2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
瞬15日目  03/03/2009  
デートプランを考えているうちに、こんな時間になってしまいました。

そして、書き終わったあと、お風呂に入ってて、
そういえば、樫原さんや山科さん、ウォルフとのデートプランを
考えてなかったや!と想いだし。。。

「っ・・・・!」

↑、この表現、実はお気に入りだったりしますw
真壁がこれをしてくれると、かなり嬉しい~★

それについては、あとで書きましょう★


瞬、15日目ですw
シークレット確実なんで、とりあえず、恋人の甘い1日になりました~w


以下、ネタばれ、なんで、読みたい方のみどーぞ★





・・・・・・・・・・瞬 15日目

学校から早く帰った午後。
あずまやで、お茶にするヒロインと瞬。

オペラというコーヒー風味のチョコレートケーキに、コーヒーw

(ど・・・どこまで珈琲派なんだ、瞬w)

紅茶なら真壁、珈琲なら瞬、なんでしょう♪
珈琲好きなあたしとしては、珈琲入れるのが上手な瞬を執事にしたいけど、
愛している真壁さんのためなら(!)、珈琲党から、紅茶党に変わってもいいわっ(爆)

話し戻して。

珈琲風味のオペラは、すごく美味しそう。
カットすると、断面は層になっていたり、少し苦くて甘くて、濃いのにしつこくないらしい。

(*゜エ゜) 絶品じゃん!爆

ケーキを食べていると、少し肌寒くなってきて風が吹いた。

それをみて、「風邪をひいたらこまります」と瞬がブランケットをw
タータンチェックのブランケットか~。(バーバリー、とかかしらね?ありがちだから、違うかw)
『僕の・・・・誰よりも大事な、お嬢様ですから』
『大切にしたいんです。心から』

ひゃー!(爆)
昨日告白だったから、恋人仕様か!
あ・・・甘酸っぱすぎるよ!
オペラの苦さが吹っ飛んじゃうよw

頬を染めて言う瞬。
ヒロイン曰く、「すっごく優しい。前から優しかったけど、ずっとずっと甘い瞳になってる」

lエ`)らしぃっす★

「あたしと年はあまりかわらないのに。
あたしは、時々、すごく瞬君に甘えたくなるの・・・・。」

lエ`)(ヒロイン、最後の台詞の「・・・・」。これ、曲者だと思いませんか?!)爆

ヒロインがわがままをいって、瞬を隣に座らせたところ。
風が吹いて、ひざ掛けが舞い上がった。
それを抑えるヒロイン。
それを見た瞬は、ひざかけを抑えていない片方の手を両手でそっと包んだ。

瞬『手、冷えちゃってますね。僕が、あたためます』

T△T).。oO(うわぁあああああああ・・・・・)←恥ずかしさの余り悶えるwww



瞬君って、本当にあたしの目をまっすぐ見て話すから。
あたしも目が離せなくなる。
心の中まで覗き込まれているみたいな目・・・。

にゃおーん★音楽が変わったw



「少しあたたかくなってきたかな」
瞬君はひとりごとみたいにいって、またあたしの目を覗き込む。
「ねえお嬢様。僕に出来ることがあったら、なんでも言って下さいね」

|д゚)b< (・・・・部屋の掃除してもらいたいっす。引越し中なんで)(爆)

「欲しいものでも、してほしいことでもいいです」
「僕はお嬢様のために、何だってします。僕が出来ることなら」

「瞬君・・・・」

|д゚) (・・・・滅私奉公・・・・、ちゃうかw キャラが違うww)

風は強いけど、好きな人と、静かな庭で2人きり。しかも寄り添って手を握られて。
このほかに、何を望むっていうんだろう・・・。
「瞬君・・・・、難しいよ、それ」
「え?」
「あたし、満ち足りているもの。瞬君はすぐそばにいてくれるし」
「そんなこと、言わないで」←瞬
「え・・・・」

瞬君の言い方に、ちょっとどきっとする。

「何か、あるでしょう?」

甘く、迫るような口調。
見た目とは違って、すごく大人な感じがする。
(あ・・・・・。)
そうだ。1つ思いついた。

「うん。あるかも」

「言ってください、お嬢様」

「その、『お嬢様』っていうのを、やめてほしいの」

|д゚) (・・・・・ゴルゴお嬢様、じゃなくて、ゴルゴがいいってことかww)←ちゃうでしょ。


「え・・・・、でも、お嬢様ですよ」
「それはそうなんだけど」

なんとなく、じれったくなる。
だって、自分からお願いするのは。結構恥ずかしいことなんだもの。

「・・・・・名前、呼んでくれない?」
「っ・・・・・・」
瞬君はようやく意味がわかったらしく、小さく息を飲んだ。

「なんか他人行儀でしょう、お嬢様って」
「・・・・・そうでしたね」


|д゚)カンサツ・・・・・(来い!)←


瞬君は、少し照れた顔でうなずいた。

「執事と、・・・・・恋人だったら、呼び方が違って当たり前ですよね」

lエ`)(真壁は、執事のときは私、恋人のときは俺、だぞw)←これは自称w

「・・・・・つぐみ」 (すんません、あたしの名前で)

名前を呼ばれた瞬間、すごくどきっとした。
同時に、ぎゅっと手を握られたからかもしれない。

「・・・・・好きです。つぐみ」

「っ・・・・・」

ちょ、ちょっと。
なんか、・・・・・すごく、恥ずかしいよ?

「僕があなたを大好きだってことを、忘れないでくださいね。つぐみ」
「・・・・・・・・」
丁寧な言葉が、やけに大胆に聞こえるよ・・・。

「どうしたんです?耳まで真っ赤ですよ」
「え、えーっと・・・・その」
「僕がつぐみを好きなことなんて、わかっていたでしょう?」
「・・・・・・・・・」

うううう・・・・。

T△T).。oO(ううううう・・・・w なんかSぽぃ発言が・・・妙にツボw)

名前を呼んで、っていったのはあたしだけど、
こんなに何度も呼び捨てされたら照れて死にそう・・・・・。


T△T).。oO(死にそうなのは、コッチだよw だって、ラブラブ過ぎて目が当てられんw)

「それに、その格好も素敵ですよ、つぐみ」 ←あ、ドレス着てるのw

瞬君が、握っていた手を片方放して、あたしの肩に触れた。

「見惚れてもいいですよね?つぐみ」

lエ`)b(1機死にました。)

「・・・・・・・・・・・・」

瞬君・・・・。
なんであたし、ただ見られているだけなのに、心臓が破裂しそうになっているのかな・・・。

「つぐみ。そうやって照れてるのも、綺麗です。」

lエ`)b(2機、墜落前のぐるぐるw)

あたしはなんて答えていいのかわからなくなって、
ただ大きく息をついた。

望みがかないすぎるってのも、結構コワイいかも。 (←そういう問題じゃないと思うw)

瞬君って、思ったより大胆だったのね・・・・。

あたしはもう、どうしていいのかわからなくて、ただ瞬君に手を握られ
見つめられているしかなかった。

恥ずかしくて、胸が苦しくて。

でも、幸せ、だった。




~~~執事が見る景色~~~大木視線♪




大木 「・・・・・・」(赤面+口が丸あきw)

あずまやから少し離れたところで作業をしていたオレは、
思わず口をぽかんとあけていた。

高口「・・・・・・・・」(こっちも赤面+口が丸開き)
誠吾もおなじだったようだ。

大木「・・・・おい。瞬って、あんなキャラだったっけ」
高口「いや・・・・全然、しらなかった」

誠吾も首を振る。
お嬢さんと瞬が、その・・・・うまくいったらしいってのは、なんとなくわかってた。

普通の執事とお嬢さん以上の関係だっていうことは、
みていれば雰囲気でわかる。

でも。

まさか、あずまやみたいに丸見えのところで、
あんなにぴったりくっついているとは思わなかった。

lエ`)b(中岡さんのときは、あーん、とかしたんだよwww)爆

てか、・・・・・瞬が。


あんなに、大胆なやつだったとはなぁ・・・。

高口「ま、いいんじゃないすかね」
誠吾は肩をすくめた。
「お嬢さんも・・・・、瞬も、幸せなら、それで」

大木「まあな。どうみても、幸せそうだもんな」

とはいえ。

あんまり人目につかないところでやってくれって、
一応あとで言っておくかな・・・・。

俺らはいいけど、樫原さんたちに叱られたら可哀想だし。

まぁ、ともかく。

好きな人と結ばれるのは、いいこっちゃ。

|д゚) (なぜ方言だよ大木!w)

よかったな、瞬。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、大木視線で終わりましたw


言ってもいいですか?


┻━┻ヘ(*゚Д゚)アマスギルゾ、テメエラ!(*゚Д゚)ノ====┳━┳~☆ (笑)


複数形ですからw

ひぃいいいひぃいいい。甘くて死ぬ。

そう思いながら読んでいたのですが、
冷静に考えると、まだ、大丈夫かw

つぐみ、って連呼しているのが面白いですwwなぜかw
名前呼べって言ったら、今度は連呼かYO!w
メールでも連呼してるしww

あずまやだったのが、中岡さんを想いだしました。
中岡さんにケーキを「あーん」は、まだ心臓破裂しなかったなぁ。

一番やばかったのは、一見普通の15日目の真壁のメールでしたww
サイトのときは、ウォルフとチェスをして、勝っただの、負けただの話だったのに、
メールでは
「~~~が可愛すぎるからいけないんだぞ」
なーんて、文が飛び出し、あやうく憤死するところでしたw

その文の後ろに「めっ!」ってついてなかっただけ、ましか・・・・(苦笑)
ま、真壁さんは、そんなことはいわないだろうけど。

(↑、こういう自分ツッコミしていると、ヒロインぽぃw)


あ~~~~!明日で、瞬が終わるや。

そしたら、山科さんだ・・・・。
まさに、ガクブルですなっ(爆)

瞬、思ったより、いい感じ。
14日の告白の日にやられました。
押さえるつぼは押さえてるな!
山科さんさえなければ、瞬は絶対にやらなかったでしょう。
でも、やってみて思ったこと。

|д゚)ノ やってみたら、わかることだって沢山アル。

意外と男っぽいところとか。
大胆仕様とか。
ストレートにラブラブなところは、大木に通じるかも。

だけど。

中岡さんの、純情青年大胆仕様を、青年から少年に変えたのが
瞬に当てはまるんじゃないですか?w

さすがは同じ服の趣味w
あずまやでのいちゃつきぶり、中岡さん~~って叫びたくなりました。

てか、大木の視点からので、「樫原さんたちに叱られたら」ってw
「たち」って複数形ですよね?(笑)

絶対、樫原さんと、真壁はセットですっ!(断言)
あと、山科さんにも見られちゃやばいんじゃなーい?w
山科さん、中岡のときに叱っていたしねw
山科さんは、よくあずまやで、遭遇するキャラだから、要注意だよ★


なーんて、思いつつ。
心は山科さんに、すでに飛び立とうとしてます。

山科さんの初恋の人になりたいですっ(大それた夢)

つーか、ポイントあるから、ドレスを先に買って、毎日ドレスで渡来しようかな♪

山科さんが終わったら、攻略対象がいなくなるから、
また真壁にもどるのだ★
今度は、スペシャルラブを目指すぞ♪

(結局、めぐりめぐって真壁、な私ww)
 | GAME:執/事/た/ち/の/恋/愛/事/情  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム