2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
赤朽葉家の伝説  11/20/2007  
赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る




『赤朽葉家の伝説』桜庭一樹

ものすごい大作だった…。
3部構成と知っていたから、まずは今日は1部だけ読もうか、と思ってたら、
なんと、読み始めたら止まらずに、そのまま最後まで読んじゃった。

“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、
長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、
赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である
赤朽葉万葉だ。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。
高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、
鳥取の旧家に生きる三代の女たち。そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を
比類ない筆致で鮮やかに書き上げた渾身の雄編。

というストーリーだった。

・第一部 最後の神話の時代
一九五三年~一九七五年 赤朽葉万葉

・第二部 巨と虚の時代
一九七九年~一九九八年 赤朽葉毛毬

・第三部 殺人者
二〇〇〇年~未来 赤朽葉瞳子

以上の3部に分かれて、それぞれの時代背景とともに、
三代の女の生き様を描いている。
語り手は現在を生きる、孫の赤朽葉瞳子。
彼女が祖母の万葉から、万葉自身のこと、
そして自分の記憶をあわせながら、母であり、早くに亡くなった
毛毬のことを書き綴ったのが第一部と第二部だ。

上下段組で、なおかつページ数も多い作品なので、
実は本の雑誌などで書評を読むまでは、お気に入りの桜庭一樹作品だとしても
手に取る勇気がなくて、そのままだった。
しかし、読み始めたら、圧倒されるかのように読み通してしまった。
時代背景は50年代から始まるのだけど、
あたし自身が生まれた70年代を通り越して、あの時の文化背景、
懐かしのバブル時代や、その50年の間から現在に至る
サブカルチャー的なことから、生活のことまで、
その時代を生きている人たちの意識とか、あらゆることが積み込まれてた。

一番面白かったのは、祖母の万葉の話だった。
千里眼として、未来視する能力があった祖母の万葉が、
それによって、赤朽葉家に嫁ぐところから話は始まるのだけど、
その万葉が見る未来視。時には死んでしまった人とも会話をすることがある。
最後の神話の時代、と名づけられた祖母の生きていた時代が
近い過去なんだけど、もうすでに失われた、遠いものとして感じられた。
文盲ではあるが、未来を予知する能力のある万葉が赤朽葉家を支えていく。
時には、製油ショックやバブル崩壊、そして家長の死なども予知しながら、
どうにか家族を取り持っていく万葉の生き方が印象深かった。

その娘の毛毬の話も強烈だった。学生時代に中国地方を制圧した
元レディースの頭でありながらも、引退後は漫画家に転向し、
そして大ヒットの漫画を生み出して、その連載に命をかけつつも、
家を継いだものとして、次なる赤朽葉家の未来を作ろうとする。
万葉の一風変わった性格も良かったのだけど、強烈過ぎる毛毬の猛々しさや
そして仁義を通すところや、そして強くありながらも、
時々子供のように不安な顔を見せる側面を持つ毛毬。
この二人の姿が強烈だった。

いやぁ、毛毬の第2部はかなり濃いかったね!
毛毬と、その異母姉妹の百夜の寝取り合戦や、レディースのころの話とか。
その際立ったキャラがすごすぎて、千里眼の万葉も強烈だけど、
こんな母・祖母がいたのなら、孫が平凡でもしょうがないわけだ、なんて
思ったりしてしまった。

確かに一番最後の部である、現代を生きる瞳子の章は、
その祖母、母の章に比べて地味であるし、どちらかというと、
本当に「なんにもない」章ではあるんだけど、
その祖母と母の跡を受け継ぐものとして瞳子の役割は、
二人について書き記し、そして覚えておくことなのではないかと
勝手ながら推測してしまった。

激動の時代を過ぎ去った二人の肉親の姿を胸に、
瞳子が自分の人生を歩いていく物語だとも、言えると思う。
祖母、そして母が偉大であったからといって、
その子供が同じような意味で、偉大であるわけのは稀であるだろう。
身近にそんな強烈な人がいて、そしてなおかつ、
「自分とは、こういう人間だ」と自分を見定めるのは、意外と難しいと思う。
瞳子の章は、ほんと祖母の万葉のように千里眼の不思議ことがあるわけじゃないし、
毛毬のように、女一人で運命を切り開くような強さと鮮やかな生き様はない。
それでも、その二人の血を引いた自分をきちんと認め、
自分らしく生きていこうと思う瞳子の姿っていうのは、
第一部、第二部ともに、瞳子の語り手であるので伝わってくる。

非常に面白かった。内容が濃く詰まっている分だけ楽しめた。
読んでよかったな。確かに渾身の雄編だった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
**おすすめbook!!** | 桜庭一樹  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
少女には向かない職業  10/06/2007  


少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)
(2005/09/22)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


『少女には向かない職業』 桜庭一樹

これってTVドラマ化されたんだね。
DVDをレンタル屋で発見してしまいました。

桜庭さんの作品を最新作から順に過去を追って読んでるんだけど、
『少女七竈と7人の可愛そうな大人』より、愕然と出来が落ちてて
びっくりしました。といっても、相変わらずの少女を描く作風はお気に入り。
ただただ、『少女七竈』の方の出来がよかったので、
やはり昔の作品に立ち返って読んでみると、
書き手の力量成長ぶりに驚くというか。
この作品を読むと、(嗚呼、ライトノベルズ作家だ…)と感じるな。
ってことは、裏を返すと、少女七竈を書けた、
そして青少年読書クラブを書けたってことは、
これからドンドン成長して作風が変わっていくし、
力のある作品を生み出していけるんだろうと予測も出来る。今後要期待。

そんな物語以外の話は、これで終わりにして。

「中学二年生の一年間で、あたし、大西葵十三歳は、人をふたり殺した。」

なんて、ショッキングな始まり。

読みすすめるうちに、表題の「少女には向かない仕事」の仕事とは、
殺人であるとわかる。

大西葵が、その共犯者及び協力者、宮乃下静香と出会い、
どうして二人も殺すようになったかが書かれているストーリー。
ちなみに、宮乃下静香には「サツジンシャ」とルビ振り。

主人公の葵が殺したいのは酒浸りで暴力を振るう義父。
学校では楽しくて笑わせ役だけど、家では親に振り回され、
荒れた環境で息を殺して、臆病に生きている、なんて役柄は、
確かにベタではあるんだけど、少女が殺人を犯すまでの、
そのスイッチの入れようが、描かれている。

多感な少年少女の時代に親(義父)を殺すっていうので思い出せば、
『青の時代』とかがあるんだけど、本作はそういう感じではなくて、
なぜ、一人の少女が殺人を重ねるようになって、今に至っているのか
という、雪崩崩しのような1年を描いている。

心理描写より、ゲームのような流れで、
(確かにこれは、ライトノベルズの流れだな…)と思いました。
思ったのは思ったけど、でも、戦う少女のあり方、というか、
作品に出てくる、主人公の葵と、そして静香、二人の女の子が
一番最後にハードボイルなのが気に入ったかな。
どちらが好きかといわれれば、あたしは静香が好きです。
お金持ちのお嬢様で、屈折したところがあって、
そして、生きることに怯えているところが。

少女の時代の、親に対する反抗期というか、
もやもやっとした怒りや反感や、そして、世界から逸脱したいという思いや
あちらとこちらの境界線に立って、危うい道に立っているところや、
そんな空気が醸し出されてて、書き方よりも、雰囲気が好きになりました。

ありえない、暴力で満ちた、非現実的なあちらの世界に
ある日不意に飛ばされてしまった葵。
少女であることの代償を感じました。

それにしても、葵のママ。
一番愛しているのは、ママの中にある『若かりし日のママ』って
葵が感じているのが凄くわかった。
母親とのねじれた愛憎関係、というか。
このテーマがもっと描かれると良いな、とおもったら、
多分そのテーマが一番の元になったのが、次の作品、
少女七竈だったんだろうな、ということに、今書きながら気がつきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 | 桜庭一樹  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
少女七竈と七人の可愛そうな大人少女七竈と七人の可愛そうな大人
(2006/07)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


『少女七竈と7人の可愛そうな大人』 桜庭一樹


ようやく図書館で借りる事が出来て嬉しい。

どこかで、少女の世界を描いた作品の特集をしていて
(どこかのブログですね)そこで、紹介されていた作品。
かなりの佳作と絶賛されていたので、是非とも読んでみたいと
思っていたら、新作の「青少年の読書クラブ」に先を越されました。

隣の図書館まで行って探した挙句、ないものだから、
もう少しで買うところだった。でも、地域の図書館の新入荷で入ってきて
ラッキーだったけど、実際は買っても良いぐらい惚れこんだ作品になった。
これはアンラッキーというべきか。

表紙の耽美な絵柄に表されるような、作品。
北海道の旭川という小さな町で起こる出来事。
田舎で、狭い世界に住む、少女七竈。
七竈が生まれる前の話、として、彼女の母親、
優奈の話しが最初に挿入されている。
いかにして、七竈が生まれてきたのか。

母はいんらん。

と、平仮名で七竈から言われてしまう母。
放浪に出て、老いた祖父と、親友の雪風と語らう日々。
双子のように一心同体であった雪風とやり取り。

読みすすめて思うのは、七竈と雪風がどれだけ思いあっているかということ。
二人の思いとは裏腹に、物語は進んでゆき、クライマックスを迎える。

可愛そうなのは、7人の大人じゃない。
可愛そうなのは、七竈と雪風だ。

人を愛するってどういうことだろう。
唯一欲しい人を手にいれられないのなら、どうだっていい、
だれだっていいというような行き方は、行く先になにがあるのか。
欲しかったものは偶然に手に入れることが出来る、
それは持った途端に、既に失われて、それ自体ではなく、
自分自身からも大きな何かを奪っていくものかもしれない。
いんらんの母、優奈と、彼女の思い人を思うと、そう思えた。

読みながら、七竈と雪風の関係が濃くなっていく中、
すごく心の中では応援していたのだけど、切なかった。
凄く近い存在だった人間と、いっしょにはいられなくなる時が来る。

「母をゆるさないことだけが、わたしの純情です。雪風」

この七竈の言葉が胸に突き刺さった。
 | 桜庭一樹  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
青年のための読書クラブ青年のための読書クラブ
(2007/06)
桜庭 一樹

商品詳細を見る



『青年のための読書クラブ』 桜庭一樹 2007年

この世界、好き!!

思いっきり、聖マリアナ学園の世界に浸ってしまった。

聖マリアナ学園とは、東京山の手に広々とした敷地を誇る、
伝統ある女学校。幼稚舎ら高等部までが同じ敷地にある校舎で学び、
大学のみが別校舎になる。20世紀初めに、パリの修道会を母体とした
修道女聖マリアナによって建てられた。
この聖マリアナ学園には良家の子女が通う。

読書クラブ・・・、これはすなわち、学園内ではみ出し者が
集まる倶楽部。他の倶楽部に行き様がない生徒が集まり、
場末感が漂う読書クラブ。ここには秘密に受け継がれている
読書クラブ誌というものがあり、学園の生徒会から抹殺され、
忌むべきものとして暗躍した事件に関して綴られている。
文責は、その当時の読書クラブに在籍していたもので、
コード名で書かれる。

ちなみに、読書クラブ誌に書かれた事件は下記のとおり。

* 鳥丸紅子恋愛事件
* 聖女マリアナ失踪事件
* 奇妙な旅人
* 一番星
* ハビトゥス&プラティーク

聖マリアナ学園の歴史を揺るがす大事件が書かれてて、
それを秘密に盗み読んでいるような倒錯感がステキ!
そして、ミッション系のお嬢様学校のイメージそのままの世界で、
まさに少女の世界を描いている学園物に久しぶりに当たったので、
読みながら、もの凄くはまってしまいました。
少女小説さながらの世界・・・(うっとり)

どの事件話も好きなんだけど、一番のお気に入りはというと、
やっぱり最初の、鳥丸紅子恋愛事件かしら。
1960年代の事件として描かれているのだけど、
こんな世界…、クララ白書やアグネス白書を
もっとダークにしてそして艶美で倒錯の世界だわ…。
学園に一人、「王子」と呼ばれる人がいて、
それは全校生徒の憧れであり、そして男役(宝塚の世界!)。
女子高にありがちな苛性エス(レズというのかな)の雰囲気が
まるだしで、読みながらドキドキしてしまいました。
その「王子」を場末で中央政治から遠ざかっている読書クラブから
輩出するために暗躍する読書クラブのメンバー達!
この参謀の腹黒ぷりに感服しました(苦笑)
語り口も硬派で、正統派日本語で喋る良家のお嬢様に
魅了されました。

シリーズ物では出ない作品で、これ一作で十分に楽しめる。
初めての桜庭一樹作品なんですが、惚れました。
其の他の作品も読んでみたい!
少女の世界を描いた作品に定評があると、
桜庭一樹に関して聞いたことがあるので、
おもいっきり少女の世界が好きな自分としては、
注目の作家だわね。
 | 桜庭一樹  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム