2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
クローバー  02/17/2008  
クローバークローバー
(2007/11)
島本 理生

商品詳細を見る


『クローバー』島本理生

大学生の双子の姉弟、華子と冬冶が、
それぞれの恋と出会い、自分の道を歩いていく物語。
題名のクローバーは、華子と冬治の家族の例えから。
地味で真面目な父親と、その父親に似た華子と冬治の双子。
その3人だけなら、普通の3つばのクローバーのようなのに、
華やかで、そして美人で目を引く母親が加わったら、
なんだか別な植物のように、そう4枚目の葉っぱのように、
特別な幸運のクローバーになる。
魅力的で周りをふりまわすだけの見えない力のある母親が
華子のコンプレックスのもとであり、その華子に振り回される
冬治も母親の影響から逃れられなく。
作品中に母親はそんなに出てこないんだけどね。

大学生の華子は、作りすぎるぐらいに自分を作って、
髪の先から足先まで着飾らなくては気がすまない女の子。
見栄っ張りで意地っ張りで、そして高飛車で、我侭。
対する冬治は華子に振り回され、地味目で、物理学に興味があって、
過去の手痛い失恋で恋に臆病で、そしてやたらに“優しい”男。
前半は華子の恋物語なんだけど、後半は冬治の恋の話だった。

なんかなー。華子のコンプレックスが強すぎて
あまりにも自分を作りに作りすぎてしまう自意識過剰なのって、
よくわかるんだけど、その痛さっていうのが、そこまで、っていうか。
中途半端だというか。生ぬるい気がした。
ついでに、冬治の長所も短所も一緒になっているような
生ぬるいところとか、煮え切らないところとか。
読んでいてイライラしたけど、最後あたりで、冬治が変わっていくのは
なかなか良かった。
「本気で人を好きになれない症候群のもがき」っていうのが、
ものすごく象徴的に書かれてて、よくわかるような一冊でした。
もっともがいとれ~、とか思いはするのだけど、人を好きになるって
自動的に働くことだったらスグサマ発動オン!なんだけど、
自分から能動的に働きかけて、誰かを好きになろうと試みた時、
意外と苦戦するものだよなぁとか思ったりして。
冬治が昔の恋の反省を踏まえつつ、新たな一歩を踏み出すのは良かった。

主人公の二人には煮え切らないような気持ちになったのだけど、
反して、華子を愛し続ける熊野さんは良かった。
もてないけれど好きでい続ける、断られても求愛しつづける図々しさや、
割と神経が太いところとか、悪態つかれてもこたえないところとか(苦笑)
公務員である特権をあれこれと振りかざしつつも、
本当に「それらしい」熊野さんの割り切りは気持ちよかったなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
図書館で借りた本 | 島本理生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
あなたの呼吸が止まるまであなたの呼吸が止まるまで
(2007/08)
島本 理生

商品詳細を見る


『あなたの呼吸が止まるまで』 島本理生

島本さんの作品、だいたい、いつも同じような雰囲気なので、
(多分これもいつもと同じように年上の男性に憧れる少女像)とか
(大人と子供の境目の境界に立つ少女像)を連想してました。

いつも似てるのよね~。

と冷やかし気味だったのですが、雑誌ダ・ヴィンチで
新作についてのインタビューを読んだところ、
今回は12歳の女の子が主人公とのこと。
そして、その主人公が後半、ものすごい暗黒に突き落とされる、
そんなストーリーだということを知り、ちょっと興味が湧いて
やっぱり図書館で借りてきてしまいました。

主人公は、12歳の朔。母は出て行って、舞踏家の父と二人暮し。
いつも舞踏家の父の大人の世界に囲まれている朔だけど、
ちゃんと学校には、12歳の世界が広がっていて、友達も少しはいる。
大人の世界と、子供の世界の両方が朔の目から描かれてて、
そのどちらにも中途つかづな朔がいて、不思議な立ち居地でした。

勿論、ちょっとカッコよくて、大人ではあるけど、
子供とも話をすることの出来る、年上の男性も出てきて(ここいら予想通り)。

ネタばれしちゃうのもなんだから、そのままいくけど、
最後の朔の電話、あれはすごかった。
人生に荒波が来て、最悪なことがあったとしても、
それを生き抜いていこう、自分なりに解決して、
そして忘れずにいこうという生きる勇気をみせてもらったと思います。

勿論、最悪な出来事が自分に降りかかってこない人生の方が良い。
良いに決まってる、もし選べるのなら。
最悪な出来事と如何向き合うかによって、人間の強さがわかるんだと
朔の行動をみてて思いました。
もちろん、まだ12歳の朔だから、そして怯えている子供の心もあるからこそ、
ちゃんと”お守り”として、電話をかける時に誰か一緒にいて欲しいと
田島君にお願いするのも、心内がよくわかりました。

島本さんの作品で、まぁだいたい、最悪な出来事っていうのが
必ず出てくるのだけど、今回のこの出来事は、かなりたちが悪かった。
伏線は張られていたものの、きつかったな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 | 島本理生  | TB(1)  | CM(2) | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム