2008 12 / 11 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
*******Until sleeping ~ look like moonloght *********

For YUYUMARU




―――、なんだか眠れない・・・・。


あたしは、ベッドの中で寝返りを打った。


掛け布団をぐるぐるにして抱きしめてみる。
目を開けたら・・・そのままずっと起きていそうだから、
ぎゅっとつぶってた。

寝付けない夜って・・・誰にでもあるっていうけど
どうして、こう、夜の遅い時間に眠れないって
孤独を感じさせるんだろう。

眠りに入るタイミングをはずしてしまった。


晶さんとおやすみなさいの挨拶をした後、
ベッドに入って、少し雑誌を読んで、
うとうとしていたから多分今日こそきちんと
眠れると思ったのに・・・・。
いざ眠ろうとしたら、なんだか目が覚めてくる。


目が覚めてくるのを気のせいだと思おうとして、
ずっと眠っているかのように
目を閉じてじっとしていたけど、だめ。
自分にはごまかしがきかない。
ぎゅっとつぶっていた目をうっすら開ける。


窓から、煌々と光る満月が見える。


月光が窓から、一筋の線になって部屋へ差し込む。
黒い雲が少しずつ晴れていって明るさが増してくる。




そうっと息を潜めてベッドから抜け出した。








・・・・・・・



コン、コン。



もうこんな時間だから、と思いながら、
隣の部屋のドアを遠慮がちにノックする。

(メールすればよかったかな)

携帯の着信音で眠りを妨げたくなくて。
直接、部屋のドアをノックした。
ちょっと待って、もしドアが開かなかったら、
自分の部屋に帰ろう。
そう思って、あたしはネグレジェの上に羽織った
カーディガンの前を合わせた。





がちゃ。


予想に反して、ドアはすぐ開いた。
濃紺の・・・・多分シルク素材のパジャマを着ている
晶さんが立っていた。

(今まで寝ていたのかな?)

胸元がはだけてて、少しだけ上着に皺がある。
目をパチパチさせている。


あ・・・・眠ってたの起こしちゃったんだ・・・・。


「あ・・・・晶さん、ごめんね?」

「つぐみちゃん・・・・?どうしたの?」

「あ・・・・・えっと・・・」

起こしちゃったんだ、と思わずごめんねと
部屋に帰ろうとしたんだけど。
晶さんのパジャマ姿から覗く胸元や
その少し・・・・眠っていたせいか
ぼんやりしている雰囲気に
なんだかドキッとしてしまって。

あたしは、言葉を詰まらせたまま固まってしまった。


ドキドキしてる。
晶さんのパジャマ姿、初めて見た・・・。
濃紺の布の光がすごく上品で似合ってて。
肩に羽織っているショールは温かそうな、深緑と濃紺の
チェック模様の柔らかい毛がうっすらとビロードのよう。
こんな時間で、あたし、さっきまですごく落ち着いてたのに、
晶さんに会った途端に、心臓がトクントクンって音を立てるのがわかる。


(逢えて・・・嬉しいから・・・)


言葉に詰まってもじもじしているあたしを晶さんがくすっと笑った。
さっきまで寝ていた人とは思えないほど、普通の晶さんだ。

もう、目が覚めちゃったんだね。


「眠れなかったの?」

「あ・・・う、うん。それで何か飲みたいなと思って晶さんに・・・」


・・・・ほんとはウソ。
眠れなかったから、晶さんに会いたくなっただけ。
ただそれだけのことなのに、あたし言えないんだ。


「とりあえず、中にお入りよ。廊下は冷えるから」

「う・・・うん」



あたしは晶さんに促されて、
晶さんの部屋に入った。


壁に立てかけられた描きかけの水彩画。
机の上に広げられたデッサンの本。
飾り棚にヴァイオリンが置かれている。
レコードが棚の中に飾られててレトロでステキ。


「えっと、こっちに座って、少し待ってて」

ソファにあたしを座らせたあと、肩にかけていたショールを
ソファの背もたれにかけ、晶さんはバスルームでパジャマを
軽く着替えて、部屋の外へさっと出て行った。


(さっきまで・・・・寝ていたはずなのに、晶さん・・・)


思わず、飲み物欲しいなんて言ってしまって。
ただ、一緒にいたいな、ってだけだったのに、晶さんに執事の仕事をさせてしまった。

(なんだか、悪いな・・・・)


ただ眠れなくて顔を見たかっただけだけど・・・。
そう思って、あたしはソファにもたれかかる。
ふと、そばにかけられた晶さんのショールがはらり、と落ちた。
ショールを拾うと、そこからほのかに晶さんの匂いがした。

(晶さんの匂いがする・・・・)


あたしと同じフレグラスをつけているから、晶さんの匂いはわかる。
同じの香りをつけても、晶さんとあたしの匂いは
似ているようで違う匂いになることも・・・
今のあたしは知ってる。


晶さんの肌の匂い・・・だ。

ふんわりと軽くて暖かいショールの触り心地がよくて思わず、顔をうずめた。
そして晶さんの匂いを嗅ぐように、ゆっくりと息を吸い込んだ。
眠れなくて、なぜか寂しい夜は、こんな暖かくて柔らかいものが無性に気持ちがいい・・・・。

あたしはショールを抱きしめたまま、目をそっと閉じた。




晶さんが部屋に帰ってくる音を待ちながら。




カタン





音がして、目を開けた。

晶さんが、右手に乳白色のカップを持っている。
温かそうな湯気が立っている。
その湯気の向こうで晶さんが優しく微笑んでカップをあたしに差し出す。
あたしは、両手でカップを受け取った。


「ココアだよ。眠れないなら、少し甘いものをお飲み」


甘い匂いが、部屋に漂う。

両手で包み込むように持つと、ココアの湯気が、あたしを温めてくれる。

「ありがとう、晶さん」

あたしは、温かいカップでぬくもりながら、ゆっくりと唇を縁につける。
すごく、甘い匂いに酔いしれながら。
晶さんがあたしの隣に座って、こっちを見つめている。


「甘さは控えめにしておいたよ」


その言葉と表情がとても優しくて、あたしはどきっとした。
少し赤くなったあたしを見て、晶さんがまたくすっと笑う。

思わず恥ずかしくなって、あたしは慌ててカップに目を落として、ゆっくりと飲み始めた。





こくん。





一口飲んでみてわかる。上品な甘さで、あとにひかない。
そして、ミルクの柔らかい味が、すごく・・・・美味しい。
あたしが飲む姿をじっと見ている晶さんが視界の横に入る。
見守られている中、こうやって飲んでいるのが妙に気恥ずかしい。


「お・・・美味しいよ、晶さん、ありがとう」


「どういたしまして」


にっこり笑うのが見える。


なんだか、こんな至近距離で見つめられてるのが恥ずかしくて、
あたしはドキドキしてて晶さんの顔を見れない。
もう・・・恋人同士になってしばらく経つけど
いまだに晶さんに見惚れてしまったり、見ているだけでドキドキしたり。



あたしは、いつだって晶さんに釘付けだ。


ゆっくりとココアを飲みながら、あたしはそっと晶さんを見る。
晶さんが微笑む。
なんだか、すごく・・・恥ずかしい・・・。
でも、幸せだと感じる。
どぎまぎしながら飲むココアは、なんだかこぼしそうになってしまう。
こうやって、一緒にいられるだけで、あたしは、すごく幸せ。
ココアも温かいけど、晶さんと一緒に過ごす時間も温かいよ。


「ごめんね、晶さん。こんな夜遅くに・・・・」

そうだった。
部屋に来た理由を言うのを忘れてた。

「いいよ。絵を描いてて、さっきまで起きていたから」

そう言いながら晶さんがこちら側の手を伸ばして
あたしの髪の毛を撫でてくれる。

晶さんは、2人っきりの時こうやって、あたしのことを甘やかす。
その恋人の時間が、あたしを蕩けさす。
思わずどきっとしたけど、羽を触るかのように優しくて軽く触る感触が、気持いい。
一筋、一筋、梳くように髪の毛の中を流れる指。
すごく優しい・・・・。

「ううん、せっかく寝たばかりなのに、起こしちゃって・・・・。飲み物まで作らせてごめんね」

思わず気持ちよさで、ココアを飲むのをやめてしまった。
そのまま、ココアをゆっくりサイドテーブルに置いた。

すぐそばに座る晶さんの肩に頭をのせて甘えた。
晶さんの肩から、晶さんの匂いがする。
あたしの口の中のココアの甘い匂いとは違う匂いが、鼻腔をつく。


「いいんだ。これは恋人としての僕の優しさだよ」

・・・こんな甘い言葉が似合う人をあたしは、1人しか知らない。
このココアより、すごく甘い言葉だよ晶さん・・・・。

「晶さん」

そう言って、顔をあげると、晶さんの優しい顔がそこにある。
その瞳がとても優しくて、あたしは胸が一杯になる。
目をそっとつぶって、晶さんに軽くキスをした。

「お礼のキス」

一瞬だけで唇を離すと、晶さんと瞳がきらりと光るのが見え、今度は晶さんがぐっとキスをしてきた。

「っ・・・・・」

味わうように晶さんの唇が何度もあたしの唇をついばむ。

「・・・・甘い味がする」

何度目かのキスの合間に晶さんが呟く。
余裕あるような誘惑してくる口調がまたあたしの心をドキッとさせる。


「美味しい?」


「うん、美味しいよ」

目をつぶったまま、キスを味わう。呟くように聞こえる声が心地いい。

「よかった」

何度もキスをしながら、会話をする。
晶さんがあたしの髪の毛を撫でる。
こうやってキスをしながらお話しちゃうって・・・・ずっと憧れてた。


「眠れなかったの?」

「・・・うん」

何度も何度も、晶さんとキスをしても、こういう甘い雰囲気には、ドキドキしちゃう。

「なんだか、目が覚めちゃって」
「そのまま1人で起きているのが寂しくなったの」

不意にキスが止んで、目を開けたら、晶さんが微笑んでいた。
誘惑するかのように目が魅惑的に輝いて―――。


そして耳元で囁いた。


「じゃあ、2人で一緒に起きていようか?」

いたずらっ子ぽく囁く晶さんが可愛らしくて。
あたしは、くすっと笑った

「今日は月が綺麗な晩だから、2人で起きているのも悪くない」

そんな素敵な提案をしてくる晶さんが本当に・・・・とても、好き。

「ちょっと待ってて」

そう言って、晶さんが部屋の飾り棚をあけてオーディオにスイッチを入れた。
音楽を流れ始める。部屋に小さな音でピアノの音が響く。


そして、カーテンを開けた。
窓の外に、ぽっかりと浮かぶ月が見える。


「これ、聴いたことがある・・・・」


「ドビュッシーの月の光だよ」


そばに戻ってきた晶さんが、あたしの上半身をゆっくり倒して、
自分の膝にあたしの頭を乗せる。
晶さんがゆっくりと膝枕したあたしの髪の毛を撫でる。

「こんな夜には、ぴったりだろう」


静かに、ひっそりと聴こえる。少し切ないメロディが部屋の中を踊るように、月の光と共に満たしていくのがわかる。


2人で眺める先には、窓の外に満月。
耳を撫でる、優しいピアノの音。
髪の毛を撫でる手は優しくて大きくて、細くて・・・・そして温かい。
あたしはその温かさに、うっとりした。


あたしは、晶さんと今ここで一緒の時間を過ごしていることがとても、幸せだと感じる。
そのことを伝えたくて、ちょっとだけ目線をあげると晶さんの顔が下から見えた。
少しだけ目を細めてる。かすかに聴こえる。晶さんが曲にのせて歌っているハミング。
その小さな音すら聞き逃したくなくてあたしは話すのをやめて、そっと息を潜めた。


「眠くなったら、寝てもいいんだよ、つぐみ」

そう優しい声が聞こえる。

「まだ、眠らないもん」

思わず駄々っ子のように言う。晶さんがくすっと笑う。

「それでは、君が眠りにつくまでの時間を、この僕にくださいますか、レディ?」

返事をする代わりに、髪の毛を撫でていた晶さんの手を掴んで、あたしの頬に押し当てた。

晶さんの手の感触。
ふんわりと温かい。
それを包み込んだ。


「ええ。もちろんですわ、あたしの王子様」

頬に当てている手が温かい。あたしの頬も・・・・きっと赤くなって温かいはず。


ふっと笑う気配がした。


掴まれた手と反対の手で、晶さんが膝に置かれたあたしの髪の毛をかきあげて、耳元で優しく囁いた。


「今は膝で我慢して」


「君が大人になったら、一緒にベッドで月を眺めよう」


その言葉の意味に、あたしの心臓はどきっとする。でも、・・・・・それも悪くない。


「うん・・・・きっと、約束ね」


聞こえなくたっていい。小さい声で呟いた。
あたしの頬に包み込むように置かれた晶さんの手が、親指だけ動かして、撫でる。
かすかな動きでさえ、愛を感じるのは、本当に、晶さんがあたしのことを大事にしてくれてるからだと思う。
頭をのせている晶さんの膝からも、晶さんの匂いがしてくる。


頬を包む手からも。
そっと、あたしの肩にかけられた晶さんのショールからも。

あたしは、幸せ一杯になって、そうっと目を閉じた。

眠りに吸い込まれる、ちょっと前の瞬間・・・・
晶さんがゆっくりと小さな声で囁くのが聞こえる。


「おやすみ、つぐみ」



その呟きがとても優しくて。
そして切なくて。胸が一杯なって・・・。






あたしは、優しい眠りに落ちた。











*******Until sleeping ~ look like moonloght Fin. *********




スポンサーサイト
 | Novel  | Page Top↑
******* 恋愛写真 **********

 ~ Beautiful Butterfly ~






俺の心の中には、1冊のアルバムがある。

そのアルバムの名前は「つぐみ」。
この九条院家のお嬢様のお名前だ。

そして、俺の想い人。

アルバムの中には、俺がこれまで見てきた
彼女の写真が収められている。
専属執事として傍についている分だけ、
毎日、そのアルバムに写真は増えていく。


朝起こしにいったときの無造作な寝顔。
眠気眼をこする子どものような仕草。
おはよう、と微笑むときの優しい顔。
パジャマの姿を恥ずかしがる背中。
制服のリボンを結ぶときの凛とした表情。
髪の毛を梳かす鏡越しの顔。
並んで歩くときの彼女の華奢で細い肩。
教室で友達といる時の楽しそうな横顔。
俺を見つけて、すぐさま飛んでくる可愛い姿。
靴を履こうとして、うずくまったときに流れる髪の毛。
お茶のときにカップを持つ小さくて細い指。
飲むときに、こくんと動く、白くて小さな喉。
盗み見る綺麗なエッジを描く横顔のライン。
庭の咲き乱れる花を見つめて瞬きする睫毛の作る影。
考え事をするときにひじを突いて顎を乗せる仕草。
何かを語ろうとするときにゆっくりと開けられる唇。


そして、時々俺を見つめて微笑むときの優しい瞳。
眠る前にキスをねだって閉じられた瞼。


どれもこれも。
あまりにも、俺の心を奪うものだから、
心の中でシャッターを切らずにおれない。
俺だけが知っている彼女の1つ1つ。
ちょっとした仕草でさえ愛しい。


今、少女から女性に変わろうとしている彼女。

さなぎから蝶に変わる1人の女の子の傍にいて
成長という名のラインで、日々変化する、
その綺麗さ、儚さ、そして女らしさに
俺は感動し、切望する。

蜘蛛のように、その蝶を捕らえてしまいたい。
そして、その美しい羽を折って食べてしまいたい。


君は気づいているんだろか?
俺がこんな欲望を持っていることを。

ただ、優しい男だと俺のことを思っているのなら
それは大きな間違いだ。

本当の俺は、独占欲もあって、
そして、黒々としたものも胸に秘めている。
でも、これまで生きてきた年数で、
俺はその姿を君の前から隠すことができる。
隠して、君の傍で居続ける。
いつか、君を捕らえようと心の奥底で望みながら。

君を捕らえてしまいたい衝動に駆られたとき、
俺は心の中でシャッターを切る。
捕らえることができないのなら、
せめて、その姿を永遠に心に焼き付けようと思って。

君が美しい羽を持っている蝶だ。
その美しい金粉を撒き散らし、
“女”であることを匂わせる。

その匂いに酔いしれながら
俺は君が傍にいてくれることに
心の底から、幸せを感じるんだ。

君が微笑むだけで、俺がどれだけ心を震わすか
わかっているんだろうか?

その1つ1つの仕草が
たまらなく、俺の心を幸せにするんだよ。
揺さぶられて、見境がつかなくなる。

だけど、たまに幸せすぎて、
それをもっと完璧に自分のものにしたくて、
「終わり」にしたくなる。

自分の手で「終わり」にしてしまえば、
それは、もう誰からも奪われることのない時間だから。
幸せな時間、と名づけて、それを永遠に保存できるから。


「終わり」がいつ来るのか、怯えなくてすむ。


その美しい蝶の飛ぶ姿を
ずっと見守っていきたいという想いと、
どこかへ飛んでいってしまうのなら
今すぐ捕らえて、ここで俺の手で
その美しい羽をもぎ取ってしまいたい衝動。


2つの気持ちのどちらも、俺の心だ。

こんな俺の心を君に伝えたなら、君はどう答えるだろう?


こんな気持ちを―――、こんな矛盾した俺を、
いつか君に見せることができるだろうか。


「執事でなくなろうとも、おそばにおります」


その言葉は君をずっと見つめておきたいが為。

俺がいないところで、
こんなに愛らしくて美しい存在が
息をしていることが許しがたい。

見ていないところへいってしまうくらいなら、
今すぐ俺のものにしてしまいたい。
傍にいられないのなら、今すぐ――-。






「-----中岡さん・・・?」



気づくと、彼女が俺の腕に手をかけてきて、こちらを見ていた。
覗き込むように、俺の瞳を見つめている。

もう片手には、屋敷に滞在している客人からの贈り物、
色とりどりのチューリップの花。
これを飾ろうと、彼女が花瓶を選んでいたところだった。


「どうしたの?」


贈り物に嫉妬して、俺は自分の世界にいたのか。
もしかしたら、表情にも怪訝な様子が出ていたのかもしれない。

こんな黒い気持ちを彼女に気づかれたくなくて、
すっと表情を整えて彼女に微笑み、
冗談交じりで、彼女に甘い言葉を囁く。

「あんまりにも可愛いから、その姿を写真に撮りたいなって思ったんだ」

じっと見つめて、彼女に告げると、すぐ頬が赤くなる。


彼女は俺のことが好きだ。


こうやって確認しながらも、俺の心は震える。
でも、今日の彼女は赤い顔をしながら、
少しきっぱりと予想もしていなかった言葉を言った。



「いやよ」


「え?」


「だって、写真になってしまったら、なんだか遠いよ、久志さんから」


「・・・・・・」


その言葉の意味があまりよくわからなくて黙ってしまった俺に、彼女が微笑みながら言葉を続ける。


「あたしは、ずっと久志さんの傍にいるの。だから、写真なんて必要ないでしょ?」


そう、首をちょっとだけ傾げて言う。


「写真に写ったあたしを見るより、いつも傍にいるあたしを見つめていればいい」


自信満々で、目をキラキラ輝かせて言う君。
言った後で、自分の言葉の大胆さに赤くなる頬。


君は今、自分の口から未来を語ったのをわかっているか?


この姿に、俺はまた心の中で夢中にシャッターを切る。
これでまた、アルバムの写真が増えた。




君は何もわかってないよ。

どれだけ、俺が君を、
君の全てを愛してるか。


参ったな。
こんなに君を好きになってるなんて。
あんまり、俺を喜ばせないでくれ。


君を好きになりすぎるから。



「つぐみ・・・」



胸の奥からあふれてくる愛しさと、切なさで、俺は彼女をゆっくりと抱きしめた。


いきなり抱きしめた俺の手を振り解かずに君は、
手に握ったチューリップを傍に置いて、
そっと俺の背中に手を回してくる。


胸に頬擦りしてくる彼女。
華奢で、細くて、小さくて。
その身体中、舐めまわしたいほど愛しい。



どこかへいってしまわないでくれ。
ずっと傍にいてくれ。

そう、心の中で呪文のように唱えながら。











願わくは、彼女が死ぬときまで、
俺が彼女の傍にいられますように―――。






















時よ、止まれ。



今、この瞬間が永遠になれ。

















そう、強く祈りながら。


俺は自分と彼女の姿に心のシャッターを切った。














********** 恋愛写真  Fin . ********
 | Novel  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム