2008 02 / 01 last month≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
クローバー  02/17/2008  
クローバークローバー
(2007/11)
島本 理生

商品詳細を見る


『クローバー』島本理生

大学生の双子の姉弟、華子と冬冶が、
それぞれの恋と出会い、自分の道を歩いていく物語。
題名のクローバーは、華子と冬治の家族の例えから。
地味で真面目な父親と、その父親に似た華子と冬治の双子。
その3人だけなら、普通の3つばのクローバーのようなのに、
華やかで、そして美人で目を引く母親が加わったら、
なんだか別な植物のように、そう4枚目の葉っぱのように、
特別な幸運のクローバーになる。
魅力的で周りをふりまわすだけの見えない力のある母親が
華子のコンプレックスのもとであり、その華子に振り回される
冬治も母親の影響から逃れられなく。
作品中に母親はそんなに出てこないんだけどね。

大学生の華子は、作りすぎるぐらいに自分を作って、
髪の先から足先まで着飾らなくては気がすまない女の子。
見栄っ張りで意地っ張りで、そして高飛車で、我侭。
対する冬治は華子に振り回され、地味目で、物理学に興味があって、
過去の手痛い失恋で恋に臆病で、そしてやたらに“優しい”男。
前半は華子の恋物語なんだけど、後半は冬治の恋の話だった。

なんかなー。華子のコンプレックスが強すぎて
あまりにも自分を作りに作りすぎてしまう自意識過剰なのって、
よくわかるんだけど、その痛さっていうのが、そこまで、っていうか。
中途半端だというか。生ぬるい気がした。
ついでに、冬治の長所も短所も一緒になっているような
生ぬるいところとか、煮え切らないところとか。
読んでいてイライラしたけど、最後あたりで、冬治が変わっていくのは
なかなか良かった。
「本気で人を好きになれない症候群のもがき」っていうのが、
ものすごく象徴的に書かれてて、よくわかるような一冊でした。
もっともがいとれ~、とか思いはするのだけど、人を好きになるって
自動的に働くことだったらスグサマ発動オン!なんだけど、
自分から能動的に働きかけて、誰かを好きになろうと試みた時、
意外と苦戦するものだよなぁとか思ったりして。
冬治が昔の恋の反省を踏まえつつ、新たな一歩を踏み出すのは良かった。

主人公の二人には煮え切らないような気持ちになったのだけど、
反して、華子を愛し続ける熊野さんは良かった。
もてないけれど好きでい続ける、断られても求愛しつづける図々しさや、
割と神経が太いところとか、悪態つかれてもこたえないところとか(苦笑)
公務員である特権をあれこれと振りかざしつつも、
本当に「それらしい」熊野さんの割り切りは気持ちよかったなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
図書館で借りた本 | 島本理生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
ぬしさまへ  02/16/2008  
ぬしさまへ (新潮文庫)ぬしさまへ (新潮文庫)
(2005/11/26)
畠中 恵

商品詳細を見る



『ぬしさまへ』畠中恵

「しゃばけ」シリーズの2作目。

初「しゃばけ」シリーズ読!
なぜ、2作目から読んだかというと、
単に図書館に「しゃばけ」がなかったから(苦笑)
なぜ、「しゃばけ」がなくて、他のシリーズ作があるんだ?って思う。
図書館の棚、不思議だよ。
どうせなら、シリーズ1から買ってくれよ。

今月号のダヴィンチで、しゃばけの特集が組まれているのを読んで、
意外と面白いかもしれないと思い、文庫本が出てはいるけど、
とりあえず図書館で借りてきてみた。
読書好きな友人二人からも薦められていたんだけどね。

読んでみて思ったこと。

この世界観、好きだ~!

時代物だったら、宮部みゆきの時代物も凄く好きなんだけど、
あっちはどちらかというと、苦いミステリー物が多くて。
人情物だと長編になってしまう。長編も面白いけど、
妖なんて出てこないし。
意外とはまりそうな予感です。

主人公の若だんなが良い。育ちが良いし利発。
だけども体が弱い。天は二物を与えず。ってところか?と思いつつ。
体が弱いけれども、いつかは天下の長崎屋を継がなくては
ならない身だからこそ、奉公人とか、あちらこちら自分が
気が付いたところから声をかけて、周囲の人々を大事にする若だんなに
なんだかほっこりした気持ちにさせてもらった。

「ぬしさまへ」で一番すきなのは、『仁吉の思い人』。
1000年にわたる片思いを見守る仁吉の語りが切なかった。
仁吉の思い人の妖、吉野と、人間の鈴宮の恋物語。
鈴宮が死んでも、また100年後、200年後に出会いを約束した運命の恋。
思い人の傍で、彼女が思い人と出会う時まで寄り添い続けるって
凄く強い思いだなぁと思った。吉野と鈴宮だけの愛だけじゃなくて、
その傍にありながらも、ずっと叶わないままの千年の片思い。
初のしゃばけシリーズ読破でありながら、この連作短編で、
仁吉に惚れてしまったなぁ。いい男だー。
美形であるとかいう容姿云々は抜きにして。

ブログランキング・にほんブログ村へ

紹介したい本 | 作家〔ハ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
ブラックペアン1988  02/15/2008  
ブラックペアン1988ブラックペアン1988
(2007/09/21)
海堂 尊

商品詳細を見る


『ブラックペアン1988』 海堂尊

『チーム・バチスタの栄光』が面白かったので、
しばらくこの作家にはまってみようーと、借りてきてみた。

バチスタの時に出てきた高階院長が
東城大学付属病院に赴任してきた当時の話。
主人公は、高階さんじゃなく、医者になりたて研修医1年の外科医、世良。

医学物なので、読んでいてあれこれと専門用語が出てくるんだけど、
でも、ストーリーの中で追求していることは同じ。
医者としての倫理観とか、医療に対する心持とか。
1988年って昭和63年のことらしい。
そのころって、確かまだ小学生だったなぁ自分。
その懐かしい時代の空気を漂わせている作品でした。

タイトルにもなった「ブラックペアン」。
これって、医療器具の1種だよね。
なんか、いろんな医療器具の名前が飛び交う作品だったので、
極めつけの場面で使われたブラックペアンが最初想像できなくて、
少し話についていけなかったりもしました。

医療ミスで腹部に残っている医療器具の謎。
思わず、謎が解けた時にむむむーと唸ってしまいました。
医療を施すものとして、手術の技術さえよければいいと思っている人物とか、
医者になれず結局手術技術者にしかなれないとか。
患者に癌を告知するとか、患者の側に立った医療とか、
インフォームドコンセントとか、そんな身近な話題も多く、
意外と、今の時代でも通じるような話題だと思います。

チームバチスタみたいな大きな謎と殺人の話ではない地味な話だけど、
主人公の世良の医療人としての心持とか、医者として成長していく姿とか、
医者と患者の関係など、興味深く読み進めることが出来ました。

もうちょっと時間を置いて、また病院で働くようになったころに
もしくは不意な疾病で入院生活を強いられるようになったりとかしたら、
読み返したい一冊です。
**おすすめbook!!** | 作家〔カ〕行  | TB(1)  | CM(0) | Page Top↑
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊

やっとこさ、読みました。
映画化されたね。

去年、読書ブログを通じて知り合いになった多読な方が、
2007年のBESTに挙げていることを知りながらも、
なんとなく、遠慮していた私。
「このミス」関係だと、なんというか、全て面白いっていう作品に
あたることが少なくくて、自分的にあたりはずれがあるって印象だったから。

それがまぁ、映画化されたとのことで、少し興味を持ち、
ついでに時間も出来て、なんとなく読書に浸りたいし~って
気持ちになったので、文庫で2冊、一気に買って読んでみました。

読んでみて思ったこと。

医療関係の勉強をしているせいか、かなり面白かった!
医療関係の用語が飛び散るのが、理解できるから面白いっていうのもあるけど、
一番はキャラがしっかりしていること。
そして、難解な謎であり、完璧なものが多いなか、
意表をつくような解決法でストーリーが流れていくこと。
そこには、ストーリーの面白さだけじゃなくて、鋭い人間観察が混じってて、
その辺りを読むのも楽しかったです。
この本を2007年のベストに選ぶ気持ちがわかる・・・。
確かに面白い。そして読み終わったあとも何かが残る。
買ってよかった。2冊かって1000円だったのですが、それだけ出す価値がある。

映画化では、竹内結子さんが田口医師で、とんでもない厚生省の役人の白鳥を
安部寛さんがやっている模様。白鳥が安部さんかー。トリック風で面白いかも(苦笑)
映画もぜひ見に行ってみたいです。
**おすすめbook!!** | 作家〔カ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
正義のミカタ  02/01/2008  
正義のミカタ―I’m a loser正義のミカタ―I’m a loser
(2007/05)
本多 孝好

商品詳細を見る


『正義のミカタ』 本田孝好

久しぶりに面白い本を読みました。
表紙からして、いかにも、真面目で運動できなくていじめられっこみたいな
不思議なマントに腕組み写真なのですが、この表紙よく出来てる(笑)
この表紙が、内容をよーく表しています。

主人公は、すっごいイジメラレッコの蓮見亮太。
ひどいイジメだった高校生活を終えて、彼が大学に入り、
そこで新たな人生の一歩を踏み出すところから話が始まります。

んでもって、大学デビューを目指し、脱イジメラレッコを誓った彼は、
のっけから高校時代のいじめっ子と再会を果たし(!?)、
またもやいじめられっこ人生に舞い戻りか・・・と思いきや。

飛鳥大学の「正義の味方研究部」 、素敵でした。
正義の味方って、なんだろう。
正義っていったいなんなんだろう。
大義名分で振りかざす正義ってあるのだろうか。
自分の「正義」とか?

そんなことを、軽く楽しく進んでいるストーリーの中で
考えさせられました。

あたしとしては、登場人物で気に入ってるのは、トモイチ。
ボクシングのインターハイ三連覇の凄い実力ながら、
筋肉馬鹿で童貞で、んでもって、本人曰く「金ぴかの童貞」と評するところが
かなり好きです。あほだな~、あほだけど、面白い(笑)
喧嘩に強いところもいい。

かなり、楽しく読めた一冊でした。
本の雑誌での書評を読んで気になっていた本だけど、
ようやく図書館で借りれて嬉しかったです。
 | 作家〔ハ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム