2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
魔女の死んだ家  11/08/2007  
魔女の死んだ家 (ミステリーランド)魔女の死んだ家 (ミステリーランド)
(2003/10/26)
篠田 真由美

商品詳細を見る




『魔女の死んだ家』 篠田真由美

講談社ミステリーランドのシリーズより。
2003年に発表された篠田真由美の作品。
シリーズでも、第2回配本だったらしく、
有栖川有栖の作品と一緒に発表されていた。

タイトルに惹かれて、住んでいる市町村の図書館で
リクエストしたものの、既に重版なしで手に入らないと
予約さえ出来ず、涙を飲んでいたら、なんと実家のあるとこの
図書館にあった!それも、既に発売されて4年経っているので、
もう手に入らないだろうと諦めて忘れていたら、
篠田真由美の『王国は星空の下』を探していたら、
棚にあってビックリ。
これだよ、読みたかったのは!!と興奮気味に借りてきた。

ストーリーは、ある西洋館での密室事件の話。
語り部が何人も代わるのだけど、そこで話をされてるのは、
小鷹狩都夜子(こたかりつやこ)という、とても美しい女性が
元婚約者の橘瑞男に殺されたといわれてる事件のこと。
都夜子は、貴族の出で資産家であり、西洋館にてサロンを開き、
夜な夜な客人を招いて、風流・趣向の凝らした遊びをしていた女性で、
その美しさは稀に見る美女で、昭和時代とは思えないほど、
明治時代や大正時代の鹿鳴館を思い出させる遊びを行っていた。
その彼女がなぜ殺されたのか。
そして、犯人は本当に元婚約者の橘だったのか。

都夜子について、始めに、彼女の子供が語る。
そして、サロンに集っていた男たちが3人。
一番最後は、その西洋館の庭師だった男。
それぞれが語る都夜子像が違う。

ある者は都夜子は孤独に震え、実は男性恐怖症であり、
彼女を殺したのは、もしかしたらサロンに集まっていた男性全員が
共謀したのではないかという思いに駆られている。

ある者は都夜子は高級娼婦であり、橘は元婚約者である
都夜子に振り回され、神経衰弱になり殺してしまったという。

そしてある者は、都夜子は非常に美しかったが、心は氷よりも冷たく
彼女は老いゆくことを恐れ、橘を利用して自殺したと。

人間、色んな人がいるわけで、それぞれの立場で見れば
同じ人間でも色んな側面から思われているっていう
当たり前のことが、ここでは、なぜ死んだのかという点から
考えるに、それぞれの都夜子像は正しいものであるといえると思う。

最終的にストーリーは、都夜子の死の謎解きで終わる。
そこに至るまでの、都夜子を巡る人間像が面白い。
事件から10年後に明かされる真実が、
「あったかも知れないこと、あったに違いないこと」が交錯し、
残されたものが下す、最後の決断が潔い。

この作品を読みながら思ったのは、舞台となっている西洋館の
庭の美しさ。魔女とも言われるほどの美貌だった
都夜子の美しさと暗喩するように、庭の美しさも添えられている。
自然のまきちらしたような、森のような庭の自然が重なり合い、
彼女が愛した枝垂桜の花びらが舞い散る様子が情緒的で、
どこか洋風で、そして懐古趣味が重なり、
情念の渦巻いた西洋館の様子をよく表していると思う。

あと、一番最後に残された子供たちが
生きていくことを決意するシーンが印象的だった。
物語は、都夜子の死の謎を解くだけで簡潔ではなく、
そこから引き起こされた第二の被害、そしてその余波を受け、
痛手を忘れられず生きていくしかない人達のその後も描いている。
残されたものは生きていくしかない。

・・・・・・・・・

これ以上、辛いこと悲しいことを考えるのは止めます。
起きてしまったことを変えるわけにはいかないのですから、
これからのことを考えます。

・・・・・・・・・・

この言葉が、とても強く響いた。


ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
紹介したい本 | 作家〔サ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
東京バンドワゴン  11/04/2007  
東京バンドワゴン東京バンドワゴン
(2006/04)
小路 幸也

商品詳細を見る



『東京バンドワゴン』 小路幸也

ある読書ブログで記事を読んで以来、読んでみたいな~と
メモっていた本。あっさりと地元の図書館にあった。
聞いたことがない作家だから、こんな縁がなければ、
読むことなかったでしょう。どこでどう縁が繋がって、
本と自分が繋がるか。感謝感謝。

話は音楽関係とかじゃなくて、立派に明治時代から続く古本屋
<東京バンドワゴン>の堀田家のお話。
なんと4世代家族のお話なのだ。
3代目の勘一(79歳)、その一人息子の我南人に、その子供、
紺と、藍子、愛人の息子の青。
紺の妻の亜美に息子の研人、シングルマザーの藍子の子供、花陽。

冒頭に登場人物紹介があるのだけど、
ややこしい…って読み始める前に家系図でもかいてから
読もうと思いきや、物語の語り部が、79歳勘一の死んだ妻のサチなので
読み始めたら、混乱することなく、すらすらって読めた。
ところどころに家訓が張られているお家で、

<文化文明に関する些事諸問題なら、如何なる事でも万事解決>
<本は収まるところに収まる>
<煙草の火は一時でも目を離すべからず>
<食事は家族揃って賑やかに行うべし>
<人を立てて戸を開けて万事朗らかに行うべし>

などなど。家訓がある家に住んでみたい…。

あたしは核家族で育ったので、こんな大家族の話しに憧れる。
誰か毎日家にいて、うっとうしい時もあるかもしれないけど、
確実にそこには自分の場所があって、話し相手もいるし、
寂しい思いをしないでいられそうで、そこが羨ましい。
家に帰っても一人ってことは、滅多になさそうだしな。
出来るなら、人生長いし、賑やかな家族構成で生きていくのって
ある意味、生きるを一番毒する孤独から遠ざけてくれる特効薬になりそう。

話は、春夏秋冬にわかれて、それぞれの季節に
東京バンドワゴンに訪れる謎解きとともに、家族の
一人一人の人生が変わっていく。
勘当されて嫁に来た亜美の実家とのやりとりや、
愛人の子供で生母の顔を知らない青の結婚式や、
いろんな家族の出来事が共に綴られてて、
ただ単にミステリーとして読むよりは、
そういう家族愛を描いた物語として読むと良いのかもしれない。
「8時だよ!全員集合」みたいな雰囲気がある。
ドラマにしてもいいだろうな。

あたしが登場人物で気に入ったのは、
伝説のロッカーである我南人。つねに「~なのねぇ」って
おねえ言葉みたいに喋っているのだけど、
決めるべき時にはビシッと決めてくれる姿がカッコいい。
流石はロッカー。口癖がLOVEなのが、また良い(笑)
あと、ちょっと好きになりかけていた青も恋人できるし、
残念だったけど、それもありかな~と思った。

続き物で、第二作目も発売されてるらしいので、
早くそっちで堀田家のその後の知りたいな。
図書館で探してみよう♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


紹介したい本 | 作家〔サ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
アサッテの人  09/23/2007  
アサッテの人アサッテの人
(2007/07/21)
諏訪 哲史

商品詳細を見る



『アサッテの人』 諏訪哲史

芥川賞受賞、群像新人文学賞受賞。
鮮やかな緑色の表紙に奇妙な女性のイラストがあり、
そして、なおかつ、栞がステキな若葉色(笑)
綺麗にグリーンで統一されている本。

内容は、叔父をモデルに「アサッテの人」という小説を
書いている「わたし」の回想録。
主に、叔父との交流の記憶、失踪した叔父の残した日記や、
亡くなった叔父の妻の日記などから、
叔父の人物像を浮かび上がらせている。

この主人公の叔父は、どんな人だったのだろうか。
「アサッテ」と表現される世界に取り込まれた叔父。
突然意味不明の単語を発する叔父は、
幼少の頃から吃音に悩まされ、成人してからは、
アサッテの世界に取り込まれていくギリギリに
立っていたが、ある日を境にアサッテの世界へ移行していく。

主人公が、叔父の住んでいた廃墟になった団地の一室を
訪ねるシーンから始まるのだが、ほぼ回想録や、
構想している小説「アサッテの人」の話ばかりで、
主人公以外の登場人物は回想録にしか出てこない。
ということは、もっぱら本文は主人公1人で
頭の中で考えている思考回路を書き出している。

叔父が苦しんだ吃音や言語障害に関しては、
自分が今勉強してる医療分野なので、かなり興味を持って
読み進めることが出来た。
「アサッテ」とは一体なんなのであろう。
狂気の世界、という一言だけでは表すことが出来ない。
叔父の苦悩や、アサッテの世界に対抗する苦しみや
理解されない辛さ、そしてアサッテに対する不安や恐怖。

それらがキチンと表現されていて、なおかつ、整合的に表され、
自分が読んでいるのが「アサッテの人」という現実の本なのか、
それとも、小説中に出てくる書きかけの「アサッテの人」なのか、
読み進めるうちに、その境界線が曖昧になってくる。

規則正しく、叔父のアサッテを書きだしている文末のイラストなど
内心(ここまで考えたのか!)と現実的過ぎて、
作者の意図が少し不気味に思えたあたしは、既に作品に取り込まれ
アサッテの世界を見ようとしている、といえるだろう。
 | 作家〔サ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
趣味は読書。  09/23/2007  
趣味は読書。趣味は読書。
(2007/04)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る



『趣味は読書』 斉藤美奈子 2003年

三浦しをん著『三四郎はそれから門を出た』に
書評が載っていて、それで覚えて、図書館から借りてきた。
ここ数年のベストセラー本を書評し、ユーモアたっぷりな内容と
読者層を分析した本。取り上げられた41冊は、本屋や新聞広告や
人の噂とか口コミで、目に耳にした作品ばかり。
あたしも、この本の中で取り上げられている作品で
読んだことがあったのは、14作品。

・『鉄道員』浅田次郎
・『朗読者』B・シュリンク
・『銀座のママが教える「できる男」「できない男」の見分け方』
ますいさくら
・『プラトニック・セックス』飯島愛
・『みにくいあひるの子』梅宮アンナ
・『永遠の仔』天童荒太
・『「捨てる!」技術』辰巳渚
・『冷静と情熱の間 Rosso 』江國香織 /
『冷静と情熱のあいだBlu 』辻 仁成
・『LOVE論』つんく
・『模倣犯』宮部みゆき
・『海辺のカフカ』村上春樹
・『チーズはどこへ消えた?』S・ジョンソン
・『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』J・K・ローリング
・『世界がもし100人の村だったら』


だいぶベストセラー作品を読んでいるなぁ!
41作中の14作だから、34%(笑)

この本を読んで思ったこと。

本を読む人って、人口の1割ぐらいしかいない(らしい)!

本を読む人は少数民族だ…。

本は、イメージするよりずーーーーーーーーっと
購買層の少ないマイナーな商品…。

一冊の初版が多くて5000部。
今は、2000~3000部の本も珍しくない。
そんな小ロットの商品だから、1万部売ればシングルヒット。
10万部売ればホームラン。

もし日本が100人の村だったら、40人は全く本を読まず、
20人は読んでも月に1冊以下。
しかし、これには図書館で借りる人(あたしみたいな人)も
含まれているわけで、実質的に、「買う」視点からみると、
「毎月1冊以上の本を買う人」「定期的に書店に行く人」
「新刊書に関心のある人」など、本に一定のお金と時間を割く人は
せいぜい100人の村に4~5人、数にして500~600万人ぐらい。

…、本が趣味と豪語している自分としては、
「本を読んでいる」って日常茶飯事なことで、
当たり前なんだけど、それは少数民族で(マイノリティ)で
多数民族(マジョリティ)は、本を読まない人々なんだというのを
あらためて実感しました。
実感したけど、ここまで少数民族だとは思ってなかった!(笑)
まぁ、周りを見渡しても、読書が趣味っていう人は少ないけどね…、
少ないどころか、殆どいないけどね…。

この本の内容である書評はさておき。

斉藤さんの面白いところは、ベストセラーとはなんぞや?
本を読む人口とはなんぞや?という問題を最初に提示しながら、
読書人の分類までしているのが面白い。

『偏食方の読者』
特定の分野しか読まない読書人。ビジネス書しか読まないサラリーマンや
ファンタジー小説しか読まない高校生や、専門書だけ読む研究者、
教祖の本しか読まない宗教団体の信者、などなど。

『読書原理主義者』
本であればなんでもいい、本ならば何でも読めという人々。
本に対する無根拠な信仰を持っている。
「若いときは乱読せよ」「若いうちこそ古典を読め」などなど。
中には、読書とスポーツを混同する格闘家までいる。
(音読勧めや、本に線をひけ、など)

『過食型の読者』『読書依存症』
年中本に関するゴタクばっかり捏ねている。
書評や書籍広告にもよく目を通し、読んだ本についてあれやこれや論評。
ネットで読書日記を公開など。

『善良な読者』
面白そうな本、感動できる本だけを読みたい読者。
ベストセラーを買い、出版産業を支えている。
素直で感動好き。明朗で前向きに読書と付き合っている人々。
読書ビギナーともいえる。


・・・・長くなってしまったけど。

斉藤さんのこの本を読んで、自分と本との関係をあらためて考えた。
あたしは、多分『善良な読者』を卒業しつつある、読書依存症かな。
最近、感動や涙を売り物にする本って、あんまり好きじゃないのよね。
エンターテイメント性に富んだ作品は好きだけど、
でも、あまりにもエンターテイメント色が強い作品は、
違和感を感じてダメ。かといって、純文学みたいな、硬質の世界は
まだ馴染めない。んだけど、読書日記をブログで公開してるし(!)
ついでに、その自分で書いた日記を集めて、本なんか作ろうと思ってる
いわゆる変人部類に入る(断言できる)

斉藤さん、本は趣味、とだけ言い切るだけあって、
読書人口に対する考察、面白すぎです(笑)
上記に漏れて「邪悪な読者」っていうのも存在するンだけど、
それは裏の裏を読んで、批判本ばかり愛する人達のこと。
邪悪って表現に笑ってしまったけど、確かにそういう人達いる!
なぜか、批判的に書く書評こそが「本当の書評だ」と言い
賛美するような人が(苦笑)それはそれで好みの問題だから。

最後になったけど・・・。
ベストセラーの書評が続く、この本だけど、
書評はさておき。売れている本って、結局、
「お父さん頑張ろう!」「年をとるとは」という
テーマ2つに沿って書かれている本が多いというのが
(嗚呼、やっぱり今の時代求められているキーワードね)と
思いました。高齢化社会だから?!

これから先、多分しばらくの間は、老いについての
本がずっとコンスタントに売れ続けていくんだろうなぁ。

 | 作家〔サ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
クローズド・ノート  09/08/2007  
クローズド・ノートクローズド・ノート
(2006/01/31)
雫井 脩介

商品詳細を見る




『クローズド・ノート』 雫井脩介

映画化されましたね。
態度が横柄だった江尻エリカのことばかり放映されてるけど。
先にダ・ヴィンチでこの本を見かけたので、
映画化で注目された後に読むより先にチェックしました。

主人公は大学生の香恵。マンドリン部在住で控え目な女の子。
その子が引っ越した部屋のタンスにしまわれていた日記帳を
見つけることから話しが始まります。
日記帳をつけているのは、伊吹という女性。
伊吹は小学校の先生をしていて、そして同級生と恋に落ちる話が
日記で延々と書かれているのを、香恵がちらちら読んだりしつつ、
アルバイト先の文房具屋で出会った、イラストレーターの
石飛という男性に恋に落ちる話。

正直言って、あたしは誰かの日記を読むっていうのが
あんまり好きじゃない、つーか、部屋に置かれている誰かの日記を
そのまま楽しんで読んじゃうっていうことに違和感を感じました。
なんていうのかな~。日記とか、個人的なことだし、
自分としては、日記を書いた伊吹に自分を投影しちゃうというか、
自分だったら、自分の書いた日記を誰かに読ませたくない気持。
誰かに読ませる前提で書いていないから、ガードが低いことばかり書いてて、
読まれるだけで、なんか土足で踏まれている気持というか。

こういう、「誰かの日記を見つけました、読んでみたら、なんと!」
という展開の小説って多くないですか?
日常にドラマがある、って点からすると扱いやすいテーマなの?
誰かの秘密(=日記)がキーワードにあると、食いつきがいいのは、
皆、自分以外の誰かの秘密を知りたがってるから?
あんまり好きじゃない題材だったからか、
読みすすめながらも、違和感があり、楽しめなかったのが残念です。
それなりに話の構成が悪くは無かったと思うけど、
個人的理由ですね。

あと、携帯小説のような感じで、心理描写に深みがないというか。
万年筆のところは面白かった。
しかし、何回か再読したいなと思うような深い意味を持つ
作品には、自分としては感じられなかったです。
話の展開も、ベタだな、と思ったり…。
周囲が絶賛しているし、映画化で注目されている中、
アンチなことを書いてしまう自分もなんだけど・・・。
正直言って、まぁまぁでした。

あ、書き忘れる前に。
あたし的に、鹿島さん、サイテーです。
というか、こういう変わり身の早い人間って多いよね。
今の恋人と上手くいかなくなったら、スグ次に行くというか。
「切り替えが早い」という良い評価も出来るけど、
「飽きぽくて根気がない」とも言えると思う。
友達の彼女に手を出してしまう、とか、好きだからって理由だったら
なんだって許されるのか?!と、鹿島さんを呪いつつ、
読みすすめてました。(ダークな気持だった、意外と)
鹿島さんがいたからこそ、やっぱ読みながら楽しくなかったのかも。
ダメダメだな、この男、とか悪態つきながら読んでたし…。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 | 作家〔サ〕行  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

Blog状況

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

メールフォーム