2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
建てて、いい?  10/22/2007  
建てて、いい?建てて、いい?
(2007/04/06)
中島 たい子

商品詳細を見る


『建てて、いい?』 中島たい子

先日の『漢方小説』が気に入ったので、
中島たい子の別の作品を図書館で借りてきた。
こちらも主人公は独身の30代女性。
(彼氏いないし、結婚予定無し)

ストーリーは主人公がタイトルどおり、
独身女性が家を建てる決心をして、
そしてそれを敢行する話。
建てていい?なんて質問系なのは、
家を建てる関して、外野がウルサイから。

家を建てるキッカケになったのは
見合い相手がたまたま建築設計士だったから。
そして、どこかに自分が落ち着く場所が欲しかったから。
自分の場所が欲しかった、って理由で
おうちを建てるには、かなり資金的にも大きいし、
支払いとか、これから一人で生きていく人生には
リスクが高いような気もするのだけど、
でも、払った分だけ、自分で自分の居場所を確保できる。

自分だけの家。
自分サイズの家。
一人で生きていくって堅い決意を持っているわけじゃないけど
でも、多分その可能性が高い、ならば、
この人生をキチンと自分で作っていこうっていう
意思が現れていると思う。

それにしても、主人公が家を建てる決心をするにあたって、
ハウスメーカーを見学にいく場面があって、
そこで、アンケートを書かされるものの、
入居者予定の欄に、独身女性、という項目が無くて
戸惑う面がある。全て家族仕様なのか、って驚くところや。
世間一般で『家』というと、家族で住むのが一般的で
他の仕様などなくて、家は家族で住むものとしてみなされてて、
そこに女一人で、なんて視点はないこと。
けして差別ではないのだけど、頭からすっぽり抜け落ちてて
そんな生き方をする人の存在は、(プラス家を作るなんて状況は)
普通はあまり考えられていないという現状。

一人で生きていくのは大変だ、という人は多いのだけど、
大変なのは、少なからず周りの環境が対応していないからじゃないか。
なんて考えてしまった。
一人で生きていくのは生きていきにくい世界。
最近「おひとりさまの老後」たる本が発売されてるけど、
それも読んでみたいな、って思った。

あと、面白いなって思ったのは、建築士がいう言葉。
家を建てる相談をしてくる人っていうのが、
『土日は家族で家で楽しく過ごす』っていう人、
家を建てたらずっと家にいなくてはいけない、って思う人が多いってこと。
せっかく家を建てるなら、って自分の生活にあった未来予想図じゃなくて、
こうしたい、っていう理想の生活を語ってしまうものの、
実際家を建てたとしても、ライフスタイルが変わるわけじゃなく、
結局はそう意気込んでしまった人の家ほど、電気がついているのをみないこと。

家を建てる、ってそんなに家族中心な理想を掲げないといけないような
雰囲気なんだろうか。私は結婚してないから、そこら辺がわからないや。
少し想像はつくけど。

ストーリーの内容はそれくらいにして。

これを読んで思ったこと。
家を建てるって楽しそうだ。
楽しい、ってもんじゃなくて、自分サイズの家が持てるって
設計とか、あれこれ考えるだけでワクワクしてくる。
実家の一軒屋を建てる時に、もう物心付いていた頃だったから、
親があれこれと設計士と相談していた姿を思い出す。
まだ子供だったから、どんな家に住みたい、っていうような
ことよりも、自分の部屋が持てるかどうかが問題だった。

今、ちょっと大人になって、一人暮らしをしたりしていると、
「自分の家」っていうのを考える。
自分が住みたい家。自分の生活にあった家。勝手の良い家。
自分の趣味が生かされて、少なからず自分の好みの風貌の家が欲しいと思う。

今、私が自分用の家を建てるなら(家族仕様想定じゃなくあくまでも自分用)、
まず庭は欲しい。大きい木を何本か植えられるスペース。
そして日当たりの良いところに植物用の棚、ハウスが欲しいな。
あと、キッチンを広めにとりたい。
室内で撮影も出来るように、小窓とか、少し洒落たスペースが欲しい。
本も多いから、収納が出来るスペース、本棚が欲しい。
書斎とか良いな。そこで読書できるように。自宅内ミニ図書室か。
あと、靴も好きだから、靴が収納できるクローゼット。
外国のクローゼットのように3畳位のクローゼット部屋があると良い。
集めている人形のために、陽が余り当たらない北側の部屋も欲しい。

書き出してみると、あれこれと自分もそれ相当なりに、
自分の身にあった住宅、スペース、居場所を求めてるなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
紹介したい本 | 中島たい子  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
漢方小説  10/18/2007  
漢方小説漢方小説
(2004/12)
中島 たい子

商品詳細を見る



『漢方小説』 中島たい子

初、中島たい子作品!
(ここんところ、初挑戦の作家ばかりだな)

漢方にも興味があるし、装丁も可愛いので、
是非とも読んでみたかった作品。
中島たい子さんの作品のタイトルって、少し変わっていて
妙に心に残るのが多い。『漢方小説』もそうだけど、
『建てていい?』とか。略歴を読み、映画制作などにも関っている、
らしいので、どおりで~、と納得できる文章だった。

この作品は、タイトルどおり、『漢方小説』(笑)。
主人公の私が突如原因不明の動機や下痢などの不調に襲われ、
救急車にのって病院にいったり、他の病院へも診察にいくものの、
どうしても良くならなくて、遂に5軒目の病院として、
漢方薬の治療院に通う話である。
昔通っていた漢方の治療院で、今度は主治医にカッコいい男性がつき
心をときめかしながら診察に通う行など、微笑ましかった。
女性だったら、1度はそういう経験あるんじゃないかな。

漢方薬ばんざーい、ってわけでもないストーリーなんだけど、
概して、『漢方薬入門!』みたいに、漢方薬の説明とか、
どういう風になりたっているのか、などなどが、
文章に組み込まれているので、わりかし、漢方についての雑学が増えた。
陰陽師の五行や、その昔、漢方薬の研究をした黄帝のことなど。
中国三千年の歴史にまつわる漢方について、
入門書的に、ちょろりと話を読むのに使うのは悪くない本だと思う。

途中、主人公が懇意にしている酒飲み友だちグループの
サッチャがこれまた鬱で病院に通って治療して
精神状態が悪いのも出てきて、主人公との比較のようで
病気自慢の話ではないけど、なんだか心が痛くなった。
どこか精神的なストレスで身体を病まなくては、
現代社会を生きられない、みたいな、ひずみの痛みかな。

成分に使われている植物の話や、其の他あれこれなど。
西洋医学の薬を「MVPがいるバスケットチーム」、
東洋医学の漢方を「わりと平凡な能力のバスケットチーム」と例え、
西洋医学の薬が、ある特定の症状にぴったり合う薬だと劇的に効くが
(ようするにMVP活躍)、もしその一人のMVPが得点できなかった
(ようするに効かなかった)場合は、全然効かないこと。
それとかわって漢方は、成分全てが総合的に効くように調合されてるので
取り立てて目立つ選手がいないではあるけど、
地味に全員全力で戦っているようなもの。だから、最終的に地味に勝つ。
意外と薬草系に興味があるあたしとしては、
漢方の話はすごく面白かった。

あと、東京都薬用植物園を訪れるくだりも好きだ。
植物が好きなので、それが嵩じて薬用植物園の記述なんて、
行ってみたいな~と憧れる気持ちが強くなった。
西洋医学の薬成分はそこまで興味がないけど
(化学が好きな人なら、多分そっちは涎ものだと思うけど)
漢方薬に使われてる植物達…、想像するだけで震えますね!



ブログランキング・にほんブログ村へ

紹介したい本 | 中島たい子  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム