2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊

やっとこさ、読みました。
映画化されたね。

去年、読書ブログを通じて知り合いになった多読な方が、
2007年のBESTに挙げていることを知りながらも、
なんとなく、遠慮していた私。
「このミス」関係だと、なんというか、全て面白いっていう作品に
あたることが少なくくて、自分的にあたりはずれがあるって印象だったから。

それがまぁ、映画化されたとのことで、少し興味を持ち、
ついでに時間も出来て、なんとなく読書に浸りたいし~って
気持ちになったので、文庫で2冊、一気に買って読んでみました。

読んでみて思ったこと。

医療関係の勉強をしているせいか、かなり面白かった!
医療関係の用語が飛び散るのが、理解できるから面白いっていうのもあるけど、
一番はキャラがしっかりしていること。
そして、難解な謎であり、完璧なものが多いなか、
意表をつくような解決法でストーリーが流れていくこと。
そこには、ストーリーの面白さだけじゃなくて、鋭い人間観察が混じってて、
その辺りを読むのも楽しかったです。
この本を2007年のベストに選ぶ気持ちがわかる・・・。
確かに面白い。そして読み終わったあとも何かが残る。
買ってよかった。2冊かって1000円だったのですが、それだけ出す価値がある。

映画化では、竹内結子さんが田口医師で、とんでもない厚生省の役人の白鳥を
安部寛さんがやっている模様。白鳥が安部さんかー。トリック風で面白いかも(苦笑)
映画もぜひ見に行ってみたいです。
**おすすめbook!!** | 作家〔カ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://nutsmeg.blog107.fc2.com/tb.php/101-15e4439a

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム