2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ヴァンパイア騎士  03/03/2009  
ヴァンパイア騎士 1 (1) (花とゆめCOMICS)ヴァンパイア騎士 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2005/07/05)
樋野 まつり

商品詳細を見る


レンタル屋さんで借りてきました。

が!

絵がものすごく好みだし、話も大好きなんで、
揃えてしまいたい・・・・!って思ってます。

純潔の枢が、実際は悪いこともしちゃうし、策略家で腹黒(!!)なんだけど、
優姫の前だけでは本当の自分の姿をさらけ出してて、
その弱さとか、何を変えても優姫を守る姿には・・・・、メロメロです。

とはいっても、零も捨てがたい~!

あんなにも、吸血鬼を憎んでいる吸血鬼ハンターでありながらも、
自らも吸血鬼になってしまう、ところとか。
零が優姫の血をすするところとか、ほのかにエロティックで、
毎回ドキドキしてました。

優姫と枢の両親の話は、すごく好きでした。
樹里と悠の話。悠の語りで、泣いてしまいました。
ずっと一緒に居て、幸せだった、とか、
そんな優しい言葉、ほんと、あのシーンでは号泣です。

今のところ、第一部が終わったのかな?
どんな展開になるのか、わからないけど、
最後には枢とくっついてほしいな~と思ってます。
コミックで読んでいるので、新刊が待ち遠しいです。

確かDS版でも出てると思うし、アニメにもなったと思うのだけど・・・、
映像の方は未チェック。

コミックの絵、白黒なのがいいとおもうんだけどw
色付きだったら、零の髪の毛とか白になっちゃうじゃん?!(笑)
枢様の目の色が紫なのは、大歓迎だけどさww

スポンサーサイト
 | マンガ・コミック  | Page Top↑
学園アリス  03/03/2009  
学園アリス (1) (花とゆめCOMICS (2469))学園アリス (1) (花とゆめCOMICS (2469))
(2003/02/19)
樋口 橘

商品詳細を見る


お~、一巻とは、懐かしやw

現在17巻まで刊行ちゅ。

レンタル屋さんで貸し漫画をしていたので、それで読みました。
面白すぎて、集めてしまおうか!と思ったほどw

もともと、漫画は全然買わないので、もし買ったとしたら、
かなりのはまりようですw
ちなみに、2008年は、黒執事とちはやふる、の単行本を買いましたw
学園アリスも買ってもいいかな~。

キャラとしては、あたしは断然、ベアが好きです。
だって、お人形さん、可愛いんだもん!
凶暴なクマ。なんて、かなりのツボです。
アンティークベアの型紙本に、ベアと似たような体つきの子があったので、
自分用のベアを作ってしまおうか!と思ってますw
つーか、漫画のキャラとか、ストーリーにはまる、っていうより、
断然、ベアの活躍ばっかり見てる自分って・・・ww

絵としては、棗が好きw
棗、切ないですね~。
死なないか、いつも心配してます。
つーか、小6ぐらいなんですよね、あの子達。

今、母親の柚香のところをやってるはずなんで、
今後どう動くのかが楽しみ。
2~4巻とかの、学園生活、学園祭とか、そういうのも面白かったんだけどな。
学園を出ちゃうんでしょうかね。

あと、高等部の校長先生(年を止めてるけど、50歳と思わなければカッコいいw)。
あの校長先生の顔が、ものすごく好きです。
中身は老人だとしてもw

蛍と、その兄の話は、いつ読んでも泣けます。
なんか、すごく切なくて。
サイドストーリーで出てくる、高等部メンバーの話も好きです。

学園アリスって、最初読む前は、そこまで評判とか聞いたことがなかったんだけど、
なんか読んでいるうちに、この本に出てくるキャラの純粋さ、とか、
まっすぐな思いとか、そういうのが、非常に胸にひしひしと感じました。
だからかな。小学生ぐらいの話と思って読んでいても、
すごく共感しちゃうんだよね。そして泣いてしまうwww

棗が死にませんように。。
これは、雑誌では読んでなくて、コミック派なので、次の発売が楽しみです。


 | マンガ・コミック  | Page Top↑
幸福喫茶3丁目  03/02/2009  
幸福喫茶3丁目 1 (1) (花とゆめCOMICS)幸福喫茶3丁目 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2005/07/19)
松月 滉

商品詳細を見る


喫茶店ボヌールでアルバイトする高校生の潤、
無口で無愛想だけど、ケーキはすっごく美味しい新藤さん、
美少年だけど天然キャラ?しょっちゅう寝てしまう一郎くんの3人が中心なお話。

お店ボヌールを中心に、色んなお客さんが来るし、
潤、新藤さん、一郎くんの絡みとかも面白いw
結構、あったかい話が多いので、涙ほろりとまではいかなくても、
読んでいて、幸せになる話が多いですw

あたしが一番お気に入りなのは新藤さんw
無愛想なんだけど、実は優しいってとこが、もろツボw
ケーキ作りが上手いっていうのも、ポイント高い!
あたし自身、お菓子作りが好きなので、
ボヌールにまじで行きたいって思います。
潤にクッキー作りを教えるところとかよかったな~!

あと、お気に入りのキャラとしては、一郎くんの弟の次郎君w
無愛想だし、あんまり笑わないんだけど、
そういうところが良いw 幼稚園児だけどさ(笑)

近所の和菓子屋さんの柏さんとこ兄弟も好きw
兄が軟派で、弟が恥ずかしがりやな硬派ってとこがw
弟が潤に告りそうになって、いつもすかされてしまうとこが、
可哀想に思いつつ、笑ってしまいます。

潤は是非新藤さんとくっついて欲しいな♪

ヲタ的腐女子日記 | マンガ・コミック  | Page Top↑
花ざかりの君たちへ  03/02/2009  
花ざかりの君たちへ (1) (花とゆめCOMICS)花ざかりの君たちへ (1) (花とゆめCOMICS)
(1997/04)
中条 比紗也

商品詳細を見る


テレビでやっていたのを、知らんかった・・・!(爆)

たまたま、「ドラマ化もしたよ~すごく面白くて毎週見てた」と
友人から勧められたのをきっかけに、原作を読みました。

読み始めたら、23巻まで長かったけど、結構ぱーっと読んだかな。

途中、ダルダルなところがあって、
最後の終わり方とか、「はあ?( ゚Å゚) 」って感じだったんですが、
それでも、無事に終わってくれて安心しましたw


あたしは、完結している漫画が好きなんだ!!(爆)

完結してから、読みたい派、なんでw
完結していない話とかだったら、読み始めて夢中になると、
次の話が待ちきれなくて、うずうずしちゃうんですよね~ww
それが、漫画を読む楽しみだといえばそうなんだけどーw

・・・・・・・・・話を戻して。

佐野、カッコいいです!

特に最初のほうの絵では・・・、ものすごくカッコいいw
最後のほうで絵が変わってしまうのが・・・、残念。
最初の10巻ぐらいが、ものすごく面白かった。
佐野もかっこよかったしw

色っぽくて、エロい、セクシーダイナマイトな写真モデルとか、
ほんと、美味しかったですww
モデルの話のところで、嫉妬の炎があがるとことか、
クリスマスのダンパのときに、2人で踊ってしまうところとか、
修学旅行で北海道なところとか、そこら辺が一番好きです。

佐野がいつも、悶々としているときに
シャワーを浴びて、そこで、自分の気持に悟ってしまうのが定番で、
そのシーンがくると、いつもドキドキしてましたw
独占欲強いところもいい!w(爆)
男前なんだけど、ああいう、さりげない優しさがあるところとか。

瑞稀が好きになるのもわかるなぁ。

一緒のベッドで寝ちゃうときの、悶々とした佐野が可愛らしくて好きでしたw

ドラマ、まだみてないんですよね~。
小栗旬が佐野、なんですよね。
んー、あたしとしては、水嶋ヒロに佐野をやって欲しかったwww
だって、佐野って色っぽいんだよ~。
まぁ、小栗旬が悪いって訳じゃないし、
とりあえず、DVDで観てみてからw

 | マンガ・コミック  | Page Top↑
ちはやふる  03/02/2009  
ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス) (Be・Loveコミックス)ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


最近、一番はまってる漫画、『ちはやふる』。

競技カルタの世界を描いているんだけど、
人物設定がすき。
ストーリーも、なんか恋愛とか、ちょっとしか出てこないんだけど、
そういう、ちょっとしたので、ほわ~んってなってしまってますw

雑誌まで買おうかと思うほど好きw
毎月1日と15日が楽しみ。
現在3巻まで刊行。3月13日に4巻が出る!

末次さん、しばらく休筆してて、復活してきてから・・・、
いったいどうなんだろう?って思ってたんだけど、
とりあえず、良い作品を書き始めたので安心しました。
この作品は、完結してほしいです。
無事に最後まで書き続けてね~。

うちの恋人、りすざるさんも、「ちはやふる」を読ませてて、
引越し掃除のときに、ささっと雑巾かけをするあたしをみて、
「ちはやか?ww」と、あほなことを言っておりましたw

あたしは、断然、綿谷新が好きです、ビジュアル的にw
ただ、性格とか、いろんなことを総合してみるに、太一も捨てがたい~。
てか、太一を選ばなかったら、マジ可哀想ですから。。。

もともと、百人一首とか、古典とか、和歌とか大好きなんで、
そこら辺も、萌えポイントなあたし。
『瀬をはやみ』の歌は、非常にね、いいですね~。
三島由紀夫の『春雪』でも、この和歌が使われてました。
ちはやと新、太一の三角関係から、目が離せません♪


 | マンガ・コミック  | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム