
ヒロインもずっと晶さんに釘付けだよ!!!
うらやましいぜ、ちくしょー。

本当に、晶さんとヒロインがくっついてくれてよかった!

選択肢キラキラも外してきてなかったし、
ドレスも着てたから心配はしてなかったけど。
いやはや、やっぱり嬉しいです。

一番、リアリティのあるカップルで。
すごく対等な感じ。
レディって惚れてるし、王子って惚れてる
その両思い具合がすごく・・・いい。

最後の日とか、短いキスとかハグまでしちゃってるし。

なんか、本当に愛し合ってるって雰囲気で好きだな。

最初はヒロインが、晶さんを追いかけてて、
途中から、晶さん自身も、だんだんヒロインの魅力に気がついて
最後はお互いに本当に好きだということを確認できた。
その間に、ヒロインがすごくお嬢様らしくなっていって
本当に素敵だなぁと思いました。

どのシナリオのヒロインより、この晶さんのヒロインは
すごく・・・・お嬢様って気がします。
とってつけたように、お嬢様風を発揮していたヒロインより、
ちゃんと勉強してて、考え方もすごくレディになったというか。

すごく素敵でした。

晶さんの魅力もすごかったけど・・・・。
特に最終日、度肝を抜かれましたwww

あかんやん~~そんなん、ここでだしてこられたらwww

すっごく悶えてしまって、レポに2時間以上かかるという失態www
本当に堪能しました。

この16日間、全文を打ってて、指が痛いなとか思ったけど、
でも、改めて自分で読み返すことができて、
晶さんとの日々を堪能できるので・・・・あたしは、すごく幸せです。
こうやって記録を残しておけばwww

晶さん、最初から好きでした。
毒舌キャラって認識されてるけど、
実はそうじゃなくて、優しさゆえに本音で言うところがあるから
この人はこうなんだ、って思えるようになったww

本当に王子様です、晶さんは。
紳士で・・・・・、すっかり心を奪われました。


この二人の続編をあたしは見てみたい、と心から思います。



デートアプリでは、晶さん出てくるのかな?

スペシャルな晶さん・・・・。また別のシナリオで、
お目にかかる日が来るのでしょうか。

あたしはもっと、晶さんのことを知りたいと思ってます。

なんだか、長いラブレターみたいになってしまったけど。
これが、あたしの本音だからいいか(笑)



本当にこの16日間、毎日楽しみでした。



一緒に楽しんでくくださった皆様、ありがとうございます。

あたしの・・・・うるさいツッコミさえも、許して頂き、
受け入れていただいて、それだけでも感謝感激なのに
たくさん山科レポには拍手も頂いて、心の支えでした。
(あ、なんだか、感傷的になってきますね)

晶さん攻略した今、あたしはこれからどこに行こう。
ようやく今の時点での全キャラを攻略済なので、
迷ってます。

今日の夜から、なんだけどね。

晶さんとの別れがさびしい。
さびしいなぁ・・・・・。

このさびしさを乗り切るために・・・・。

ドレスを買った中岡さんのシークレット狙いに行くか、
真壁のスペシャルラブ狙いに行くか、
それとも、山科さんのゲットしていないスチルのために、
スペラブ狙いで晶さんに行くか。

あたし、晶さんをプレイしてて、
たぶん非常に好感度が高いと思うんですね。
最初からドレス+キラキラを外さなかった(怖いが一回もwww)
ここまできたら、かなりの好感度だと、あたしは思います。

ちょっと好感度を下げるために、ドレスを着ないで、
キラキラも外して路線でいったら、他のスチル、ゲットできるかな。

晶さんにしても、もう一度プレイして楽しむところはあるというわけです。

今回、全部レポしているので、
もうこれ以上はないくらい堪能したと思ってはいるのですが。


それは、今から考えて、夜に決めよう。
真壁のスペラブ狙いで、全文レポでもいいと思うんだけどな。
真壁好きなんで、真壁のもレポで残しておきたいwww
でも、山科さんでだいぶ体力使った感はいなめない(笑)



あーあ。

晶さん終わってしまった・・・・。
素晴らしい日々をありがとうだよ、晶さん。



お付き合いいただいた皆様にも、再度感謝!
ぜひぜひ、また遊びに来てください♪



 | GAME:執/事/た/ち/の/恋/愛/事/情  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム