2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
赤い指  03/05/2008  
赤い指赤い指
(2006/07/25)
東野 圭吾

商品詳細を見る



『赤い指』 東野圭吾

直木賞をとる前はよく読んでいたんだけどな~。
久しぶりに東野圭吾。
他の東野作品を借りようと棚にいったら、
目的の本はなくて、この本があったので、
タイトルと装丁にひかれて借りてきました。

話は、警官の松宮側からの警察側の話と並行して
犯人の家族であり、隠蔽に関わる昭夫の側の話。

事の発端は、昭夫の息子の直巳が小学生の女の子を
自宅で絞殺してしまったことから始まる。
夫婦仲も良くなくて、昭夫の母、政恵は介護が必要になってきている。
(妻の八重子は息子の直巳を過保護に甘やかし、夫はネグレクト)
そんな中、昭夫が八重子からの電話で自宅に帰ると、
女の子が死んでいた。警察に自首するしかないと思う昭夫に、
妻の八重子は、息子を警察に突き出すなら殺す、隠蔽するしかないと脅す。
そして、昭夫はその女の子を公園のトイレに放置する。

もー、読んでいて、この昭夫の罪悪感の無さというか、
面倒くさいことは逃げてしまいたい、っていうところが
腹がたってしょうがなかったです。
ついでに、妻の八重子も息子の直巳を甘やかしてばっかりだし、
直巳は威張って悪態つくばっかりだし。
こんな家族いらないよな~と思ってしまったな。

まぁ、話は昭夫一家の隠蔽の話だけじゃなくて、
警官の松宮と、その従兄弟の加賀、そして、加賀の父の話におよび
親子の縁について考えさせられるサブストーリーつき。
昭夫一家の話が、あんまりにも無常で、そして親と子供っていったいなんだろうって
思うところが多かったのですが、その毒の強さ、後味の悪さにもまけず、
最後は、きちんとホロリと泣きそうな心温まるエピソード入りでした。

思うんだけど、東野さんの作品、って映画とかテレビとかに
非常にあっているよなぁ。世界観がそこまで濃くなくて、
ストーリーテーラーとして面白い。
話の展開や、間に挟むエピソードが上手い。
むむむ、って思いながら読んでいました。
この『赤い指』だったら、2時間の素人探偵物語みたいなドラマにぴったりだわ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
図書館で借りた本 | 作家〔ハ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/105-a6f7bfe2

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム